サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

11/1~ <honto限定!電子おまけ>3社合同・小田原みづえキャンペーン(~11/30)

目次

愛の労働あるいは依存とケアの正義論

愛の労働あるいは依存とケアの正義論

  • エヴァ・フェダー・キテイ(著)/ 岡野 八代(監訳)/ 牟田 和恵(監訳)
  • 序章
    • 逃げていく平等
    • フェミニストによる平等批判
    • 女性はそれでも平等を望むべきか?
  • 第Ⅰ部 愛の労働−依存は何を要請しているのか
  • 第1章 依存と平等の関係
    • 「お母さんの子どもである」ということ
    • 人間の条件としての依存
  • 第2章 脆弱性と依存関係の道徳
    • 依存労働者の透明な自己
    • 依存労働者の道徳的義務とケアの倫理
    • 依存労働者に対する道徳的義務
  • 第Ⅱ部 政治的リベラリズムと人間の依存
    • 平等論の妥当性基準としての依存
    • 平等の役割と前提
    • ロールズの議論の概要
  • 第3章 平等の前提
    • 秩序だった社会のための正義の環境
    • 「すべての市民は十分に協働しうる構成員」という理念化
    • 自由な人格とは「正当な要求を自ら生み出す者」である
  • 第4章 社会的協働の恩恵と負担
    • 道徳的人格がもつ二つの能力と基本財のリスト
    • 社会的協働という公共的構想
    • 結論−正義の原理と依存への関心
  • 第Ⅲ部 みな誰かお母さんの子どもである
    • はじめに
  • 第5章 政策とケアの公的倫理
    • 福祉改悪
    • 福祉の正当化
    • 育児介護休業法
    • 真の福祉改革−ドゥーリアにもとづく福祉という展望
  • 第6章 「私のやり方じゃなくて、あなたのやり方でやればいい。セーシャ。ゆっくりとね。」−個人的な語り
    • 子どもが生まれる
    • セーシャ二七歳
    • 母親業を可能にする条件と重度障碍児をケアするという挑戦
    • 母親業の分担−依存的存在をケアするという労働
    • もうひとつの道−これまで歩んだことのない道へ
  • 第7章 違いのある子どもへの母的思考
    • 生命を保護する愛
    • 受容のための社会化
    • 成長を促す
    • 障碍のケアと社会正義
    • 理論家のための教え