サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

目次

プレートダイナミクス入門

プレートダイナミクス入門

  • 新妻 信明(著)
  • 第1章 プレートテクトニクスの成立
    • 1.1 地向斜造山論
    • 1.2 大陸移動説
    • 1.3 地球物理学大御所による大陸移動の否定
    • 1.4 地震発震機構と深発地震面の発見
    • 1.5 地球磁場の逆転
    • 1.6 古地磁気による大陸移動説の復活
    • 1.7 電子計算機による大陸接合計算
    • 1.8 海洋底拡大説
    • 1.9 地球磁場逆転年代表
    • 1.10 海洋地磁気異常
    • 1.11 断裂帯の地震活動
    • 1.12 新全球テクトニクス
    • 1.13 プレートテクトニクスの誕生
  • 第2章 オイラーの定理
    • 2.1 球体としての地球とメートル法
    • 2.2 球面三角
    • 2.3 球面幾何学におけるオイラーの定理
    • 2.4 オイラーの定理の証明
    • 2.5 オイラー極の算出
    • 2.6 オイラー回転ベクトル
  • 第3章 海洋底とプレート運動
    • 3.1 海底地形図
    • 3.2 赤色立体地図:海底地形可視化法の発展
    • 3.3 大陸−海洋底境界
    • 3.4 拡大海嶺
    • 3.5 トランスフォーム断層・断裂帯の追跡
    • 3.6 東太平洋海膨の方形拡大とマイクロプレート
    • 3.7 ホットスポットと海山
    • 3.8 海台
    • 3.9 海洋底沈み込みと海底地形
    • 3.10 縁海
  • 第4章 プレート運動の実証と現在のプレート運動
    • 4.1 深海掘削による海洋底拡大の証明
    • 4.2 海洋地磁気異常と地磁気逆転年代表
    • 4.3 宇宙測地計測によるプレート運動の測定
    • 4.4 現在のプレート運動
    • 4.5 オイラー赤道
    • 4.6 オイラー子午線
    • 4.7 プレート相対運動の算出
    • 4.8 日本海中部地震とプレートテクトニクス
    • 4.9 海洋底拡大面積とプレート収束面積の算出
    • 4.10 プレート収束と海溝地震活動
    • 4.11 地向斜および空っぽな海溝と付加体
    • 4.12 プレート運動相互作用と「要」
    • 4.13 二つの要を結ぶ「要大円」
  • 第5章 三重会合点の進化
    • 5.1 三重会合点
    • 5.2 相対運動オイラー極の定義と「三プレート問題」
    • 5.3 二プレート球体:一つのオイラー回転が支配する球体
    • 5.4 三プレート球体:三つのオイラー回転が支配する球体の境界大円
    • 5.5 三プレート球体:拡大半球のプレート運動
    • 5.6 三プレート球体:拡大半球から収束半球への移動
    • 5.7 オフィオライト:拡大半球から収束半球へ移動した海嶺
    • 5.8 沈み込み境界の重要性と共進テクトニクス
    • 5.9 三国会合点と境界大円
    • 5.10 拡大三重会合点の移動
    • 5.11 三重会合点の分類
    • 5.12 拡大三重会合点
    • 5.13 収束三重会合点
    • 5.14 混合三重会合点
    • 5.15 移動する拡大三重会合点と海洋底
    • 5.16 全球の拡大半球と収束半球
  • 第6章 プレート運動と回転テンソル
    • 6.1 有限回転と回転テンソル
    • 6.2 有限回転操作と合成回転テンソル
    • 6.3 球面三角による回転操作
    • 6.4 回転テンソルと回転操作
    • 6.5 合成回転テンソルとオイラー回転
    • 6.6 合成回転テンソルから個別回転テンソルの算出
  • 第7章 プレート運動の変遷
    • 7.1 全有限回転から区間回転の算出
    • 7.2 海洋底拡大と区間回転
    • 7.3 海洋底全有限回転から区間回転の算出
    • 7.4 全球プレート運動史の算出
    • 7.5 トリスタンホットスポットに対する全球プレート運動
    • 7.6 ハワイホットスポット軌跡による算出プレート運動の検定
    • 7.7 プレート運動の作図
    • 7.8 プレート相対運動の変遷
    • 7.9 断裂帯方向変化とプレート相対運動変遷
    • 7.10 総拡大面積と総収束面積の変遷
    • 7.11 海洋底更新速度と海水準および地磁気逆転頻度の変動
    • 7.12 拡大半球と収束半球区分の変遷
  • 第8章 剛体プレートのプレートダイナミクス
    • 8.1 新全球テクトニクスとプレートテクトニクスの相異
    • 8.2 剛体の定義とプレート
    • 8.3 プレート運動の力学,プレートダイナミクスの法則
    • 8.4 プレート変動回転の算出
    • 8.5 プレートの変動回転から力のモーメント算出
    • 8.6 着力大円と仮想応力の方位
    • 8.7 球殻の慣性モーメント
    • 8.8 慣性テンソル
    • 8.9 慣性テンソルの算出
    • 8.10 慣性テンソルの固有値と固有ベクトルの算出
    • 8.11 プレートの重心・長径・短径と慣性テンソル
    • 8.12 プレートの等価楕円
    • 8.13 仮想応力の計算例
  • 第9章 絶対運動と余剰回転
    • 9.1 プレートの相対運動から絶対運動へ
    • 9.2 余剰回転と総回転の算出
    • 9.3 宇宙測地計測とITRF
    • 9.4 過剰変動回転と総変動回転の算出
    • 9.5 無余剰回転モデルと曳引抵抗
    • 9.6 余剰回転NRと余剰変動回転difNRのプレートダイナミクス
    • 9.7 30Ma以後の曳引抵抗とスラブ
    • 9.8 スラブ沈み込みと余剰回転と余剰変動回転のプレートダイナミクス
  • 第10章 プレートダイナミクス変遷史
    • 10.1 プレートを駆動する力
    • 10.2 K−T境界のプレートダイナミクス
    • 10.3 ヒマラヤ衝突のプレートダイナミクス
    • 10.4 大西洋拡大とベーリング海峡閉鎖
    • 10.5 天皇海山列−ハワイ列島屈曲
    • 10.6 30Maの全球変換とアンデス山脈
    • 10.7 太平洋のプレートダイナミクス
    • 10.8 プレートダイナミクスを記録する縁海
    • 10.9 拡大・収束面積による年代区分とプレートダイナミクス
  • 第11章 小円連鎖沈み込み境界の進化
    • 11.1 沈み込みスラブの形状と沈み込み境界
    • 11.2 スラブ沈み込みの直視観察
    • 11.3 プレート運動モデルと異なる字宙測地計測結果
    • 11.4 房総沖収束三重会合点とスラブ沈み込み最小曲率半径
    • 11.5 凹角沈み込み境界と背面破断
    • 11.6 島弧多重衝突帯南部フォッサマグナ
    • 11.7 背面破断と島弧多重衝突
    • 11.8 南部フォッサマグナ多重衝突周期
    • 11.9 多重衝突周期とスラブ切断
    • 11.10 関東構造盆地の進化
  • 付録Ⅰ 地図投影図法
    • Ⅰ.1 球面を平面に表す地図
    • Ⅰ.2 円筒図法
    • Ⅰ.3 円錐図法
    • Ⅰ.4 平面投影図法
  • 付録Ⅱ 回転テンソルの導出
    • Ⅱ.1 オイラー回転と回転テンソル
    • Ⅱ.2 オイラー回転の実現直交3軸のまわりの回転テンソル
    • Ⅱ.3 直交3軸回転テンソルの重ね合わせ