サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

物理学基礎 第4版

物理学基礎 第4版

  • 原 康夫(著)
  • 第0章 序
    • 0.1 物理学とは
    • 0.2 物理量の表し方−単位
  • 第1章 運動
    • 1.1 直線運動の速度,加速度と微分
    • 1.2 一般の運動の速度と加速度
    • 1.3 等速円運動
  • 第2章 運動の法則と力の法則
    • 2.1 運動の法則
    • 2.2 いろいろな力と力の法則
  • 第3章 力と運動
    • 3.1 微分方程式と積分
    • 3.2 簡単な微分方程式の解
  • 第4章 振動
    • 4.1 単振動
    • 4.2 減衰振動と強制振動
  • 第5章 仕事とエネルギー
    • 5.1 仕事と仕事率
    • 5.2 仕事とエネルギー
    • 5.3 エネルギー保存則
  • 第6章 質点の角運動量と回転運動の法則
    • 6.1 質点の回転運動−平面運動の場合
    • 6.2 惑星,衛星の運動とケプラーの法則
    • 6.3 質点の回転運動−ベクトル積で表した回転運動の法則
  • 第7章 質点系の重心,運動量と角運動量
    • 7.1 質点系と剛体の重心
    • 7.2 質点系の運動
    • 7.3 質点系の角運動量
  • 第8章 剛体の力学
    • 8.1 剛体の運動方程式と剛体のつり合い
    • 8.2 固定軸のまわりの剛体の回転運動と慣性モーメント
    • 8.3 剛体の平面運動
  • 第9章 慣性力
    • 9.1 非慣性系と慣性力(見かけの力)
    • 9.2 還心力とコリオリの力
  • 第10章 弾性体の力学
    • 10.1 応力
    • 10.2 弾性定数
  • 第11章 流体の力学
    • 11.1 静止流体中の圧力
    • 11.2 ベルヌーイの法則
    • 11.3 揚力
    • 11.4 粘性抵抗と慣性抵抗
  • 第12章 波動
    • 12.1 波の性質
    • 12.2 波動方程式と波の速さ
    • 12.3 波の重ね合わせの原理と干渉
    • 12.4 波の反射と屈折
    • 12.5 定在波
    • 12.6 音波
    • 12.7 群速度,うなり
  • 第13章 光
    • 13.1 光の反射と屈折
    • 13.2 光波の回折と干渉
  • 第14章 熱
    • 14.1 熱と温度
    • 14.2 熱の移動
    • 14.3 気体の分子運動論
    • 14.4 ファン・デル・ワールスの状態方程式
  • 第15章 熱力学
    • 15.1 熱力学の第1法則
    • 15.2 理想気体のモル熱容量
    • 15.3 熱機関と熱力学の第2法則
    • 15.4 エントロピー増大の原理
    • 15.5 熱力学的現象の進む方向−等温過程と自由エネルギー
  • 第16章 真空中の静電場
    • 16.1 電荷と電荷保存則
    • 16.2 クーロンの法則
    • 16.3 電場
    • 16.4 電場のガウスの法則とその応用
    • 16.5 電位
  • 第17章 導体と静電場
    • 17.1 導体と電場
    • 17.2 キャパシター
  • 第18章 誘電体と静電場
    • 18.1 誘電体と分極
  • 第19章 電流
    • 19.1 電流と起電力
    • 19.2 オームの法則
    • 19.3 直流回路
    • 19.4 電流と仕事
    • 19.5 CR回路
  • 第20章 電流と磁場
    • 20.1 磁石と磁場
    • 20.2 電流のつくる磁場1−長い直線電流のつくる磁場のようす
    • 20.3 荷電粒子に働く力(ローレンツ力)
    • 20.4 電流に働く力
    • 20.5 電流の間に働く力
    • 20.6 電流のつくる磁場2−ビオ−サバールの法則
    • 20.7 磁束と磁場Bのガウスの法則とアンペールの法則
    • 20.8 磁性体がある場合の磁場
    • 20.9 ホール効果
  • 第21章 電磁誘導
    • 21.1 電磁誘導の発見
    • 21.2 電磁誘導の法則
    • 21.3 磁場は変化せずコイルが運動する場合の電磁誘導
    • 21.4 自己誘導と相互誘導
    • 21.5 交流
  • 第22章 マクスウェル方程式と電磁波
    • 22.1 マクスウェル方程式
    • 22.2 電磁波
    • 22.3 電磁場
  • 第23章 相対性理論
    • 23.1 マイケルソン−モーリーの実験
    • 23.2 特殊相対性理論
    • 23.3 動いている時計の遅れと動いている棒の収縮
    • 23.4 相対性理論と力学
    • 23.5 電磁場と座標系
  • 第24章 原子物理学
    • 24.1 原子の構造
    • 24.2 光の二重性
    • 24.3 電子の二重性
    • 24.4 不確定性関係
    • 24.5 原子の定常状態と光の線スペクトル
    • 24.6 元素の周期律
    • 24.7 金属,絶縁体,半導体
    • 24.8 半導体の応用
    • 24.9 レーザー
  • 第25章 原子核と素粒子
    • 25.1 原子核の構成
    • 25.2 原子核の結合エネルギー
    • 25.3 原子核の崩壊と放射線
    • 25.4 核エネルギー
    • 25.5 素粒子
  • 付録 数学公式集
    • A.1 三角関数の性質
    • A.2 指数関数
    • A.3 自然対数(eを底とする対数logex)logexの性質
    • A.4 原始関数と導関数
    • A.5 ベクトルの公式
  • コラム
    • 物理学の創始者ガリレオ(1564−1642年)
    • 人間は筋力で1日にどのくらいの仕事ができるか?
    • 太陽の引力圏からの脱出速度
    • 太った人の立ち方
    • 走っている自転車はなぜ倒れない
    • プランクの法則の発見と現代物理学の誕生
    • 電磁気の基礎を築いたフランクリンとファラデー
    • 放射光
    • トンネル効果とエサキダイオード
    • 小柴昌俊博士とニュートリノ天体物理学
    • 朝永振一郎博士と湯川秀樹博士