サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

基本統計学

基本統計学

  • 田川 正二郎(著)/ 中村 博和(著)
  • 第1章 統計学入門
    • 1.統計学の領域
    • 2.標本調査の設計
    • 3.種々の母集団と標本
    • 4.確率と誤差
    • 5.Σの計算
  • 第2章 度数分布
    • 1.度数分布を作成する際の指針
    • 2.度数分布のグラフ表示
    • 3.累積度数分布
    • 4.相関表
  • 第3章 中心的傾向の尺度
    • 1.算術平均
    • 2.加重算術平均
    • 3.中位数
    • 4.平均と中位数の使い方
    • 5.最頻値
    • 6.平均,中位数,最頻値の関係
    • 7.幾何平均
    • 8.調和平均
  • 第4章 散らばりの尺度
    • 1.範囲
    • 2.四分位数間範囲
    • 3.百分位数に基づく尺度
    • 4.分散と標準偏差
    • 5.変動係数
    • 6.標準化と偏差値
    • 7.その他の尺度
  • 第5章 確率の概念
    • 1.集合
    • 2.場合の数
    • 3.順列と組合せ
    • 4.標本空間と事象
    • 5.確率の定義
    • 6.確率の性質
    • 7.複合事象
    • 8.加法法則
    • 9.互いに排反な事象
    • 10.余事象の確率
    • 11.同時確率と周辺確率
    • 12.条件付き確率と乗法法則
    • 13.統計的独立性
    • 14.ベイズの定理
  • 第6章 確率変数
    • 1.確率変数の定義
    • 2.離散型確率変数と連続型確率変数
    • 3.確率分布
    • 4.確率分布と相対度数分布
    • 5.確率変数の期待値
    • 6.確率変数の分散と標準偏差
    • 7.チェビシェフの不等式
  • 第7章 2項分布とポアソン分布
    • 1.ベルヌーイ試行
    • 2.2項分布
    • 3.ポアソン分布
    • 4.ポアソン分布と2項分布の関係
  • 第8章 正規分布
    • 1.連続型確率分布
    • 2.正規分布
    • 3.偏差値の意味
    • 4.2項分布の正規近似
  • 第9章 標本抽出法と標本分布
    • 1.標本の種類
    • 2.乱数表
    • 3.確率変数の期待値と分散の性質
    • 4.標本分布
  • 第10章 統計的推定の基礎
    • 1.統計的推定とは
    • 2.点推定の性質
    • 3.母平均,母標準偏差,母割合の点推定
    • 4.母平均の区間推定
    • 5.連続型確率分布のt分布
    • 6.上側分位数(t分布)
    • 7.母標準偏差が未知で小標本の場合の母平均の信頼区間
  • 第11章 統計的推定の活用
    • 1.母割合の信頼区間
    • 2.2つの平均の差の信頼区間
    • 3.2つの割合の差の信頼区間
    • 4.標本の大きさの決定
  • 第12章 仮説検定の基礎
    • 1.仮説検定
    • 2.第Ⅰ種の過誤と第Ⅱ種の過誤
    • 3.意思決定規則
    • 4.検定のp‐値
    • 5.1標本に基づく母平均の検定(大標本)の手順
    • 6.1標本に基づく母割合の検定(大標本)
  • 第13章 仮説検定の活用
    • 1.2組の標本に基づく母平均の検定(大標本)
    • 2.2組の標本に基づく母割合の検定(大標本)
    • 3.1標本に基づく母平均の検定(小標本)
    • 4.2組の標本に基づく母平均の検定(小標本)
  • 第14章 カイ2乗分布
    • 1.カイ2乗分布の導入
    • 2.割合間の差の検定
  • 第15章 独立性の検定と適合度検定
    • 1.独立性の検定
    • 2.適合度検定
  • 第16章 分散分析
    • 1.分散分析の考え方
    • 2.F分布
    • 3.1元配置分散分析
  • 第17章 回帰と相関の基礎
    • 1.変数間の関係
    • 2.年間収入と貯蓄現在高の例
    • 3.線形回帰モデル
    • 4.標本回帰線
    • 5.最小2乗法
  • 第18章 最小2乗法の性質
    • 1.推定値の標準誤差
    • 2.従属変数の推定量
    • 3.決定係数
  • 第19章 相関係数
    • 1.相関係数
    • 2.母相関係数に関する推論
  • 第20章 回帰係数の推定と検定
    • 1.傾きβ1に関する推定と検定
    • 2.切片β0に関する推定と検定
  • 第21章 重回帰と相関
    • 1.重回帰モデル
    • 2.回帰係数の最小2乗推定値