サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0818-22)

目次

  • 序章 日本中世貨幣史研究の現状と課題
    • 第一節 問題の所在
    • 第二節 本書の課題と構成
    • 補節一 川戸貴史氏の所論について
    • 補節二 三宅俊彦氏の所論について
  • 第一部 日本中世後期における銭使用秩序の変容
  • 第一章 一六世紀後半における銭使用秩序の変容
    • 第一節 一五七〇年代前半まで:基準銭と通用銭との分化
    • 第二節 一五七〇年代後半以後:通用銭の基準銭化
  • 第二章 一六世紀後半におけるビタの普及
    • 第一節 信長政権期にビタ初見事例がある地域
    • 第二節 秀吉政権期にビタ初見事例がある地域
  • 第二部 日本中近世移行期の貨幣政策
  • 第一章 先行事例
    • 第一節 日本古代の撰銭令
    • 第二節 明代中期の挑揀禁令
  • 第二章 大内氏の撰銭令
    • 第一節 史料の確認
    • 第二節 研究史の整理
    • 第三節 食糧需給に関する規定への注目
    • 第四節 文明令以後の事例
    • 補説 銭種規定の日本・中国の差異について
  • 第三章 室町幕府の撰銭令
    • 第一節 撰銭令の米場への伝達
    • 第二節 撰銭令における諸規定について
    • 第三節 米場への撰銭令伝達と価格抑制規定との関係
    • 第四節 撰銭令の発令時期
    • 補説 撰銭令の酒屋への伝達
  • 第四章 『政基公旅引付』に記録された撰銭令
    • 第一節 研究史
    • 第二節 米麦売却制限規定と銭授受規定との関係
  • 第五章 浅井長政・三好政権の撰銭令
    • 第一節 浅井長政の撰銭令
    • 第二節 三好政権の撰銭令
  • 第六章 織田信長の撰銭令
    • 第一節 先行研究の検討
    • 第二節 撰銭令と米使用の普及との因果関係について
    • 第三節 交換手段としての米使用禁止規定と米流通の実態について
  • 第七章 春日大社文書「掟旨」
    • 第一節 史料の確認と研究史
    • 第二節 掟旨の性格
    • 第三節 中近世移行期の他の貨幣法との比較
    • 補説 掟旨における価格表記のあり方について
  • 第八章 日本戦国時代の撰銭と撰銭令
    • 第一節 撰銭とは?撰銭令とは?
    • 第二節 戦国時代以前の撰銭と撰銭令
    • 第三節 撰銭令の再登揚
    • 第四節 戦国時代の撰銭令いろいろ
    • 第五節 撰銭令は何を目的にしているか?
    • 第六節 戦国時代の終焉と宋銭優位の終焉
  • 第九章 小括
    • 補説 黒田基樹氏の所論について
  • 第三部 一六世紀後半における貨幣使用の実態
  • 第一章 価値尺度としての米の使用の成立
    • 第一節 分析の方法について
    • 第二節 『多聞院日記』に見る価格表記のありよう
  • 第二章 売券の価格表記の意味
    • 第一節 価格表記と交換手段とが完全には一致しない事例
    • 第二節 再び浦長瀬氏の所論について
  • 第三章 信長期の金銀使用
    • 第一節 問題の所在
    • 第二節 信長による金銀使用
    • 第三節 信長以外による金銀使用
    • 補説一 価値尺度としての銀遣いの成立について
    • 補説二 越前における状況
  • 第四章 小括
  • 第四部 信用をめぐる法と実態
  • 第一章 日本中世後期の掛取引について
    • 第一節 徳政と売掛債権保護のありよう
    • 第二節 中世後期の掛取引の諸様相
    • 第三節 移行期の状況
  • 第二章 一六世紀の替状に関する一考察
    • 第一節 取立為替として機能する事例
    • 第二節 年貢支払約束書として機能する事例
  • 補章 朝倉義景の支出命令書
    • 第一節 史料
    • 第二節 文書の登場主体と劔神社との関係
  • 第五部 軍役制度と石高知行制
  • 第一章 守護軍事動員に対する代銭奉仕について
    • 第一節 時代背景
    • 第二節 当該史料の歴史的意義
  • 第二章 信長政権の知行制度
    • 第一節 問題の所在
    • 第二節 米建て知行給与開始以前/銭建て知行給与の継続
    • 第三節 米建て知行給与の開始
    • 第四節 米建て知行給与の一般化