サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

  • 第1章 序
    • 1−1 基本的な問題意識
    • 1−2 背景にある問題意識
    • 1−3 本書の課題
  • 第2章 事前請求権の根拠に関する通説批判
    • 2−1 保証委託の内容論と費用の範囲論
    • 2−2 費用発生の確実性
    • 2−3 根拠論の小括
    • 2−4 通説における根拠論と効果論のバランス
  • 第3章 清算目的説の基本発想
    • 3−1 従来の学説との関係
    • 3−2 清算目的説の理論的前提
    • 3−3 弁済期到来以外の契機
  • 第4章 請求権の内容
    • 4−1 金銭債権の付与
    • 4−2 担保供与による事前請求権の回避
    • 4−3 主債務の成否や金額が確定しない場合
  • 第5章 金銭債権の形をとる清算請求権の清算対象と交付金銭の給付保持力
    • 5−1 給付保持力に関する従来の議論
    • 5−2 清算目的説における清算対象
    • 5−3 小括
  • 第6章 二重弁済リスクの回避に関する制度的保障の要否
    • 6−1 従来の議論
    • 6−2 単純な事前請求の場合
    • 6−3 事前請求権を自働債権とする相殺
    • 6−4 求償担保が設定されている場合における実行や配当
    • 6−5 委任事務処理費用説における制度目的
  • 第7章 個別問題
    • 7−1 保証委託における信用供与期間
    • 7−2 事前請求権者の範囲
    • 7−3 461条2項による事前請求回避の方法
    • 7−4 461条1項の請求内容
    • 7−5 事前請求権の特殊性
  • 第8章 事前請求訴訟の紛争実態
    • 8−1 事前請求制度の必要性
    • 8−2 実質的な争点と裁判所の判断構造との齟齬
    • 8−3 相殺ケースの裁判例
  • 第9章 立法論の課題
    • 9−1 立法論における基本的検討課題
    • 9−2 立法論における具体的な考慮要素
  • 第10章 総括

金融 ランキング

金融のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む