サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

反応から学ぼう有機化学の基礎

反応から学ぼう有機化学の基礎

  • 柏村 成史(編著)/ 山際 由朗(ほか共著)
  • 1章 有機化学反応を理解するための基礎知識
    • 1.1 有機化合物の結合
    • 1.2 反応に関与する結合
    • 1.3 活性種および活性中間体
    • 1.4 立体化学
    • 1.5 反応の表示
  • 2章 有機化学反応の分類
    • 2.1 有機化学反応の分類の概要
    • 2.2 イオン反応
    • 2.3 ラジカル反応
    • 2.4 協奏反応
  • 3章 求核置換反応
    • 3.1 求核置換反応の概要
    • 3.2 二分子求核置換反応
    • 3.3 一分子求核置換反応
    • 3.4 SN1,SN2反応の比較
    • 3.5 各種求核置換反応
  • 4章 脱離反応
    • 4.1 脱離反応の概要
    • 4.2 各種脱離反応
  • 5章 求核付加反応
    • 5.1 求核付加反応の概要
    • 5.2 カルボニル基への求核付加反応
    • 5.3 α,β−不飽和カルボニル化合物への求核付加反応
  • 6章 求核付加脱離反応
    • 6.1 求核付加脱離反応の概要
    • 6.2 基質側に脱離基Lが存在するときの求核付加脱離反応
    • 6.3 反応試剤側に脱離基Lが存在するときの求核付加脱離反応
  • 7章 求電子付加反応
    • 7.1 求電子付加反応の概要
    • 7.2 Markovnikov(マルコフニコフ)則
    • 7.3 共役二重結合に対する求電子剤の付加
    • 7.4 ヒドロホウ素化反応
    • 7.5 二重結合に対する過酸化物の求電子付加反応
    • 7.6 金属酸化物による二重結合の酸化反応
    • 7.7 二重結合のオゾン酸化反応
    • 7.8 三重結合に対する酸素の求電子付加反応
  • 8章 求電子付加脱離反応
    • 8.1 求電子付加脱離反応の概要
    • 8.2 芳香族化合物の求電子付加脱離反応
    • 8.3 芳香族化合物の求電子付加脱離反応の配向性
    • 8.4 Friedel−Crafts(フリーデル−クラフト)反応
    • 8.5 多環式芳香族化合物の求電子付加脱離反応
    • 8.6 複素環化合物の求電子付加脱離反応
  • 9章 転位反応
    • 9.1 転位反応の概要
    • 9.2 電子不足活性種の関与する転位反応
    • 9.3 アニオンの関与する転位反応
  • 10章 ラジカル反応
    • 10.1 ラジカル反応の概要
    • 10.2 ラジカルの生成
    • 10.3 ラジカルの反応
    • 10.4 ラジカルの関与する転位反応
  • 11章 協奏反応
    • 11.1 協奏反応の概要
    • 11.2 Diels−Alder(ディールス−アルダー)反応
    • 11.3 Electrocyclic Reaction(エレクトロサイクリック反応)
    • 11.4 協奏反応における転位反応
    • 11.5 水素添加反応
  • 12章 反応の有機合成への応用
    • 12.1 有機合成への応用の概要
    • 12.2 逆合成法(Retrosynthesis)の考え方
    • 12.3 直接的合成法(Linear Strategy)と収斂的合成法(Convergent Strategy)
    • 12.4 有機合成への応用の実例
  • 13章 基礎知識
    • 13.1 電気陰性度
    • 13.2 イオン結合と共有結合
    • 13.3 Lewis(ルイス)構造式
    • 13.4 電子供与性置換基と電子求引性置換基
    • 13.5 電子の非局在化,共鳴混成体,極限構造式
    • 13.6 電子の非局在化と共鳴安定エネルギー
    • 13.7 電子の非局在化とカチオンおよびアニオンの安定性
    • 13.8 ルイス酸,ルイス塩基
    • 13.9 異性体
    • 13.10 旋光性と旋光度
    • 13.11 R,S−表示
    • 13.12 ジアステレオマーとメソ体
    • 13.13 不斉炭素をもつ化合物の表示法
    • 13.14 s軌道,p軌道と混成軌道
    • 13.15 σ結合とπ結合
    • 13.16 最高被占軌道(HOMO;Highest Occupied Molecular Orbital)と最低空軌道(LUMO;Lowest Unoccupied Molecular Orbital)
    • 13.17 ラジカル開始剤
    • 13.18 超共役(Hyperconjugation)
    • 13.19 酸解離定数Kaと酸解離指数pKa
  • 14章 高分子化学の基礎
    • 14.1 高分子合成
    • 14.2 連鎖重合
    • 14.3 遂次重合
  • 15章 生体有機分子の基礎化学
    • 15.1 生体有機分子の概要
    • 15.2 アミノ酸の基本構造
    • 15.3 アミノ酸側鎖の構造と性質
    • 15.4 ペプチド
    • 15.5 ヌクレオチドの基本構造
    • 15.6 核酸塩基
    • 15.7 核酸の構造と機能