サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章 問題の所在
    • 1 問題の所在
    • 2 教育行政学の課題との関連でイギリスの教育改革をみる
  • 1章 労働党の幻の教育改革案
    • 1 キャラハン首相のラスキン・カレッジ演説の意義
    • 2 テーラー・レポートにおける学校評議会の位置
    • 3 職業訓練政策
    • 4 1979年の総選挙と選挙綱領
  • 2章 サッチャー政権の教育政策
    • 1 政権誕生の背景−イギリス社会の変貌
    • 2 1980年教育法の成立
    • 3 キース・ジョーセフ教育科学大臣時代の教育改革
    • 4 ケネス・ベーカー教育科学大臣と1988年教育改革法
    • 5 左派教育学者達による公教育制度批判と理論的混迷
    • 6 ナショナルカリキュラムと新自由主義的教育政策
  • 3章 サッチャー改革,その後の変遷
    • 1 カリキュラムと教員養成政策
    • 2 評価制度と評価者
    • 3 LEAの弱体化政策
    • 4 その他の分野
    • 5 保守党政権の教育政策の評価
  • 4章 保守党政権下の教育の実態
    • 1 ロンドン市ワンズワース区の実践
    • 2 バーバーとハックニー−唯一の教育アソシエーション設置ケース
  • 5章 新労働党の教育政策
    • 1 「第三の道」への道
    • 2 ブレア党首の誕生と新労働党
    • 3 ブレア新労働党政権(第一期)の教育政策
    • 4 新労働党政権の地方自治体政策
  • 終章 まとめと展望
  • 補論 イギリスの教育改革から学ぶものとは何か
    • 1 はじめに
    • 2 日本とイギリスの公教育制度にみる差異
    • 3 日本とイギリスの公教育制度がもつ共通の課題−「選択」と「責任」
    • 4 能力主義と平等問題に関して