サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 序文 金時鐘を〈読む〉ということ
  • 序章 「短歌抒情の否定」が目指すもの
    • はじめに
    • 第一節 唱歌による実存と認識の変質
    • 第一節 日本近代詩歌からの影響−あるべき美としての「短歌的抒情」
    • 第三節 本研究の視座
    • 第四節 本研究の構成
  • 第一章 「短歌的抒情」の形成史
    • 第一節 『新体詩抄初編』の役割−「音調」、「平常ノ語」、「本音」
    • 第二節 明治二〇年代における詩の形式と内容に関する議論
    • 第三節 形式と内容のナショナルな編成−日清戦争と詩
    • 第四節 リズムと抒情の循環−島村抱月の共同化するリズム
    • 第五節 時枝誠記のリズム理論−リズムと抒情の認識への影響について
  • 第二章 『乳色の雲』から『再訳朝鮮詩集』へ
    • はじめに
    • 第一節 金素雲訳『乳色の雲』の受容の仕方−佐藤春夫を中心に
    • 第二節 「半創作」的翻訳とは何か−『朝鮮詩集』の基調
    • 第三節 「こころの翻訳」−「私」と対象の分節、自己触発
    • 第四節 金時鐘訳『再訳朝鮮詩集』について
    • 第五節 翻訳が認識に与える影響について−植民地状況を中心に
  • 第三章 小野十三郎と金時鐘
    • はじめに
    • 第一節 「リズム」と「音楽」について
    • 第二節 「批評」−言葉、生活、素朴さ、科学
    • 第三節 「批評」と「リズム」の関係
    • 第四節 金時鐘における小野受容について−「自然」と距離をめぐって
  • 第四章 初期詩篇論
    • はじめに
    • 第一節 『地平線』について
    • 第二節 『日本風土記』について−距離の多様な表現
  • 第五章 〈道〉と自己
    • 第一節 道と変身
    • 第二節 内部と外部からもたらされる自己喪失の危機
    • 第三節 「擬態」としての自己と朝鮮話の関係
  • 第六章 意志について
    • 第一節 帰国事業について
    • 第二節 「あいつ」の意志について
    • 第三節 「ぼく」の意志について
    • 第四節 「変身」と「意志」に基づく言語実践−「日本話への報復」の現われ
  • 第七章 自己変容を通じた世界の開示
    • 第一節 世界の開示(一)−日本
    • 第二節 世界の開示(二)−故郷について
    • 第三節 世界の開示(三)−船から骨へ、済州島四・三事件を証言する詩
  • 結論 リズムと抒情の詩学