サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

目次

  • 第1章 はじめに:本書の問題意識と構成
    • 1−1 はじめに−「仕入れをしない小売業」
    • 1−2 問題意識
    • 1−4 方法論的特長
    • 1−3 本書の構成
  • 第2章 ビジネスシステムとアウトソーシング
    • 2−1 ビジネスシステムについての文献レビュー
    • 2−2 アウトソーシングとコアコンピタンス
    • 2−3 分業における知識の役割についての文献レビュー
    • 2−4 小括
  • 第3章 百貨店における委託仕入れの検討
    • 3−1 買取り仕入れから委託仕入れへの流れ
    • 3−2 アパレル製造卸企業における委託仕入れ制度の定着
    • 3−3 百貨店における委託仕入れ制度の定着
    • 3−4 委託仕入れ制度のメリット
    • 3−5 委託仕入れ制度の機能不全から売上仕入れへ
    • 3−6 百貨店のコアコンピタンスの変化
    • 3−7 仕入れとは何か
    • 3−8 小括
    • 3−9 本書における課題
  • 第4章 1990年代の百貨店の生き残りをかけた取り組み
    • 4−1 はじめに
    • 4−2 1990年代の百貨店の状況
    • 4−3 1990年代の百貨店の戦略における3つの方向性
    • 4−4 小括
  • 第5章 改革までの取り組み
    • 5−1 はじめに
    • 5−2 改革までの取り組み
    • 5−3 改革のスタート
    • 5−4 奥田氏の合理的経営志向の背景とこだわり
    • 5−5 山本氏の現場へのこだわりと徹底したコミュニケーション
    • 5−6 小括
  • 第6章 百貨店のビジネスシステムの再構築
    • 6−1 はじめに
    • 6−2 変革のビジョン
    • 6−3 標準化への取り組み
    • 6−4 「店頭業務の再設計」:内部緯織の変革(1)
    • 6−5 業務の方向性
    • 6−6 「接客パターンによる売場分類」:内部組織の変革(2)
    • 6−7 「売場運営形態別アプローチ」:企業間関係の変革
    • 6−8 モデル売場でのスタート
    • 6−9 見える化に関する先行研究
    • 6−10 標準作業
    • 6−11 第1次営業改革と見える化
    • 6−12 小括
  • 第7章 組織内部における情報獲得の仕組み構築
    • 7−1 はじめに
    • 7−2 新MD情報システムの導入:組織内部情報の獲得(1)
    • 7−3 販売機能としての「売場分類」
    • 7−4 「商品分類」の計画・管理体系の概念と具体化のステップ
    • 7−5 「仕入機能」の管理
    • 7−6 売場分類・商品分類と売場運営形態の整合
    • 7−7 業務規定書に応じた活用例
    • 7−8 新顧客情報システム:組織内部情報の獲得(2)
    • 7−9 小括
  • 第8章 「カスタマーズ・ビュー」への取り組み
    • 8−1 はじめに
    • 8−2 カスタマーズ・ビュー開発事例(1)「リクルートバッグ」
    • 8−3 カスタマーズ・ビュー開発事例(2)「施設」「サービス」
    • 8−4 定性的情報収集の役割
    • 8−5 カスタマーズ・ビューの限界
    • 8−6 小括
  • 第9章 自主運営売場への取り組みと情報
    • 9−1 はじめに
    • 9−2 外部ディレクターの導入「ヴィアモンド」の事例:外部からの情報獲得(1)
    • 9−3 ワールド・大丸共同開発売場:外部からの情報の獲得(2)
    • 9−4 バイヤー・販売員の外部研修:外部からの情報の獲得(3)
    • 9−5 ノードストロームとの提携:外部からの情報の獲得(4)
    • 9−6 小括
  • 第10章 第1次営業改革導入時の葛藤
    • 10−1 はじめに
    • 10−2 改革そのものに対する現場の抵抗
    • 10−3 モデル部門での取り組み
  • 第11章 第1次営業改革の成果
    • 11−1 はじめに
    • 11−2 数値的成果
    • 11−3 第1次営業改革の集大成『大丸札幌店の成果』
    • 11−4 マーケティング
    • 11−5 オペレーションにおける基本戦略
    • 11−6 小括
  • 第12章 新たな課題と第2次営業改革への取り組み
    • 12−1 はじめに
    • 12−2 大丸リグロースプランと改革の踊り場
    • 12−3 ビジネスシステムの変革:企業間関係の再構築
    • 12−4 本社と店の役割の変革
    • 12−5 企業間関係、組織内関係のマネジメントを支える組織体制
    • 12−6 社内における分業への取り組み
    • 12−7 セントラルバイイングへの取り組み
    • 12−8 販売サービスの革新
    • 12−9 第2次営業改革における情報の活用
    • 12−10 第2次営業改革の現状の成果
    • 12−11 第2次営業改革導入時の葛藤
    • 12−12 第2次営業改革の軌道修正
    • 12−13 小括
  • 第13章 結論とインプリケーション
    • 13−1 本書のまとめ(1)仕組み化への取り組み
    • 13−2 本書のまとめ(2)アウトソーシングにおける内部と外部のマネジメントの相互作用
    • 13−3 本書のまとめ(3)アウトソーシングと情報のマネジメント
    • 13−4 本書のまとめ(4)アウトソーシングと百貨店のコアコンピタンスの変化〜「仕入れをしない小売業」
    • 13−5 本書のまとめ(5)大丸の営業改革と3つの課題
    • 13−6 本書のまとめ(6)仕組み化を推進する力
    • 13−7 インプリケーションと今後の課題