サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

目次

仏画の尊容表現

仏画の尊容表現

  • 泉 武夫(著)
  • 序章 王朝仏画と儀礼
    • 一 王朝時代仏画への視座
    • 二 王朝の仏教儀礼の動向
    • 三 儀礼の中の仏画
    • 四 「善美」と「美麗」の深度
    • おわりに
  • 第一部 宗教的構想と形への表われ
  • 第一章 五大力菩薩画像をめぐる基盤的考察
    • はじめに
    • 一 有志八幡講本の概観
    • 二 仁王経と五大力菩薩
    • 三 初期の仁王会と五大力菩薩画像
    • 四 空海と仁王経儀礼
    • 五 五大力菩薩の図像系統
    • 六 平安時代における五大力・五方菩薩の対応型と有志八幡講本の尊名
    • 七 『五大力秘釈』と忿怒形化再説
    • 八 平安時代の仁王会と五大力画像
    • おわりに
  • 第二章 東寺のイコノロジー
    • 一 東寺諸堂の安置仏
    • 二 空海の戦略の二重性
    • 三 東寺両界曼荼羅の諸系統
    • 四 大治本御修法用画像の制作
  • 第三章 興福寺曼荼羅の図様と表現
    • はじめに
    • 一 図様構成
    • 二 景観年代の問題
    • 三 作風と表現
    • 四 表現の特色と制作年代
    • おわりに
  • 第二部 秘密修法と絵画
  • 第一章 青不動
    • はじめに
    • 一 奇妙な仕草
    • 二 若干の前提
    • 三 不動十九観
    • 四 青不動の画像と表現
    • 五 様式史上の位置
    • 六 不動画像の制作状況
    • 七 青不動の画技
    • おわりに
  • 第二章 愛染王法と千体画巻
    • はじめに
    • 一 後三条天皇をめぐる愛染信仰とその造形
    • 二 持物と効能
    • 三 千体愛染王画巻の紹介
    • 四 千体画巻の制作年代
    • 五 院政期の愛染信仰と多数尊の造像
    • おわりに
  • 第三章 如意輪観音画像考
    • はじめに
    • 一 図様
    • 二 細部の技法と表現
    • 三 図像上の問題
    • 四 表現の特色
    • おわりに
  • 第三部 異色の尊容とその背景
  • 第一章 異色の弥勒菩薩画像
    • はじめに
    • 一 京都国立博物館蔵の尊名未詳像
    • 二 ボストン美術館の弥勒菩薩像
    • 三 清凉寺の版画弥勒菩薩像
    • 四 京博本とボストン本の制作年代
    • 五 図像の由来
    • 六 日本における異色の弥勒図像の流布
    • 七 図像的問題の解決と制作背景
    • おわりに
  • 第二章 伝船中湧現観音像の図像と修法
    • はじめに
    • 一 三種図像の比較
    • 二 作品の表現と作風
    • 三 仁和寺本の梵字題辞と尊名の検討
    • 四 時処成就行法とその儀軌
    • 五 円珍との関連
    • 六 画像と円珍の思想とのかかわり
    • おわりに
  • 第三章 不動明王三童子五部使者像
    • 一 不動
    • 二 三童子五部使者
    • 三 背景表現
    • おわりに
  • 第四章 竹生島弁才天像
    • 一 竹生島と弁才天
    • 二 弁才天の図像
    • 三 眷属群の意味
    • 四 作風の特色と制作年代
    • おわりに
  • 第四部 図像の意味とその位置づけ
  • 第一章 唐本図像の世界
    • はじめに
    • 一 分類
    • 二 オリジナルの請来図像
    • 三 請来図像の転写本
    • おわりに
  • 第二章 笠置寺磨崖線刻菩薩像の制作時期をめぐって
    • はじめに
    • 一 図様
    • 二 拓本と法量
    • 三 資料にみる本磨崖仏
    • 四 表現と制作時期
    • 五 尊格と信仰背景
    • おわりに
  • 第三章 栖雲寺蔵伝虚空蔵画像について
    • はじめに
    • 一 栖雲寺本の図像と表現
    • 二 持物の由来
    • 三 大和文華館本六道絵との関連
    • 四 栖雲寺本の尊格
    • 五 伝来と流入経路
    • おわりに
  • 第五部 荘厳に込められた思想
  • 第一章 黒漆八角宝珠箱の金銀泥絵像とその意味
    • はじめに
    • 一 出現状況と由緒書
    • 二 金銀泥による諸尊の像容と宝珠
    • 三 龍王群の図像の由来
    • 四 蓋裏・身表諸尊の典拠
    • 五 絵画様式からの検討
    • 六 尊像構成の全体的構想と配置法
    • 七 儀礼と信仰背景
    • おわりに
  • 第二章 金剛峯寺蔵中尊寺経の金銀泥見返絵
    • はじめに
    • 一 絵師の担当形式
    • 二 画題
    • 三 構図
    • 四 経意絵の一側面
    • 五 見返絵図様表現の特色
  • 第三章 仏画にみる金銀使用
    • 一 金銀使用の新傾向
    • 二 様式史的問題
    • おわりに
  • 第四章 仏画における皆金色表現の成立
    • はじめに
    • 一 胎動期
    • 二 試行期
    • 三 成立期
    • おわりに
  • 第五章 仏画の荘厳と雲母の使用
    • はじめに
    • 一 十二世紀半ば以降における光輝表現の変化
    • 二 変化を示す三つの現象
    • 三 雲母の使用例
    • 四 銀と雲母
    • 五 文字資料との関連
    • 六 課題と展望
    • おわりに