サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

目次

  • はじめに
  • 序章−今こそリアルでクールな「上下関係」を
    • 「上下関係」は古い考えか?
  • 第一章 人間関係を「分けて考える」キーワード
    • 「ルール関係」と「フィーリング共有関係」
    • 「事柄志向」と「人柄志向」
    • 何ごとも分けて考える
    • 社会学の「人格性」と「事実性」
    • 学校における「共通基盤」と「先生のプロデュース領域」
    • 学校で一番大切なのは「欲望の統御の作法」を身につけること
    • 「管理」も「自由」も極端になってはいけない−「間をいく教育論」
  • 第二章 そもそも学校とはどんな制度か
    • 学校はどんな目的で作られたのか?
    • 戦後は「公民」としての教育
    • 学校は「すばらしい人間を育てる場」ではない
    • 学校教育の否定は簡単。でもそこからは何も生まれない
    • 「子育ては仕事」は、近代になってからの概念
    • 「座学」の大切さ
    • 学校は「ルーティンの場」である
    • 恒常性感覚の育成の場としての学校
  • 第三章 クールティーチャー宣言
    • 先生は重労働
    • どうしても小集団に分裂するクラスを統率する難しさ
    • 「みんな仲良く」は実現不可能
    • 「体験重視の学習」は、先生のプロデュース能力に依存する
    • 熱心な先生ほど、「人柄志向」が強い?
    • クールティーチャーのすすめ
    • リアルでクールで、でもハートは熱い
  • 第四章 「心の教育」よりも、まず「ルール」が必要
    • 「心の教育」ではなく、「行いの教育」を!
    • 求めるのは徳目ではなく、「ルール感覚」
    • なぜ人を殺してはいけないのか
    • イジメは「こころの教育=人柄志向」では解決できない
    • 「ルール感覚」と「規範意識」の違い
    • 自分はいま「事柄志向」か「人柄志向」か、絶えざる自己点検を
  • 第五章 「規律か自由か」の二者択一ではなく、「間をとる」努力を!
    • 「主体性の尊重」と「規制や制限」とのバランスの難しさ
    • 観念的な空疎な言葉は、子どもには説得力がない
    • 規律と自由の「間をとる」
    • 教育と力の行使
    • 大事なのは「モデルの提示」
    • 自由だけが常態化するとモラルは下がる
    • 子どもの時期の延長と早熟化傾向
    • みんな百点?!
    • 中一ギャップ
    • リーダーを育てない小学校
    • 社会の変化によって子どものあり方も変容する
    • 「型」を伝えることの大切さ
  • 第六章 「友だち先生」の実態
    • 「個性」より「ルール」を
    • 女子生徒の最低限の安全すら保障できなかった学校の例
    • 「教室の空気にあわせてしまう」−イジメに加担した先生
    • クラス全体の流れから外れると、先生だって攻撃の対象になる
    • 「生徒を傷つけたくない」と、起きたことをなかったことにする先生
    • 「家庭の事情が複雑だから」と叱らない先生
    • 「事柄志向ゼロ」のサンプルがモンスターペアレント
    • 先生は生徒の記憶に残らなくていい
    • 問題解決よりも思い出作りに走る「友だち先生」
    • 言っていることにブレのない先生は信頼される
    • 「他人に迷惑をかけなければ何をしても自由」は正しいのか?
    • 若者も秩序を望んでいる
    • 学校教育に「ビジネスマインド」を持ち込むのもほどほどに
    • 「生徒が傷つく」ことにあまりに過敏な学校
    • 極端に振れすぎないこと
  • 第七章 しつけは学校の責任か?
    • しつけは学校の責任?
    • 子育ては、子どもを通した「親の生き直し」?
    • 人間の発達の構造をとらえるキーワード−「美・善・真」
    • なぜ「勉強しなさい」と言っても言うことをきかないのか
    • 逸脱への寛容さ
    • 「お前の人生なんだから、自分で決めろ」は無責任
    • 子どもが子どもを育てる時代
    • 「らしさ」と「として」
    • すべてを自己責任で負えないうちは「修行の身」
    • 子育てには「分節化」が必要
    • 「働かなければ、生き続けることはできない」を教える
    • 社会を批判するだけでは…
    • 子どもたちに教えるべき「社会のリアル」
  • おわりに−ピュアネスのためのリアリズムを