サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

目次

  • はしがき
  • 序章 難関に立ち向かうということ
  • 第1章 医者になれる人はここが違う−勝者の方法論(1)
    • ●ベテラン歯科医がなぜ、医者に
    • ●筋鉤は死んでも放すな
    • ●解剖室の入り口で気絶する人もいる
    • ●「生化学」の勉強は頭がパンクする
    • ●医者になれる人、なれない人、一体どこが違う
    • ●卒業試験は、ギリギリ合格すれば良い
    • ●五〇〇ページの教科書を二日で読破しなさい
    • ●医師国家試験は落とすための試験ではない
    • ●合格したければ、当たり前の勉強を当たり前にやればいい
    • ●一回目は頭から、二回目は終わりから
  • 第2章 弁護士になれる人はここが違う−勝者の方法論(2)
    • ●新試験と旧試験はこんなに違う
    • ●効果的な勉強法は性格により十人十色
    • ●受験前の一年間の過ごし方が決定的に重要だ
    • ●普通に肩の力を抜いてやればいい
    • ●流されやすい性格だから、一人で勉強した
    • ●直前は一週間で読破可能なテキストを選ぶ
    • ●ディズニーランドの順番待ちで、六法を読んだ
    • ●空気を読めない人は、論文試験で落ちる
    • ●厚く書いてある事実を探せ
    • ●どの科目も五〇ずつ勉強する
    • ●最後の難関「司法修習生考試」が問うもの
  • 第3章 合格する人の共通点
    • ●長期目標を心に掲げよ
    • ●精神的にタフでなければ、生きていけない
    • ●己を知り、己をコントロールせよ
    • ●『ハムレット』、『銀河鉄道の夜』、『坂の上の雲』が私を支える
    • ●パスカル、ジンメル、中島敦がモチベーションを高める
    • ●「ワルツ・フォー・デビー」がスランプを救った
  • 第4章 難関大学に受かる人はここが違う−大学受験の場合(1)
    • ●過去問は最高の入試予想集
    • ●教員の専門分野や嗜好を徹底分析する
    • ●過去問分析の方法論−産業医科大学の場合
    • ●選択科目には合格しやすい科目がある
    • ●学者の旬の話題は何かを情報検索する
    • ●戦争さながらの推理能力と戦略が必要
  • 第5章 東大に受かる人はここが違う−大学受験の場合(2)
    • ●東京大学の後期入試の背景にあるもの
    • ●古代ギリシア人は、歴史を認識できなかった!?
    • ●無名な男の痕跡になぜ、意味があるか
    • ●歴史は客観的な記述に基づいて記録されるべきか、否か
    • ●社会の中で物事の価値を形成していく人間とは
    • ●情報過多と皮膚感覚の欠如
    • ●ナショナリズム? 精神的成熟?
    • ●「法的思考力」を基本に考えよ
    • ●人権に配慮できる人になりなさい
    • ●信仰上の理由による輸血拒否は「死に対する自己決定」か
    • ●臓器移植のくじで殺される!?
    • ●東大が求める人間像は、「限界事例」で答えの出せる人
    • ●法は人に不可能を強制しない−限界事例の思考トレーニング
    • ●前期入試の英語にも「限界事例」が
    • ●日本社会にひそむ「和」のこころ
    • ●二つの概念・物の本質を看破する能力
  • 第6章 なんのための難関突破か−これからの日本を背負う人たちへ
    • ●研修医は医師免許を持った奴隷
    • ●透析を止めれば、二週間で人は亡くなる
    • ●死期を決める重荷を背負って
    • ●過払い金請求訴訟は、「正義の戦い」か?
    • ●「正当防衛」の実証的研究を続けたい
    • ●研究と社会の接点を探れ
    • ●病気腎移植の正当化の可能性
    • ●ウルティマ・ラティオとしての病気腎移植
    • ●宇和島に向かえ
    • ●難関突破と社会貢献
  • あとがきにかえて