サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

放射光科学入門 改訂版

放射光科学入門 改訂版

  • 渡辺 誠(編)/ 佐藤 繁(編)
  • 1.序−放射光の特徴と有用性
    • 1・1 発展の歴史
    • 1・2 放射光の特性
    • 1・3 利用研究
    • 1・4 他の光源との比較
  • 2.放射光の発生原理
    • 2・1 電子の相対論的力学
    • 2・2 運動する電子からの電磁波
    • 2・3 円運動からの光
    • 2・4 アンジュレータからの光
  • 3.光源加速器
    • 3・1 全体の構成
    • 3・2 電子ビームの軌道
    • 3・3 高周波加速
    • 3・4 電子ビームの寿命,不安定性
    • 3・5 コヒーレント光の発生
  • 4.物質の光応答
    • 4・1 物質と光の電磁気学
    • 4・2 物質の光応答の微視的古典論
    • 4・3 光遷移の量子論
  • 5.分光技術
    • 5・1 物質の光吸収
    • 5・2 集光鏡
    • 5・3 分光器
    • 5・4 フィルター
    • 5・5 偏光子
    • 5・6 検出器
    • 5・7 時間分解測定
    • 5・8 ビームライン
  • 6.気体の真空紫外・軟X線分光
    • 6・1 原子分光
    • 6・2 分子分光
  • 7.固体の真空紫外・軟X線分光
    • 7・1 結晶の電子構造
    • 7・2 結晶における光遷移過程
    • 7・3 分光測定
    • 7・4 半導体,イオン結晶
    • 7・5 金属
    • 7・6 高温超伝導体
    • 7・7 有機材料
    • 7・8 金属メゾスコピック系の光電子スペクトル
    • 7・9 固体表面
  • 8.放射光照射を用いるプロセスの研究
    • 8・1 表面光化学
    • 8・2 微細加工
  • 9.X線回折による構造解析
    • 9・1 結晶における弾性散乱
    • 9・2 回折測定法
    • 9・3 高温超伝導体,有機伝導体および強誘電体の構造解析
    • 9・4 電荷・軌道秩序系−ペロブスカイト型Mn酸化物−
    • 9・5 高圧下での構造解析
    • 9・6 蛋白質
    • 9・7 水面の単分子膜の構造
    • 9・8 非周期系
  • 10.EXAFSによる局所構造解析
    • 10・1 X線吸収分光とEXAFS
    • 10・2 EXAFSの式
    • 10・3 結晶の局所構造解析
    • 10・4 非晶質物質のEXAFSおよびX線回折による構造解析の比較
    • 10・5 金属蛋白質
  • 11.蛍光X線による元素分析と構造解析
    • 11・1 蛍光X線分析
    • 11・2 蛍光X線ホログラフィ
  • 12.X線非弾性散乱
    • 12・1 X線非弾性散乱のあらまし
    • 12・2 X線非弾性散乱の散乱断面積
    • 12・3 X線非弾性散乱スペクトル
  • 13.赤外分光
    • 13・1 放射光赤外線の特徴
    • 13・2 赤外ビームライン
    • 13・3 固体および気体吸着表面の赤外分光
  • 14.イメージング
    • 14・1 イメージングとコントラスト
    • 14・2 結像光学系によるイメージング
    • 14・3 X線トポグラフィ
  • 付録
    • A.光の結像に関する事柄
    • B.偏向部からの光のスペクトルと平均光子エネルギー
    • C.偏向部からの光の角度分布
    • D.アンジュレータからの光のスペクトル
    • E.自由電子レーザー
    • F.クーロン場と自由空間における波動方程式の極座標解
    • G.ファノ効果
    • H.ボルン−オッペンハイマー近似,フランク−コンドン因子
    • I.ファンホーベ特異性
    • J.磁気光学効果
    • K.磁気モーメント
    • L.エネルギー損失関数