サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 1.序−熱の物理学
    • 1.1 われわれの日常生活は熱力学世界だ
    • 1.2 熱力学の作られている基盤になる考え方
    • 1.3 熱力学の公理法則
    • 1.4 次元と単位
  • 2.現象論としての巨視的熱力学
    • 2.1 比熱,定積変化,定圧変化
    • 2.2 断熱変化と等温変化
  • 3.エントロピー概念の導入
    • 3.1 理想気体の等温膨張
    • 3.2 熱の流入の記述
    • 3.3 断熱過程で膨張して外部に仕事をするとは何か
  • 4.外部からの熱によって動く熱機関−カルノーサイクル
    • 4.1 準静的な4つのサイクル
    • 4.2 カルノーサイクルより効率の高いエンジンはありえない
    • 4.3 エントロピーは状態量である
    • 4.4 地球の表面で生きて文化的な活動をしているということ
  • 5.希薄気体に関するマクスウェルの分子運動論
    • 5.1 分子という描像の妥当性
    • 5.2 方向性のない運動
    • 5.3 状態方程式との比較
    • 5.4 いろいろな平均
  • 6.熱力学の展開−1成分系
    • 6.1 新しい熱力学関数への変換方法
    • 6.2 平衡状態の条件−自由エネルギーF,Gの便利さ
    • 6.3 マクスウェルの関係式
    • 6.4 混合のエントロピー
    • 6.5 エントロピーを発生させないで暖めることは可能か
  • 7.分子の数量(モル)が示す効果−1成分系への化学ポテンシャルの導入
    • 7.1 開かれた系
    • 7.2 部分モル量
    • 7.3 ギブス−デュエムの法則−1成分系の場合
    • 7.4 相平衡−クラペイロン−クラウジウスの関係式
  • 8.電解質電池の熱統計物理学−「仕事」と呼ばれるもの
    • 8.1 電解質濃淡電池
    • 8.2 2種類の金属を電極に使う場合
    • 8.3 電池の熱力学
    • 8.4 共役な「力」と「変位」の様々な例
    • 8.5 磁場中の磁化
    • 8.6 他の系への拡張
  • 9.電解質水溶液における電気伝導の物理
    • 9.1 電解質が持つ二面性
    • 9.2 電極での反応
  • 10.多成分系への発展−化学ポテンシャルを理解の中心にして
    • 10.1 多成分多相系
    • 10.2 多成分混合系における部分モル量−一般の場合
    • 10.3 理想混合における部分モル量
    • 10.4 希薄線形領域での混合−化学ポテンシャルに与える効果
    • 10.5 相変化における混合エントロピーの効果−沸点上昇,凝固点降下
  • 11.化学平衡の記述−成分間で反応が起こる場合
    • 11.1 化学平衡−多成分が分子の組み替えをしつつも平衡である条件
    • 11.2 化学平衡係数
    • 11.3 反応速度と反応の次数
    • 11.4 反応の次数は消失物濃度のベキか
    • 11.5 電解質溶液の化学平衡
  • 12.表面張力の熱力学
    • 12.1 表面張力の起因を力学的に説明すると
    • 12.2 定義
    • 12.3 1円玉が水に浮く理由
    • 12.4 水に浮かべた小物体を動かす方法
  • 13.水の不思議
    • 13.1 毛管現象は水の特異性
    • 13.2 疎水性相互作用
    • 13.3 油滴,水滴の形成−水と油を混ぜる方法
    • 13.4 ぬれ
    • 13.5 撥水性の起因

物理化学・理論化学 ランキング

物理化学・理論化学のランキングをご紹介します一覧を見る