サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章 本書の課題と方法
  • 第Ⅰ部 マルクス価値論のプロブレマティーク
  • 第1章 抽象的人間労働の存在論
    • 1 問題の所在
    • 2 価値概念の実体主義的還元
  • 第2章 ルービン以後のマルクス
    • 1 問題の所在
    • 2 価値概念の関係主義的再構成
    • 3 価値論の失われたカテゴリー
  • 第3章 労働価値論から貨幣的価値論へ
    • 1 問題の所在
    • 2 価値形態論の課題と労働価値論
    • 3 価値形態論の課題と貨幣商品説
  • 第4章 商品・貨幣関係の再定義
    • 1 問題の所在
    • 2 価値形態論の課題と論理=歴史説
    • 3 第二版における価値形態論叙述の通俗化
  • 第Ⅱ部 賃労働関係論の再構築に向けて
  • 第5章 労働過程の統制と内部労働市場
    • 1 問題の所在
    • 2 雇用契約の不完全性と「資本のもとへの労働の形式的包摂」
    • 3 労働過程の統制と「資本のもとへの労働の実質的包摂」
    • 4 労働過程統制の歴史的変容
    • 5 労働者階級の分断と政治的弱体化
  • 第6章 労働力の再生産と失われた「賃労働」の部
    • 1 問題の所在
    • 2 『資本論』における労働力の価値規定の外生性と不変性
    • 3 『経済学批判要綱』における「賃労働」の非『資本論』的叙述
    • 4 『資本論』と失われた「賃労働」の部
  • 第7章 マルクスとネグリ
    • 1 問題の所在
    • 2 現行『資本論』体系の理論的「空白」
    • 3 労働力再生産の資本のもとへの「形式的包摂」
    • 4 労働力再生産の資本のもとへの「実質的包摂」
    • 5 コミュニズムの可能性?
  • 補遺 『経済学批判要綱』をめぐる諸問題