サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

目次

  • 第1章 序論
    • 1.1 研究目的・研究対象
    • 1.2 研究の意義
    • 1.3 研究の観点
    • 1.4 本書の構成
  • 第2章 話し言葉と引用
    • 2.1 本研究における「話し言葉」の捉え方
    • 2.2 本研究における「引用」の捉え方
    • 2.3 第2章結語
  • 第3章 先行研究と本研究の枠組み
    • 3.1 先行研究概観:談話研究
    • 3.2 先行研究概観:引用の研究
    • 3.3 先行研究の課題と本研究の立場
  • 第4章 引用標識の機能分類
    • 4.1 話し言葉における引用表現の機能−そのまとまり
    • 4.2 第4章結語
  • 第5章 引用の基本型を表示する機能を果たすもの
    • 5.1 休止系
    • 5.2 後続部省略系
    • 5.3 引用部並列系
    • 5.4 「引用の基本型を表示する機能を果たすもの」の使用意義
    • 5.5 第5章結語
  • 第6章 先行文脈の関連情報を談話内で追加する用法
    • 6.1 先行文脈を基に話者が導いた帰結を引用部に持つ用法
    • 6.2 談話の精緻化情報を引用部に持つ用法−精緻化情報確認用法
    • 6.3 「先行文脈の関連情報を談話内で追加する用法」の使用意義
    • 6.4 三用法の共通点−統語的背景
    • 6.5 第6章結語
  • 第7章 情報伝達・受容に当たっての心的態度を表す用法
    • 7.1 言明用法
    • 7.2 「トハ文」を基にした用法
    • 7.3 「情報伝達・受容に当たっての心的態度を表す用法」の使用意義
    • 7.4 第7章結語
  • 第8章 情報の種類を明示しつつ情報の伝達に関わる用法
    • 8.1 伝言取次ぎ用法
    • 8.2 伝聞情報表示用法
    • 8.3 伝聞と「ダッテ・ダト」「ンダッテ」という形式
    • 8.4 伝聞情報を表示する「ッテ」の使用意義
    • 8.5 第8章結語
  • 第9章 発話意識の表明により発話境界を表示する用法
    • 9.1 発語の力軽減用法
    • 9.2 自己演出用法
    • 9.3 自己確認納得用法
    • 9.4 認知境界表示用法
    • 9.5 「発話意識の表明により発話境界を表示する用法」の使用意義
    • 9.6 第9章結語
  • 第10章 引用標識の機能の広がり−引用標識の多機能化
    • 10.1 引用標識の多機能化−共時的観点からの文法化
    • 10.2 引用構文の多機能化に関する先行研究
    • 10.3 機能拡張の程度を測る基準
    • 10.4 基となる引用の基本型の認定
    • 10.5 四つの照準による機能拡張の程度の判断
    • 10.6 機能拡張のスケールにおける各用法の位置
    • 10.7 引用標識が独自機能を持つ独立した成分になる動機
    • 10.8 第10章結語
  • 第11章 結論と展望
    • 11.1 話し言葉における引用標識の機能−そのまとまりと広がり
    • 11.2 話し言葉における引用標識の共通機能
    • 11.3 話し言葉と引用
    • 11.4 引用標識の形態と機能
    • 11.5 課題と展望−課題と関連する研究への発展