サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 第1章 構造力学の基礎
    • 1.1 構造力学ができるようになるためには
    • 1.2 単位と次元
    • 1.3 近似
    • 1.4 有効数字
    • 1.5 数学の定義,定理と公式
    • 1.6 ギリシャ文字
  • 第2章 建築構造力学の概要
    • 2.1 建築構造力学の概要
    • 2.2 建築構造力学を学ぶことの意味
  • 第3章 ニュートン力学
    • 3.1 質点の運動の3法則
    • 3.2 剛体の釣合い
    • 3.3 仕事
  • 第4章 構造物のモデル化と対象とする部材
    • 4.1 構造物のモデル化
    • 4.2 荷重・節点・支点のモデル化の種類
    • 4.3 梁・柱とその基礎式
    • 4.4 トラス構造
    • 4.5 安定と不安定・静定と不静定
  • 第5章 力の釣合い
    • 5.1 構造物に作用する力
    • 5.2 節点と支点
    • 5.3 構造物の安定と不安定および静定と不静定
    • 5.4 静定構造物の支点反力
    • 5.5 部材の断面力算定法と断面力の符号
    • 5.6 静定梁および静定骨組の断面力解析
    • 5.7 静定トラスの断面力解析
  • 第6章 ひずみと変位の関係
    • 6.1 変位とひずみ
    • 6.2 幾何学的境界条件
    • 6.3 梁の変形の仮定(平面保持の仮定)
    • 6.4 ひずみと変位の関係
  • 第7章 応力とひずみの関係と断面諸量
    • 7.1 材料の応力とひずみの関係
    • 7.2 部材の断面力とひずみの関係
    • 7.3 軸力と曲げを受ける部材の最大応力と断面諸量
  • 第8章 梁のたわみの算定
    • 8.1 微分方程式を用いたたわみの算定
    • 8.2 モールの定理を用いたたわみの算定
    • 8.3 テイラー展開を応用したたわみの算定
    • 8.4 軸力の影響を考慮したたわみの算定
  • 第9章 たわみ角法
    • 9.1 たわみ角法の基本仮定
    • 9.2 たわみ角法の基本式
    • 9.3 力の釣合い条件式と変形の適合条件式
    • 9.4 座屈たわみ角法
  • 第10章 固定法
    • 10.1 固定法の解法原理と計算手順
    • 10.2 特殊な場合の有効剛比
    • 10.3 節点移動のある場合の解法
  • 第11章 ダイバージェンスの定理
    • 11.1 ダイバージェンスの定理
    • 11.2 単位仮想荷重法
    • 11.3 単位仮想変位法
  • 第12章 仕事の原理
    • 12.1 仮想仕事の原理
    • 12.2 補仮想仕事の原理
  • 第13章 エネルギの原理
    • 13.1 最小ポテンシャルエネルギの原理
    • 13.2 最小コンプリメンタリエネルギの原理
    • 13.3 カスティリアーノの定理,エンゲッサーの定理,最小仕事の定理,相反定理
  • 第14章 近似解法
    • 14.1 仕事の原理,エネルギの原理に基づく近似解法
    • 14.2 重みつき残差法
    • 14.3 差分法
    • 14.4 数値積分法
    • 14.5 有限要素法