サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

憲法訴訟法 ヨーロッパとラテン・アメリカにおける学問としての起源と発展

憲法訴訟法 ヨーロッパとラテン・アメリカにおける学問としての起源と発展 (翻訳叢書)

  • エドゥアルド・フェレル・マック=グレゴル(著)/ 北原 仁(訳)
  • 第1章 序章
  • 第2章 憲法裁判と憲法訴訟法−ヨーロッパとラテン・アメリカは,同時並行的に発展したのだろうか
  • 第3章 統合か共存か
  • 第4章 学問として自立性の強化に向けて
  • 第5章 訴訟法学と憲法学
  • 第6章 歴史的社会現象と学問としての憲法訴訟法
  • 第7章 ケルゼン−憲法訴訟法の創始者か(1928年〜1942年)
  • 第8章 アルカラ=サモラと学問的洗礼(1944年〜47年)
  • 第9章 コウトゥーレと訴訟による憲法保障(1946年〜48年)
  • 第10章 カラマンドレイとその訴訟法・憲法への学問的貢献(1950年〜56年)
  • 第11章 カペレッティと自由の憲法裁判(1955年)
  • 第12章 フィクス=サムディオの概念・体系論
  • 第13章 終章