サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

有機化学

有機化学 (化学マスター講座)

  • 大嶌 幸一郎(ほか編/著)/ 富岡 清(著)/ 水野 一彦(著)
  • 1 有機化合物の構造
    • 1・1 原子における電子の配置−価電子
    • 1・2 イオン結合ならびに共有結合と8電子則
    • 1・3 ルイス構造式と形式電荷
    • 1・4 元素の電気陰性度と分極した共有結合
    • 1・5 共鳴構造式
    • 1・6 分子軌道
    • 1・7 メタンならびにエタンの構造−sp3混成軌道
    • 1・8 エチレンの構造−sp2混成軌道
    • 1・9 アセチレンの構造−sp混成軌道
    • 練習問題
  • 2 有機化合物の種類・官能基
    • 2・1 分子骨格による有機化合物の分類
    • 2・2 官能基による有機化合物の分類
    • 2・3 極性をもった分子
    • 2・4 分子間にはたらく力
    • 2・5 溶媒の種類と溶媒効果
    • 練習問題
  • 3 有機反応−酸と塩基
    • 3・1 反応の種類
    • 3・2 酸と塩基
    • 3・3 反応の速度論および熱力学
    • 3・4 反応の選択性
    • 3・5 反応中間体
    • 3・6 同位体効果
    • 練習問題
  • 4 化合物の命名法とアルカンの性質
    • 4・1 アルカン,アルケン,ハロアルカンならびにアルコールのIUPAC命名法
    • 4・2 アルカンおよびシクロアルカンの性質
    • 4・3 配座異性体
    • 4・4 シクロヘキサンの立体配座
    • 練習問題
  • 5 有機化合物の立体構造
    • 5・1 立体異性体の分類
    • 5・2 シス−トランス異性体およびE,Z異性体
    • 5・3 エナンチオマー(鏡像異性体)とキラル分子
    • 5・4 エナンチオマーの性質,光学活性
    • 5・5 絶対配置:R−S表示法
    • 5・6 立体構造の表示法
    • 5・7 ジアステレオマー
    • 5・8 光学活性化合物の合成−光学分割と不斉合成
    • 練習問題
  • 6 IRとNMR
    • 6・1 赤外(IR)分光法
    • 6・2 核磁気共鳴(NMR)分光法
    • 練習問題
  • 7 ハロアルカンの反応 SN1,SN2,E1,E2反応
    • 7・1 ハロアルカンの種類と命名法
    • 7・2 ハロアルカンの性質
    • 7・3 ハロアルカンの合成
    • 7・4 ハロアルカンの反応
    • 練習問題
  • 8 アルケンとアルキンの合成
    • 8・1 アルケンとアルキンの命名法
    • 8・2 アルケンの合成
    • 8・3 アルキンの合成
    • 練習問題
  • 9 アルケンとアルキンの反応
    • 9・1 ハロゲン化水素のアルケンへの求電子付加反応
    • 9・2 水およびアルコールのアルケンへの付加
    • 9・3 ハロゲン分子のアルケンへの付加
    • 9・4 オキシ水銀化
    • 9・5 ヒドロホウ素化
    • 9・6 ラジカル開始剤を用いるアルケンへの臭化水素の付加反応
    • 9・7 アリル位の臭素化
    • 9・8 エポキシ化
    • 9・9 オスミウム酸化
    • 9・10 オゾン分解
    • 9・11 水素化
    • 9・12 シクロプロパン化
    • 9・13 共役ジエンの反応
    • 9・14 アルキンの水素化
    • 9・15 アルキンへのハロゲンの付加
    • 9・16 アルキンへのハロゲン化水素の付加
    • 9・17 アセチレンへの水の付加
    • 9・18 アセチリドの生成
    • 練習問題
  • 10 芳香族化合物の反応
    • 10・1 ベンゼンの構造と芳香族性
    • 10・2 芳香族化合物の命名法
    • 10・3 芳香族化合物の反応
    • 練習問題
  • 11 ラジカル反応
    • 11・1 ラジカルの発生法−結合のホモリティック開裂
    • 11・2 結合解離エネルギーとラジカルの相対安定性
    • 11・3 アルカンとハロゲン分子の反応−ハロアルカンの生成
    • 11・4 ハロアルカンのスズヒドリドによる還元
    • 11・5 シクロヘキサンの光ニトロソ化反応−東レ法
    • 11・6 アルカンの熱分解(ナフサのクラッキング)
    • 11・7 エチレンのラジカル重合
    • 11・8 クメンヒドロペルオキシドの合成−フェノール合成
    • 11・9 アルケンに対するHBrのラジカル付加−逆マルコフニコフ付加反応
