サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

近代日本の政治構想とオランダ

近代日本の政治構想とオランダ

  • 大久保 健晴(著)
  • 序章 近代日本思想の黎明とオランダ
    • 第一節 江戸と明治を架橋する
    • 第二節 西周と津田真道のオランダ留学
  • 第一章 フィッセリング国法学講義と大政奉還
    • 第一節 フィッセリング法学の世界
    • 第二節 オランダ一八四八年憲法と『泰西国法論』
    • 第三節 儒学の再構成と徂徠学
    • 第四節 西周「議題草案」と大政奉還以後の政治構想
    • 第五節 明六社の設立と新たな知の誕生
  • 第二章 統計学の興隆と政治社会認識の変容
    • 第一節 統計学事始
    • 第二節 福沢諭吉における『文明論之概略』と「統計全体の思想」
    • 第三節 津田真道訳『表紀提綱』の思想世界
    • 第四節 経済学講義と「相生養の道」
    • 第五節 西周における政治社会認識の深化
    • 第六節 杉亨二による中央統計局構想と明治一四年の政変
  • 第三章 「万国公法」受容と文明化構想
    • 第一節 開国と万国公法
    • 第二節 フィッセリング五科講義における国際法講義の位置
    • 第三節 ライデン大学外交史講義録とオランダ国際法研究
    • 第四節 西周訳『畢洒林氏万国公法』の思想世界
    • 第五節 二つの「万国公法」
    • 第六節 『明六雑誌』における論争
    • 第七節 アジアへの眼差し
  • 第四章 ローマ法学と功利主義
    • 第一節 「万国公法」から法典編纂の時代へ
    • 第二節 一九世紀オランダ政治思想とハウドスミットのローマ法研究
    • 第三節 『羅瑪律要』におけるローマ法学と功利主義
    • 第四節 纂訳の政治思想史的意義
  • 第五章 憲法と民権を巡る歴史的淵源からの問い
    • 第一節 『羅瑪律要』から『民法之骨』へ
    • 第二節 「民権」の根拠律と法文化批判
    • 第三節 「民法」と「国憲」との間
    • 第四節 結語