サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

  • 序章 日本は動物愛護にあふれた国なのか?
    • ◆愛犬ポチが教えてくれたこと
    • ◆犬や猫にも心がある
    • ◆殺処分される大量の犬や猫たち
  • 第1章 最期まで飼うということ
    • ◆「いやされる」と思う気持ちを持ち続けられるか
    • ◆なぜ野良猫がいるのか
    • ◆愛玩動物って何だろう
    • ◆苦難の熱帯魚飼育
    • ◆餌は生きた金魚!?
    • ◆新しい飼い主にめぐり会えて
    • ◆都会の川を怪魚が泳ぐ
    • ◆捨てられたペットが外来種になる
    • ◆なぜマングースは野に放たれたのか
    • ◆人と毒蛇、その闘いの歴史
    • ◆ハブの被害をどうにかしたかった
    • ◆最期までめんどうを見ることが、地域の自然を守ることに
    • ◆年老いた犬や猫が捨てられるとき
  • 第2章 なぜペットが殺されるのか?
    • ◆『動物愛護管理法』の存在
    • ◆犬や猫を捨てると犯罪になる
    • ◆少年犯罪が罰金を重くした
    • ◆動物愛護センターって、どんな場所?
    • ◆犬や猫が飼い主に見捨てられたあと
    • ◆センターに響く悲しみの叫び
    • ◆収容された犬や猫はどうなるのか
    • ◆「眠って、夢を見るがごとく」と名付けた苦悩
    • ◆バットで殴り、毒で殺していた時代もあった
    • ◆毎朝、線香をあげ、手を合わせる
    • ◆肥料となった骨が語りかけるもの
    • ◆税金と資源の無駄遣い
    • ◆初めて見た動物愛護センターの現場
  • 第3章 捨てられたペットが殺されるとき
    • ◆「衝動飼い」の結末
    • ◆親子関係の崩壊
    • ◆ペットにもブームがある
    • ◆センター職員の苦しい胸の内
    • ◆「悲しみの感情もなく」と非難されて
    • ◆「動物愛護センターは必要だと思いますか?」
    • ◆売れ残ったペットが収容されたとき…
    • ◆不幸な命を産ませない
    • ◆動物愛護センターにおける犬猫の譲渡会
    • ◆模範的な飼い主とは?
    • ◆イモ畑に捨てられていた麻袋の中身
    • ◆「動物愛護週間」が意味するもの
    • ◆捨て犬、捨て猫でひと儲け?
    • ◆長生きさせてくれて、ほんとうにありがとう
  • 第4章 ペットと動物のはざまで
    • ◆屠畜場からの叫びを聞いた子どもの頃
    • ◆豚の世話は子どもの仕事だった
    • ◆「もったいない」の気持ちをどれだけ持てるか
    • ◆中国で食べた犬の味
    • ◆数々の生きた「食材」
    • ◆飼い犬が怒った理由
    • ◆研究所で食べたウサギ
    • ◆インターネットの普及がペット文化を変えた
    • ◆特定動物って何?
    • ◆宅配便で届けられていた毒蛇
    • ◆野生の力を感じた瞬間
    • ◆ペットの身元証明
    • ◆なかなか進まないマイクロチップの普及
  • 第5章 多様なペットと向き合ってみて
    • ◆名人は今もいるのだろうか?
    • ◆生物多様性の視点から
    • ◆教室でもペットの世話
    • ◆絶滅危惧種をペットとして飼育する
    • ◆一家一族の象徴としての牛
    • ◆牛がつなぐ地域と家族のきずな
    • ◆闘牛は動物虐待か?
  • 終章 絶望から見出す希望
    • ◆30年ぶりのウサギ小屋
    • ◆殺処分予定だった犬は学校では飼えない?
    • ◆動物愛護センターを見学すると、トラウマになる?
    • ◆わずかな希望に思いを馳せる

理科・自然科学 ランキング

理科・自然科学のランキングをご紹介します一覧を見る