サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

8/1【HB】honto withアプリカード利用でポイント2倍キャンペーン (~8/31)

目次

  • 序章 基礎データの整備
    • 1.元データ
    • 2.語のコード化
    • 3.その他の処理
  • 第1章 和歌語彙と散文語彙の性格
    • 1.はじめに
    • 2.和歌語彙の性格
    • 3.散文語彙の性格
    • 4.和歌語彙と散文語彙との比較Ⅰ
    • 5.和歌語彙と散文語彙との比較Ⅱ
    • 6.まとめ
  • 第2章 仮名散文作品の語彙の性格
    • 1.これまでの研究
    • 2.本書において取り上げる作品
    • 3.『大鏡』と『源氏物語』の位置づけ
    • 4.『伊勢物語』の位置づけ
    • 5.日記文学の位置づけ
    • 6.『枕草子』の位置づけ
    • 7.仮名散文作品の使用語彙の性格
  • 第3章 歌物語の語彙
    • 1.はじめに
    • 2.文学作品としての「歌物語」
    • 3.「歌物語」3作品間の全体的比較
    • 4.「歌物語」3作品の散文語彙と和歌語彙の比較
    • 5.「歌物語」3作品と平安朝仮名散文作品との比較
    • 6.使用語彙の性格の違いの要因
    • 7.まとめ
  • 第4章 八代集における和歌語彙の変容を検証
    • 1.八代集中の「けしき」
    • 2.漢詩文中の「けしき」
    • 3.平安朝仮名散文中の「けしき」
    • 4.歌合中の「けしき」
    • 5.私家集中の「けしき」
    • 6.和歌史上の『後拾遺集』
  • 第5章 歌風変移の契機としての『拾遺集』
    • 1.『拾遺集』の「心」「姿」
    • 2.『拾遺集』の「詞」
    • 3.『拾遺集』における初出語句の性格
    • 4.まとめ