サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

ブックオフ宅本便ページ修正

目次

憲法的責任追及制論 1

憲法的責任追及制論 1

  • 吉田 栄司(著)
  • 1−a 憲法解釈論としての4段階責任論と責任追及制論
    • 1.はじめに
    • 2.今回の内閣・省庁・国会改革立法の内容
    • 3.内閣・国会改革立法を判定し得べき憲法規範論
    • 4.内閣・国会改革立法の試論に基づく評価
    • 5.むすびに
  • 1−b 権力の統制(責任追及)機構としての権力分立制と複数政党
    • 1.はじめに
    • 2.日本国憲法における権力分立制の枠組み
    • 3.現代法治国家原理の中核概念としての責任
    • 4.現代法治国家原理の要請を具体化する責任追及システム
    • 5.むすびに
  • 2−a 議会制的民主制論と責任の概念
    • 1.はじめに
    • 2.議院内閣制論と責任
    • 3.国民代表制論と責任
    • 4,むすびに
    • +α 書評:高橋和之著『国民内閣制の理念と運用』(有斐閣、1994年)
  • 2−b 現代民主制における反対政党の意義
    • 1.はじめに
    • 2.国民代表制と反対政党
    • 3.議院内閣制と反対政党
    • 4.むすびに
  • 2−c 過去50年間の議会制論
    • 1.はじめに−2大問題領域と前半期・後半期
    • 2.後半期−国民代表制論としての議会制論の展開
    • 3.前半期−議院内閣制論としての議会制論の展開
    • 4.むすびに
  • 2−d 政権政党と反対政党の区別の必要性
    • 1.はじめに
    • 2.新旧両憲法における政党の位置づけ
    • 3.政党の新たな憲法学的位置づけ
    • 4.政党をめぐる具体的法制度の憲法適合性
  • 3−a 国会議員の対国民責任について
    • 1.はじめに
    • 2.国民代表制における責任の意義
    • 3.制憲過程における責任の観念
    • 4.行政学における責任の概念
    • 5.ドイツ憲法学における責任の位置づけ
  • 3−b 内閣の対国会責任について
    • 1.はじめに
    • 2.責任の対象範囲
    • 3.責任の意味内容
  • 3−c 憲法41条解説
    • 1.条文の文言とその意味
    • 2.学説・判例による展開
    • 3.現在および今後の問題
  • 3−d 憲法72条以下解説
    • 1.第72条
    • 2.第73条
    • 4.第74条
    • 5.第75条
    • +α 内閣の責任:複数の閣僚が汚職に関与したことが明らかになった場合、内閣は総辞職すべきか。
  • 3−e 憲法96条解説
    • 1.憲法改正手続の意義
    • 2.国会による発議手続
    • 3.国民による承認手続
    • 4.天皇による公布手続と関連する諸手続
  • 4−a 議会制的民主制の空洞化をねらう読売改憲試案
    • 1.はじめに
    • 2.主体性を奪われる国民
    • 3.民意の反映を否定される国会
    • 4.責任の追及を免れる内閣
  • 4−b 強いリーダーシップ論と日本国憲法
    • 1.憲法学界における理論的蓄積
    • 2.首相公選論の再浮上の背景
    • 3.首相公選論の問題点と本来的な改革の方向
  • 4−c 首相公選論が内包する国民主権の空洞化
    • 1.はじめに−郵政解散のまやかし
    • 2.議院内閣制の規範構造
    • 3.首相公選制の提唱理由
    • 4.1990年代における布石
    • 5.解釈論的弱点の克服
  • 4−d 施行間近な憲法改正国民投票法の問題点
    • 1.憲法改正手続の法的意義
    • 2.憲法改正国民投票法不成立の歴史
    • 3.憲法改正国民投票法成立の背景
    • 4.憲法改正国民投票法の問題点
  • 5−a 日本の衆議院解散をめぐる憲法判例
    • 1.事件の概要
    • 2.判旨
    • 3.解説
  • 5−b ドイツの連邦議会解散をめぐる憲法判例
    • 1.事実の概要
    • 2.判旨
    • 3.解説
  • 6−a ドイツ憲法論における反対政党の内閣統制(責任追及)論
    • 1.はじめに
    • 2.内閣権力の統制の要請とその形骸化
    • 3.議会内反対政党による内閣統制の要請
    • 4.疑念論の克服とさらなる改革の方向
    • 5.むすびに
  • 6−b ドイツ連邦議会における反対政党の内閣統制(責任追及)権
    • 1.はじめに
    • 2.一般的前提的議会内少数派権
    • 3.議員の権能行使による反対政党の内閣統制権能
    • 4.議会の権能行使における反対政党の内閣統制権能
    • 5.むすびに
  • 6−c ドイツ連邦議会議事規則〈全邦訳〉
    • 1.解説
    • 2.本則第1条〜128条
    • 3.付則第1〜7
  • 6−d ドイツ憲法問題合同調査会最終勧告
    • 1.解説
    • 2.基本法改正のための合同調査会勧告〈全文仮訳〉
  • 6−e ヨーロッパ政治に対するドイツ・シュレーダー政権の姿勢
    • 1.前提的・背景的諸問題
    • 2.シュレーダー政権の登場
    • 3.シュレーダー政権の政策
    • 4.今後の見通し