サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

講座認知言語学のフロンティア 4 言語運用のダイナミズム

講座認知言語学のフロンティア 4 言語運用のダイナミズム

  • 山梨 正明(編)/ 崎田 智子(著)/ 岡本 雅史(著)
  • 第1章 認知語用論
    • 1.1 認知科学における認知語用論
    • 1.2 言語学における従来の認知語用論
    • 1.3 新しい認知語用論
  • 第2章 認知と談話・情報
    • 2.1 談話とは何か
    • 2.2 言語の構成要素:談話と認知の言語単位
    • 2.3 談話を特徴づけるもの
    • 2.4 認知言語学から談話へのアプローチ
    • 2.5 まとめ:談話情報理論と認知言語学の接点
  • 第3章 認知と対話・文法
    • 3.1 談話における文法の創発性
    • 3.2 対話における言語の構築メカニズムとその認知的背景
    • 3.3 まとめ:対話統語論と認知言語学の接点
  • 第4章 認知語用論から見た言語理解の諸相
    • 4.1 言語から発話事態へ
    • 4.2 話者の認知・聴者の認知
    • 4.3 ICMに基づく言語コミュニケーション評価
  • 第5章 レトリックが照らす認知とコミュニケーションの相互関係
    • 5.1 直喩とメタファー:事態認知のグラウンディング
    • 5.2 メトニミー・リンクとシネクドキ・リンク
    • 5.3 ヘッジ表現と理解提示方略:認知の前景化としてのメタ認知
    • 5.4 アイロニー:認知的逸脱の発見と帰属
    • 5.5 発話を「理解」すること
  • 第6章 認知語用論:総括と展望
    • 6.1 認知語用論は何を問題とするのか?
    • 6.2 認知語用論の今後の展開