サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

目次

教育社会学への招待(大阪大学新世紀レクチャー)

教育社会学への招待 (大阪大学新世紀レクチャー)

  • 若槻 健(編集)/ 西田 芳正(編集)/ 志水 宏吉(監修)
  • 1章 社会関係の網の国のなかで教育を捉える
    • 1.はじめに−「学力低下」にどう対応する?
    • 2.教育社会学のパースペクティブ
    • 3.現代社会における教育社会学の必要性
    • 4.本書の構成
    • (コラム)若者のコミュニケーションスキルは低下しているか
  • 第一部 教師の仕事と教育社会学
  • 2章 「めだかの学校」?「雀の学校」?
    • 1.学級とは何か
    • 2.教師=生徒関係
    • 3.子どもをエンパワーする生徒指導
    • (コラム)子どもの絵から見えてくる世界
  • 3章 教師が子どもを「教える」ということ
    • 1.When:いつ「教える」
    • 2.Where & Who:どこで、だれが「教える」
    • 3.What:何を「教える」
    • 4.How:どのように「教える」
    • 5.Why:なぜ「教える」
    • (コラム)「学習指導案」の意味
  • 4章 テストの点数は、本当に君の実力か?
    • 1.学力をどう捉えるか
    • 2.学力と不平等の理論
    • 3.日本の学力と不平等
    • 4.私たちに何ができるのか
    • (コラム)PISAを読む
  • 5章 学校に行くことの意味を問い直す
    • 1.社会的現象としての「不登校」
    • 2.不登校の定義と長期欠席児童の推移
    • 3.長欠から登校拒否へ−欠席を問題視する構図の転換
    • 4.登校拒否から不登校へ−当事者による欠席行為の問い直し
    • 5.不登校児の「その後」をめぐる諸問題
    • (コラム)「不登校トラック」の出現?
  • 6章 現代における子ども問題
    • 1.実体論的立場と関係論的立場からみた逸脱
    • 2.非行
    • 3.いじめ
    • 4.今後、逸脱についてさらに学んでいくにあたって
    • (コラム)公式統計データのとらえ方
  • 7章 障害のある子どもは“特別”な存在か
    • 1.はじめに
    • 2.日本の“障害”児教育
    • 3.“障害”とは何か
    • 4.おわりに−問題の多くは、その人の努力の外にある
    • (コラム)「あたりまえ」を問い直す
  • 8章 支え合い高め合う教師たちをめざして
    • 1.学校教育と教師の役割
    • 2.教職と教師集団の特徴
    • 3.教師集団と学校づくりの課題
    • (コラム)個業性と協働、同僚性
  • 第二部 現代社会と教育
  • 9章 人権は「心」の問題か
    • 1.「出自」による差別
    • 2.同和問題のとらえ方と同和教育の課題
    • 3.同和教育の歴史
    • 4.継承すべきもの、創造すべきもの
    • (コラム)識字・日本語教室と夜間中学
  • 10章 性差別と教育
    • 1.性差別は存在するのか−レディースディと女性専用車両
    • 2.教育におけるジェンダーの視点
    • 3.複数の不平等の交差
    • 4.ジェンダー平等な学校づくりのために
    • (コラム)公的カリキュラムにおける性差別としての家庭科
  • 11章 貧しい家庭で生まれ育つ子どもの存在から見えてくるもの
    • 1.日本の中の貧困、貧困の中の子ども
    • 2.貧困をもたらすもの、貧困がもたらすもの
    • 3.貧困の見え方、貧困の語られ方
    • 4.学校にはできないこと、学校にしかできないこと
    • (コラム)見えないものを見る
  • 12章 「もう学校にこなくてもいい」
    • 1.ニューカマーとは誰か?
    • 2.言語と学力
    • 3.文化葛藤とアイデンティティ
    • 4.教育支援と学校制度
    • 5.外国人学校と往来する人びと
    • (コラム)外国人支援の充実
  • 13章 子どもを共に育てる
    • 1.はじめに
    • 2.なぜ学校と地域の連携が必要なのか
    • 3.学校と地域の関係の歴史的変遷
    • 4.連携の意義と目的−教育とコミュニティ形成
    • 5.連携を進めるための鍵
    • (コラム)ソーシャル・キャピタル
  • 14章 つながりの教育へ
    • 1.はじめに
    • 2.市民社会論の展開
    • 3.市民社会への関心の高まり−グローバリゼーションと新自由主義
    • 4.イングランドの市民性教育
    • 5.市民性教育と言わない市民性教育−日本における市民性教育
    • (コラム)ネパールとの交流から
  • 15章 日本の学校文化はどう変わるか
    • 1.はじめに−夏目漱石のつぶやき
    • 2.日本の学校文化の特徴−イギリスとの比較から
    • 3.ニューカマーの教育問題−2つの調査から
    • 4.学校文化の変革−新たな社会変化のなかで
    • (コラム)「グローバル化」と「国際化」は同じ?