    • 練習問題
  • 12 アルコールとエーテル
    • 12・1 アルコールの命名法
    • 12・2 アルコールの構造と物理的性質
    • 12・3 アルコールの合成と反応
    • 12・4 エーテルの構造と物理的性質ならびに命名法
    • 12・5 エーテルの合成と反応
    • 練習問題
  • 13 アルデヒドとケトン(求核付加反応)
    • 13・1 アルデヒドとケトンの命名
    • 13・2 アルデヒドおよびケトンの合成法
    • 13・3 カルボニル化合物の反応牲
    • 13・4 グリニャール反応剤のカルボニル化合物への付加反応
    • 13・5 ウイッティヒ反応によるアルケンの合成
    • 13・6 バイヤー−ビリガー酸化によるエステルの生成
    • 練習問題
  • 14 アルデヒドとケトン(エノラート)
    • 14・1 ケト−エノール互変異性
    • 14・2 アルデヒド,ケトンのハロゲン化とハロホルム反応
    • 14・3 アルデヒドおよびケトンのアルキル化
    • 14・4 アルドール反応
    • 14・5 交差アルドール反応−2種類のアルデヒド間のアルドール反応
    • 14・6 分子内アルドール反応
    • 14・7 エノラートイオンの共役付加反応−マイケル付加およびロビンソン環化
    • 14・8 エステル2分子の反応−クライゼン縮合
    • 練習問題
  • 15 カルボン酸とその誘導体
    • 15・1 カルボン酸
    • 練習問題
  • 16 β‐ジカルボニル化合物の合成と反応
    • 16・1 β‐ジカルボニル化合物の合成
    • 16・2 β‐ジカルボニル化合物の反応
    • 練習問題
  • 17 フェノールとハロゲン化アリール
    • 17・1 フェノール類およびハロゲン化アリールの命名法
    • 17・2 フェノールの構造と物理的性質
    • 17・3 フェノールの互変異性体
    • 17・4 フェノールの合成
    • 17・5 フェノール類の反応
    • 17・6 ハロゲン化アリールの合成
    • 17・7 ハロゲン化アリールの反応性
    • 練習問題
  • 18 アミン
    • 18・1 アミンの分類
    • 18・2 アミンの命名法
    • 18・3 アミンの物理化学的性質
    • 18・4 アミンの塩基性
    • 18・5 塩基性度
    • 18・6 アミンの合成
    • 18・7 アミドの生成
    • 18・8 芳香族アミンと亜硝酸の反応
    • 18・9 置換反応
    • 18・10 カップリング反応
    • 練習問題
  • 19 脂質
    • 19・1 脂質の分類
    • 19・2 ろう
    • 19・3 脂肪酸
    • 19・4 飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸
    • 19・5 油脂
    • 19・6 セッケン
    • 19・7 リン脂質
    • 19・8 ビタミンA,D,E,K
    • 19・9 ステロイド
    • 練習問題
  • 20 炭水化物
    • 20・1 炭水化物の表記法
    • 20・2 炭水化物の分類
    • 20・3 単糖の還元と酸化
    • 20・4 キリアニ−フィッシャー合成による炭素鎖の伸長
    • 20・5 環状へミアセタール
    • 20・6 ハワース投影式
    • 20・7 グリコシドの生成
    • 20・8 二糖
    • 20・9 多糖
    • 20・10 細胞表層の炭水化物
    • 練習問題
  • 21 アミノ酸とタンパク質
    • 21・1 アミノ酸
    • 21・2 アミノ酸の反応
    • 21・3 ペプチドの表現
    • 21・4 ペプチド結合の構造
    • 21・5 タンパク質やペプチド中のアミノ酸殿基間の相互作用
    • 練習問題
  • 22 核酸とタンパク質合成
    • 22・1 核酸
    • 22・2 一次構造
    • 22・3 DNAの二重らせん
    • 22・4 安定なDNA,切れやすいRNA
    • 22・5 DNAの複製
    • 22・6 RNAおよびタンパク質の生合成
    • 練習問題
  • 23 合成高分子
    • 23・1 高分子化合物
    • 23・2 高分子の合成法
    • 23・3 速鎖重合の活性種
    • 23・4 立体化学
    • 23・5 チーグラー−ナッタ触媒
    • 23・6 共重合
    • 23・7 逐次重合
    • 練習問題