サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

目次

基礎コース化学

基礎コース化学

  • Rob Lewis(著)/ Wynne Evans(著)/ 薬袋 佳孝(訳)/ 山本 学(訳)/ 若林 文高(訳)
  • 1.数,単位,測定
    • 1・1 非常に大きい数と非常に小さい数
    • 1・2 対数
    • 1・3 単位
    • 1・4 実験における誤差
    • 1・5 測定値の表示法
  • 2.元素,化合物,反応
    • 2・1 物質とエネルギー
    • 2・2 物理変化と化学変化
    • 2・3 化学式
    • 2・4 反応式の書き方と係数の合わせ方
  • 3.原子の内部構造
    • 3・1 原子の構造
    • 3・2 同位体
    • 3・3 質量分析計
    • 3・4 原子の電子構造
    • 3・5 原子にエネルギー準位がある証拠
    • 3・6 電子構造に関するより進んだ概念
  • 4.化学結合(その1)
    • 4・1 原子はなぜ結びつくか
    • 4・2 イオン結合
    • 4・3 共有結合
    • 4・4 配位結合
    • 4・5 イオン化合物および共有結合化合物:これを両極端とした中間状態
    • 4・6 共鳴構造
  • 5.化学結合(その2)
    • 5・1 オクテット則の例外
    • 5・2 分子の形
    • 5・3 多重結合をもつ分子の形
    • 5・4 双極子をもつ分子,もたない分子
    • 5・5 金属結合
    • 5・6 巨大分子
    • 5・7 共有結合分子間に働く力
  • 6.溶液中のイオンの反応
    • 6・1 塩類の水への溶解
    • 6・2 イオン反応式
    • 6・3 化学反応による水中でのイオンの生成
    • 6・4 酸と塩基
    • 6・5 酸の反応
    • 6・6 気体のCO2,SO2,NO2が水に溶解してできる酸
    • 6・7 水酸化物イオンの反応
    • 6・8 水溶液中でのイオンの同定反応
  • 7.酸化と還元
    • 7・1 酸化還元反応
    • 7・2 酸化数
    • 7・3 酸化剤と還元剤
    • 7・4 酸化還元の反応式の書き方と係数の合わせ方
    • 7・5 酸化還元対
    • 7・6 金属の反応列
    • 7・7 鉄の腐食
    • 7・8 自然界における酸化還元反応
  • 8.モル
    • 8・1 分子質量
    • 8・2 モル
    • 8・3 質量パーセント組成
    • 8・4 結晶水
    • 8・5 反応式からの量の計算
    • 8・6 気体の体積の計算
    • 8・7 収率
    • 8・8 制限試薬
  • 9.濃度の計算
    • 9・1 溶液の濃度
    • 9・2 標準溶液
    • 9・3 容量分析
    • 9・4 いろいろな濃度の単位
    • 9・5 pH
  • 10.気体,液体.固体
    • 10・1 熱と温度
    • 10・2 物質の状態変化
    • 10・3 気体の法則
    • 10・4 気体分子運動論
    • 10・5 理想気体の状態方程式
    • 10・6 固体への気体の吸着
    • 10・7 蒸気圧
    • 10・8 臨界温度と臨界圧
  • 11.溶液と溶解度
    • 11・1 溶解度
    • 11・2 溶解の動的性質
    • 11・3 ほとんど不溶のイオン化合物の溶解度
    • 11・4 2種類の溶媒への溶質の分配
    • 11・5 気体の水への溶解度
    • 11・6 浸透
    • 11・7 コロイド
  • 12.周期表と元素
    • 12・1 周期表
    • 12・2 1族元素−アルカリ金属
    • 12・3 2族元素−アルカリ土類金属
    • 12・4 14族元素
    • 12・5 17族元素−ハロゲン
    • 12・6 18族元素−希ガス
    • 12・7 第一遷移系列元素
    • 12・8 族内と周期内での元素の性質の変化
  • 13.化学反応に伴うエネルギー変化
    • 13・1 エネルギーの保存
    • 13・2 エンタルピー変化の要点
    • 13・3 実験によるΔHの決定
    • 13・4 特別な種類の標準エンタルピー変化
    • 13・5 標準生成エンタルピー
    • 13・6 標準燃焼エンタルピー
    • 13・7 栄養
    • 13・8 格子エンタルピー
    • 13・9 結合の切断と生成のエネルギー
  • 14.化学反応の速さ
    • 14・1 反応速度
    • 14・2 反応速度に影響を与える因子
    • 14・3 反応速度式
    • 14・4 実験で求まる反応速度式の例
    • 14・5 速度式を使った計算
    • 14・6 一次反応についてより詳しく
    • 14・7 反応機構
    • 14・8 触媒作用
  • 15.動的化学平衡
    • 15・1 はじめに
    • 15・2 平衡則と平衡定数
    • 15・3 平衡定数の意味
    • 15・4 平衡に対する濃度,圧力および温度の効果
    • 15・5 ハーバー−ボッシュ法によるアンモニア合成
    • 15・6 不均一系平衡
  • 16.酸塩基平衡
    • 16・1 水のイオン平衡
    • 16・2 水溶液中の酸と塩基
    • 16・3 塩の加水分解
    • 16・4 緩衝液
    • 16・5 酸塩基指示薬
    • 16・6 酸塩基滴定でのpH変化
    • 16・7 水に溶けた二酸化炭素の緩衝作用
  • 17.有機化学:炭化水素
    • 17・1 アルカン
    • 17・2 アルケン
    • 17・3 アルキン
    • 17・4 芳香族炭化水素
  • 18.いろいろな有機化合物
    • 18・1 ハロゲノアルカン(ハロゲン化アルキル)
    • 18・2 アルコール
    • 18・3 カルボニル化合物
    • 18・4 カルボン酸
    • 18・5 アミン
    • 18・6 光学異性
    • 18・7 アミノ酸とタンパク質
    • 18・8 置換ベンゼン誘導体
  • 19.混合物の分離
    • 19・1 液体から固体を分離する
    • 19・2 2種類の液体を分離する
    • 19・3 固体の分離
    • 19・4 水蒸気蒸留
    • 19・5 イオン交換
    • 19・6 溶媒抽出
    • 19・7 クロマトグラフィー
  • 20.光と分光学
    • 20・1 電磁スペクトル
    • 20・2 原子と分子のエネルギー準位
    • 20・3 分光計
    • 20・4 試科の吸光度と透過率
    • 20・5 紫外および可視スペクトルについての補足
    • 20・6 吸収スペクトルと色
    • 20・7 赤外分光法
    • 20・8 核磁気共鳴分光法
    • 20・9 ランベルト−ベール則
    • 20・10 光合成
  • 21.核化学・放射化学
    • 21・1 放射能
    • 21・2 放射性核種と放射性同位体
    • 21・3 放射線の性質
    • 21・4 放射壊変の数学的取扱い
    • 21・5 放射性核種の利用
  • 22.環境科学
    • 22・1 はじめに
    • 22・2 大気汚染
    • 22・3 水質汚染
    • 22・4 土壌汚染
  • 23.裁判化学
    • 23・1 あらかじめ知っておくこと
    • 23・2 裁判化学の範囲
    • 23・3 毒物濃度の時間変化
    • 23・4 一次反応速度式を用いた計算
    • 23・5 エタノール分解でのゼロ次反応
    • 23・6 飲酒と運転
    • 23・7 毛髪中の薬物の分析

化学 ランキング

化学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む