サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

目次

ベーシック有機化学 第2版

ベーシック有機化学 第2版

  • 山口 良平(共著)/ 山本 行男(共著)/ 田村 類(共著)
  • 序章 有機化合物の歴史と現代有機化学の役割・意義
  • PART Ⅰ 有機化学の基礎概念
  • 1章 有機化合物の電子構造と化学結合
    • 1.1 化学結合
    • 1.2 酸と塩基
    • 〈章末問題〉
    • 〈トピックス〉立体構造式と分子モデル
  • 2章 有機化合物の分類・命名法および有機反応の基礎
    • 2.1 有機化合物の分類
    • 2.2 有機化合物の命名のしかた
    • 2.3 有機反応のかたちとしくみ
    • 〈章末問題〉
    • 〈トピックス〉形の特異な有機分子とその名称
  • 3章 有機化合物の立体構造
    • 3.1 立体異性体の分類
    • 3.2 立体配座異性体
    • 3.3 立体配置異性体
    • 〈発展項目〉
    • 3.4 中心性キラリティー以外のキラリティー
    • 〈トピックス〉絶対不斉合成
    • 〈章末問題〉
  • PART Ⅱ 有機化合物の基本構造と反応
  • 4章 脂肪族化合物の基本骨格と反応
    • 4.1 アルカンとシクロアルカン
    • 4.2 アルケン
    • 4.3 アルキン
    • 〈発展項目〉
    • 4.4 アルケンとアルキンのそのほかの重要な反応
    • 4.5 共役ジエンの反応
    • 4.6 分子軌道と協奏反応
    • 〈章末問題〉
    • 〈トピックス〉生理活性天然物アルケンとアルキン
  • 5章 芳香族化合物の基本骨格と反応
    • 5.1 芳香族化合物の構造と性質
    • 5.2 芳香族化合物の反応
    • 〈発展項目〉
    • 5.3 芳香族化合物のそのほかの重要な反応
    • 〈章末問題〉
    • 〈トピックス〉芳香環を含む医薬品と発がん物質
  • PART Ⅲ 官能基をもつ有機化合物とその反応
  • 6章 有機ハロゲン化物
    • 6.1 有機ハロゲン化物
    • 6.2 有機ハロゲン化物の反応
    • 〈発展項目〉
    • 6.3 求核置換反応に及ぼすそのほかの重要な効果
    • 〈章末問題〉
    • 〈トピックス〉有機ハロゲン化物の光と影
  • 7章 アルコールとフェノール,およびエーテルとエポキシド
    • 7.1 アルコールとフェノール
    • 7.2 エーテルとエポキシド
    • 〈発展項目〉
    • 7.3 エーテルのそのほかの重要な反応と性質
    • 7.4 関連する含硫黄化合物
    • 〈章末問題〉
    • 〈トピックス〉お茶とポリフェノール効果
  • 8章 アルデヒドおよびケトン
    • 8.1 アルデヒドとケトン
    • 8.2 アルデヒドとケトンの反応
    • 〈発展項目〉
    • 8.3 そのほかの重要な反応
    • 〈章末問題〉
    • 〈トピックス〉分子認織は化学のキーワード
  • 9章 カルボン酸およびカルボン酸誘導体
    • 9.1 カルボン酸
    • 9.2 カルボン酸誘導体
    • 9.3 ニトリル
    • 〈発展項目〉
    • 9.4 ラクタムの合成
    • 〈章末問題〉
    • 〈トピックス〉合成高分子と生分解性プラスチック
  • 10章 カルボニル化合物のもう一つの性質と反応性
    • 10.1 ケト−エノール互変異性
    • 10.2 α水素の酸性度とエノラートアニオンの生成
    • 10.3 エノラートアニオンの反応
    • 〈発展項目〉
    • 10.4 エノラートアニオンおよびエナミンが関与するそのほかの重要な反応
    • 10.5 1,4−付加反応(共役付加反応)
    • 〈章末問題〉
    • 〈トピックス〉環境問題を科学的に捉えるための三つの指針
  • 11章 アミンおよびその誘導体
    • 11.1 アミンとその誘導体
    • 11.2 アミンの合成
    • 11.3 アミンの反応
    • 〈章末問題〉
    • 〈トピックス〉神経系に作用するアミン誘導体
  • PART Ⅳ 生体物質の有機化学
  • 12章 基本となる生体物質
    • 12.1 炭水化物(糖質)
    • 12.2 核酸とその関連物質
    • 12.3 脂質
    • 12.4 アルカロイド
    • 〈章末問題〉
    • 〈トピックス〉生体内で情報報物質として働く糖鎖
  • 13章 アミノ酸・タンパク質,および酵素
    • 13.1 アミノ酸とタンパク質
    • 13.2 酵素と酵素反応
    • 〈章末問題〉
    • 〈トピックス〉緑色蛍光タンパク質の発見