サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】honto withダウンロードキャンペーン(~8/31)

目次

  • 序章
    • はじめに−沖縄移民の全体像
    • 第1節 研究の課題
    • 第2節 研究の視角
    • 第3節 研究の方法と構成−仮説としての分析枠組み
    • 第4節 資料収集と活用方法
  • 第一部 沖縄における移民教育の展開
  • 第1章 1910年代までの地域にみる「風俗改良」の態様
    • はじめに
    • 第1節 沖縄移民のブラジル渡航禁止の意味−政府の移民政策との関係から
    • 第2節 地域における「風俗改良」の展開
    • 第3節 「移民母村」・金武村における移民のための教育
    • おわりに
  • 第2章 1920年代における海外沖縄移民の実態と移民教育の組織的展開
    • はじめに
    • 第1節 『南鵬』にみる沖縄移民の実態
    • 第2節 海外各地での領事たちの沖縄移民の見方
    • 第3節 ダバオ副領事の報告書をめぐる事件と沖縄移民の他民族観
    • 第4節 沖縄県海外協会の設立(1924年)と移民教育論
    • 第5節 社会教育活動−移民教育としての取り組み
    • おわりに
  • 第3章 沖縄の移民教育としての『島の教育』(1928年)の再評価
    • はじめに
    • 第1節 沖縄移民の風俗習慣の「改良」−同化と近代化
    • 第2節 『島の教育』における「文化的異化」の析出
    • 第3節 沖縄移民の海外発展思想−「国際性」への契機
    • 第4節 『島の教育』にみる基本的な志向性−まとめとして
  • 第4章 開洋会館(1934年)の機能変化と村の移民送出状況の背景
    • はじめに
    • 第1節 開洋会館の設立とその役割
    • 第2節 沖縄における国民更生運動と人口の流出
    • 第3節 金武村の移民送出状況
    • おわりに
  • 第5章 「南進」政策による移民教育の変容
    • はじめに
    • 第1節 沖縄にみる1930年代後半以降の社会教育の動き
    • 第2節 「南進」政策と沖縄側の対応
    • 第3節 南方への「国策」移民と植民教育
    • おわりに
  • 第二部 フィリピンにおける沖縄移民の自己意識の形成
  • 第6章 フィリピン・ダバオにおける沖縄移民の自己意識の形成過程
    • はじめに
    • 第1節 沖縄移民の定着への経緯−1910年代から1920年前半まで
    • 第2節 沖縄移民の「永住意識」化−1920年代後半から1930年代まで
    • 第3節 沖縄移民の「日本人意識」−戦争勃発から軍政期(1942〜45年)まで
    • おわりに
  • 第7章 沖縄移民の生活実態と郷友会的社会による「沖縄人としてのアイデンティティ」形成
    • はじめに
    • 第1節 仲間喜太郎という人物
    • 第2節 麻栽培の労働
    • 第3節 沖縄文化の伝承
    • 第4節 移民二世の家庭教育環境
    • 第5節 異民族との接触
    • おわりに
  • 第8章 フィリピン・ダバオの日本人学校における沖縄移民二世の自己意識
    • はじめに
    • 第1節 ダバオの日本人学校の概要と教員募集の方法−とくに長野県出身者の例を中心に
    • 第2節 ダバオの日本人学校の教育活動と沖縄移民二世の自己意識の形成
    • 第3節 軍政下におけるダバオの日本人学校の教育
    • おわりに
  • 終章
    • 第1節 山本研究のまとめと論点の補足
    • 第2節 移民研究の教育学における意義と今後の課題