サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0818-22)

目次

  • 序章 漢詩を読むカフカ(1)
    • 1 袁枚の「寒夜」−ハイルマン詩集より
    • 2 ヨーロッパが見た中国−オリエンタリズムと女性嫌悪
    • 3 カフカは「中国人」だった−研究史の視点
    • 4 ユダヤ人と中国人
  • 第一章 ドイツ語圏の黄禍論に表れた「男性の危機」
    • 1 黄禍の図
    • 2 「情けは無用、皆殺し」−ヴィルヘルム二世の黄禍論
    • 3 オイレンブルク事件−ドイツ宮廷の同性愛スキャンダル
    • 4 カール・クラウスの『万里の長城』
    • 5 混淆の不安−エーレンフェルスの黄禍論と「男性解放」論
  • 第二章 漢詩を読むカフカ(2)
    • 1 「藪の中から裸の男たちが…」
    • 2 男だけの世界
    • 3 ハイルマンの中国文化紹介−帝国主義批判と「詩人同盟」の図
    • 4 李白の「江上吟」と「太った男」
    • 5 杜甫の「渼陂行」と「祈る男」
  • 第三章 『流刑地』のオリエンタリズム
    • 1 流刑地論争
    • 2 ポストコロニアルなカフカ?
    • 3 アナーキズムと女性嫌悪−思想家ミルボー
    • 4 ミルボーの『責苦の庭』−オリエンタリズムと植民地主義批判
    • 5 「男同士の絆」から「女性の抹消」へ
    • 6 シオニズムの入口で
  • 第四章 「こいつは途方もない偽善者だ」
    • 1 マリーエンバートの中国人
    • 2 父の視線−『中国人学者』と『判決』
    • 3 中国服を着た息子
    • 4 ブーバーの「タオの教え」−体験の伝達(不)可能性をめぐって
    • 5 カフカのブーバー受容(1)「老子」対「荘子」
  • 第五章 『万里の長城』とシオニズム(1)
    • 1 「民族の輪舞」!
    • 2 シオニズムの隠喩
    • 3 カフカのブーバー受容(2)文化シオニズムの方向転換−宗教性から「労働」へ
    • 4 ブーバーの宗教思想と「バベルの塔」
    • 5 ランダウアーの無政府主義と「分割工事」
    • 6 農耕民と遊牧民
  • 第六章 『万里の長城』とシオニズム(2)
    • 1 結婚とシオニズム
    • 2 シオニズム寓話としての『カルダ鉄道』
    • 3 ユダヤ民族ホーム−シオニズムの「核心の問題」
    • 4 荒野の男性同盟
    • 5 『無産労働者団』とパレスチナ移住の夢
  • 第七章 東方からの使者
    • 1 「隣の州の反乱」−ロシア革命の影
    • 2 女人禁制のロシア
    • 3 「現在」に生きる−革命家ゲルツェンの回想録
    • 4 新聞読者カフカ−古いメディア、新しい価値観
    • 5 抹消される「現在」
  • 終章 異郷の女ミレナ
    • 1 ミレナとの恋とロシア共産党礼賛(?)
    • 2 共産党員とシオニスト
    • 3 『拒絶』とゲルツェン回想録−「革命思想」の射程
    • 4 『掟の問題』とラッセル論文−新しい「貴族」
    • 5 『徴兵』に描かれた「通婚」の挫折
    • 6 おわりに