サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 第一部 折口信夫の歌舞伎論
    • 一 歌舞伎、この低俗なるもの
    • 二 芸術の堕落としての芸能
    • 三 享楽としての非芸術
    • 四 『かぶき讃』における役者容姿論
    • 五 容姿と芸
    • 六 美と醜
    • 七 噓としてのイメージとイメージとしての真理
    • 八 イメージと構想力
    • 九 イメージとその本質
    • 十 イメージの範例としてのデスマスク
    • 十一 退引、眼差しのない眼差し
    • 十二 区別されたものとしてのイメージ
    • 十三 記憶された〈映像〉
    • 十四 テキストとイメージ
    • 十五 振動するもの
    • 十六 結論 まれびと−イメージを産み出すもの
  • 第二部 折口信夫の芸能論
    • 一 歌舞伎と演劇
    • 二 古代ギリシアの芸術と近代の芸術
    • 三 カントと美の概念
    • 四 「しじま」から神語へ
    • 五 ハイデガーとヘルダーリンにおける祝祭
    • 六 歴史の本質根底としての祝祭、人間と神々
    • 七 祭りと聖霊
    • 八 芸能と神
    • 九 「半神」と「神人」
    • 十 流れと所在
    • 十一 祭りに現前するもの
    • 十二 詩作と思索
    • 十三 流離う半神たち−まれびと、芸能の発生
    • 十四 見物と陶酔
    • 十五 「かぶき」と歌舞伎
    • 十六 真理と芸術との葛藤
    • 十七 芸術と真理−「実感」としての和解
    • 十八 発生と和解−文学−
    • 十九 発生と和解−芸能−
  • 補論 「言語情調論」をめぐって
    • 一 はじめに
    • 一 言語と情調
    • 三 言語の優位
    • 四 ハイデガーのヘルダーリン講義
    • 五 詩作と言語
    • 六 聴くことの意味
    • 七 「言語情緒」と「根本情調」
    • 八 〈音〉と〈沈黙〉