サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 第1章 序論
    • Ⅰ.はじめに
    • Ⅱ.研究の意義
    • Ⅲ.研究目的
    • Ⅳ.研究の前提と用語の定義
  • 第2章 文献検討
    • Ⅰ.障害者雇用の現状
    • Ⅱ.障害者就労研究
    • Ⅲ.特別支援教育
    • Ⅳ.障害者職業リハビリテーション
    • Ⅴ.North Carolina州におけるTEACCHプログラムの就労支援体制
  • 第3章 研究背景
    • Ⅰ.〈予備研究1〉知的障害養護学校卒業生の進路動向調査
    • Ⅱ.〈予備研究2〉知的障害養護学校卒業生の就労追跡調査
  • 第4章 知的障害者の就労に関する雇用者の問題意識の構造
    • Ⅰ.研究デザイン
    • Ⅱ.調査方法
    • Ⅲ.研究手法
    • Ⅳ.修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチについて
    • Ⅴ.研究対象
    • Ⅵ.質的調査法を用いた根拠
    • Ⅶ.データの範囲と収集法
  • 第5章 結果
    • Ⅰ.調査協力者の記述
    • Ⅱ.分析テーマの設定
    • Ⅲ.分析の手順
    • Ⅳ.分析結果の妥当性と信頼性の確保
    • Ⅴ.倫理的配慮
    • Ⅵ.データ分析結果
  • 第6章 考察
    • Ⅰ.〈挑戦カテゴリー〉
    • Ⅱ.〈バックアップ・カテゴリー〉
    • Ⅲ.〈軋轢・葛藤カテゴリー〉
    • Ⅳ.〈日常的相互作用カテゴリー〉
    • Ⅴ.〈ヒューマニズム・カテゴリー〉
  • 第7章 研究の限界と今後の課題
    • Ⅰ.研究の限界
    • Ⅱ.今後の課題
  • 第8章 結論