サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

好評につき期間延長!2019年版カレンダー ポイントキャンペーン

目次

  • 序章 中国社会主義市場経済体制下の労働者集団と民主化のゆくえ
    • 一 中国社会主義体制下の労働組合
    • 二 労働組合を媒介とする国家と社会
    • 三 現代中国政治へのアプローチと「集団的」民主化
    • 四 本書の目的・課題、及びその構成
  • 第一章 中国の政治社会・労働事情
    • 一 社会の概要
    • 二 労働と社会保障の概要
  • 第二章 中国の社会保障制度改革
    • 一 社会保険制度の発達
    • 二 社会保険制度の現状と課題
    • 三 今後の展望
  • 第三章 中国における労使関係の展開
    • 一 解放闘争としての労働運動(一九二一−四九年)
    • 二 「国家コーポラティズム」の形成と展開(一九四九−七八年)
    • 三 「社会コーポラティズム」への本格的胎動(一九七八年−一九八九年)
    • 四 「社会コーポラティズム」か「市民社会」か?(一九八九年−現在)
    • 結び
  • 第四章 中国改革開放期の労働組合改革
    • 一 伝統的「家」概念と工会組織の再編
    • 二 政治体制改革と政治過程参加(参政議政)
    • 三 政治体制改革の「第三期」への胎動
  • 第五章 天安門事件前後の政治過程と労働組合の役割
    • 一 「工会改革の基本構想」への労働者の参与
    • 二 国家と社会との協商対話制度の確立に向けて
    • 三 協商対話制度の地方及び末端工会への拡大
    • 四 天安門事件と自主労組をめぐる動き
    • 五 ポスト天安門事件と政治協商システムの再編
  • 第六章 中国の政治協商体制下における労働組合とその展望
    • 一 毛沢東時代の政治協商体制と「党政不分」
    • 二 鄧小平時代の政治協商体制と「党政分業」
    • 三 趙紫陽時代の政治協商体制と「党政分離」
    • 四 ポスト天安門事件時代の政治協商体制と「党政分業」
  • 第七章 ポスト天安門事件期における労働運動の現状と課題
    • 一 天安門事件をめぐる工会の今日的意味合い
    • 二 工会をめぐる党=国家指導体制への退行
    • 三 非国有企業における工会の変化
  • 第八章 中国労働組合法(工会法)の施行過程と現状の課題
    • 一 一九五〇年工会法
    • 二 一九九二年工会法
    • 三 二〇〇一年改正工会法
    • 四 工会をめぐる現状と課題
  • 第九章 旧「中華人民共和国企業破産法」の制定・採択・施行をめぐる政治的背景と労働組合(工会)の役割
    • 一 労働制度改革と工会の立場
    • 二 労働制度改革をめぐる保守派の抵抗
    • 三 第二次機構改革と工会をめぐる改革派の巻き返し
    • 四 労働制度改革と工会改革との連動
    • 五 労働制度改革と企業指導体制改革との連動
  • 第一〇章 中国の労働問題をめぐる「和諧社会」の現状と課題
    • 一 労働人口の増加と雇用状況の逼迫化
    • 二 都市と農村の経済格差の拡大
    • 三 労働条件の悪化と労使紛争の増加
    • 四 農民工の都市への定着と都市労働者としての意識の芽生え
    • 五 「労働契約法」制定に至る社会経済的背景
  • 第一一章 中国の雇用情勢と社会的セーフティネット
    • 一 農民工とセーフティネットの現状と課題
    • 二 なぜ現存する社会保障制度がセーフティネット足り得ていないのか?
    • 三 より実効性のあるセーフティネットづくりに向けて
    • 四 セーフティネットをめぐる法整備と課題
    • 五 実効性のあるセーフティネットづくりに向けた労働組合(=工会)の役割
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。