サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

認知と社会の語用論 統合的アプローチを求めて

認知と社会の語用論 統合的アプローチを求めて (言語学翻訳叢書)

  • ジェフ・ヴァーシューレン(著)/ 東森 勲(監訳)/ 五十嵐 海理(訳)/ 春木 茂宏(訳)/ 大村 吉弘(訳)/ 塩田 英子(訳)/ 飯田 由幸(訳)
  • 序論
    • 0.1 言語資源の言語学:言語理論の部門
    • 0.2 言語使用の言語学:視点としての語用論
    • 0.3 語用論と学際性
    • 0.4 言語の意味付け機能
    • 0.5 終わりなき課題
    • 0.6 要約とさらなる研究に向けて
    • 0.7 本書の構成
  • 第1部 語用論的視点とは何か
  • 第1章 言語と言語使用
    • 1.1 語用論の一般的なテーマ
    • 1.2 よく知られた研究トピックが共有するもの
    • 1.3 意図性(intentionality)の問題
    • 1.4 言語使用のジャンル
    • 1.5 要約とさらなる研究のために
    • 1.6 研究課題
  • 第2章 基本概念
    • 2.1 選択すること
    • 2.2 言語的選択の多様性、言語的選択の変更可能性、言語的選択の適合性
    • 2.3 言語的選択の適合性と普遍性
    • 2.4 4つの研究の視点
    • 2.5 要約とさらなる研究のために
    • 2.6 研究課題
  • 第2部 言語の意味付け機能の諸相
  • 第3章 コンテクスト
    • 3.1 全体像
    • 3.2 コミュニケーションにおけるコンテクストの成分
    • 3.3 言語学的伝達経路と言語的コンテクスト
    • 3.4 コンテクストの生成
    • 3.5 要約とさらなる研究のために
    • 3.6 研究課題
  • 第4章 構造
    • 4.1 言語、コード、スタイル
    • 4.2 発話の構成要素
    • 4.3 発話と発話の集合体
    • 4.4 発話構成原理
    • 4.5 統合的な選択決定
    • 4.6 要約とさらなる研究のために
    • 4.7 研究課題
  • 第5章 ダイナミックス
    • 5.1 コミュニケーションにおけるダイナミックスを「位置付ける」
    • 5.2 行動、事象、そして意味フレーム
    • 5.3 意味の生成における方略
    • 5.4 相互的な意味生成におけるダイナミックス
    • 5.5 要約とさらなる研究のために
    • 5.6 研究課題
  • 第6章 際立ち
    • 6.1 社会の中の心
    • 6.2 知覚と心的麦示・プランニング・記憶
    • 6.3 際立ちの度合い
    • 6.4 メタ語用論的意識
    • 6.5 要約とさらなる研究のために
    • 6.6 研究課題
  • 第3部 語用論のトピックと動向
  • 第7章 ミクロ語用論の諸問題
    • 7.1 語用論的視点を必要とする言語資源
    • 7.2 小規模なやりとりの語用論
    • 7.3 要約とさらなる研究のために
    • 7.4 研究課題
  • 第8章 マクロ語用論の諸問題
    • 8.1 マクロレベルにおける言語資源の語用論的視点
    • 8.2 言語使用におけるマクロ処理
    • 8.3 要約とさらなる研究のために
    • 8.4 研究課題
  • 第9章 語用論への展望
    • 9.1 語用論形成の歴史的変遷
    • 9.2 語用論の境界を定める問題
    • 9.3 言語的選択適合性理論としての語用論の先がけとなった研究と平行した研究
    • 9.4 学際的研究についての再考
    • 9.5 さらに研究をしたい人のために