サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0818-22)

目次

  • 序章
    • 本書の目的
    • 「国家」という概念の使用について
    • 四つの視点
    • 本書の構成
  • 第Ⅰ部 出発点
  • 第1章 伝統と変容
    • 初期フランク王国の王権と国家
    • カロリング家の台頭
    • カール・マルテルの時代のフランク・ローマ関係
    • ボニファティウスの教会改革と740年代の教会会議の基本理念
  • 第2章 新しい王朝と教皇座
    • 王朝交替
    • フランク王権とローマ教皇座の新たな関係
    • キエルジ会議と「教皇領寄進の約束」
    • 塗油式とcompaternitas
    • 「ローマ人のパトリキウス」の問題
    • ピピンのイタリア遠征
    • 教会法と典礼の分野におけるフランク・ローマ関係の進展
    • 新たなアイデンティティの模索?
    • 教皇座への接近と宮廷の国家観
  • 第Ⅱ部 カール大帝期の王権と国家
  • 第3章 イタリアへ
    • 単独統治以前のフランク・ローマ関係
    • ランゴバルト併合とカールの新しい称号
    • 「ローマ人のパトリキウス」
    • 780年代におけるフランク王権と教皇座の関係
    • カロリング・ルネサンスとイタリア
    • 要約
  • 第4章 統治の技法
    • カール大帝以前の勅令
    • 戦争と危機
    • 『エルスタール勅令』
    • もうひとつの『エルスタール勅令』
    • 『780年の通達』(Epistula capitularis)
    • イタリアに関する勅令
    • 『ザクセン地方に関する勅令』(782年)
    • いわゆる『カール大帝の最初の勅令』
    • 勅令と地方統治
  • 第5章 教化と宣誓
    • 『一般訓令』(789年)と教化のプロジェクト
    • 臣民宣誓による国家統合の試み
    • 転機としての789年
  • 第6章 アルクインと新しい政治思想
    • アルクインとフランク宮廷
    • アルクイン以前の政治思想
    • アルクインの政治思想における「神の民」と王権の役割
    • 民衆教化・異端の撲滅・聖戦
  • 第7章 聖戦の思想
    • 聖戦としてのザクセン戦争
    • 第二の聖戦
    • 対イスラーム戦争
    • 政治的宣伝としての「聖戦」
  • 第8章 ビザンツとの対抗意識の醸成
    • 聖画像問題にみるキリスト教世界の変貌
    • 第二ニカイア公会議と西方教会
    • 『カールの書』
    • フランクフルト教会会議
    • アーヘン王宮の造営
    • 正統信仰にもとづく宗教共同体
  • 第9章 皇帝戴冠への道
    • 新教皇レオ3世の選出
    • レオ襲撃事件
    • パーダーボルン
    • フランク宮廷の二つの「帝国」構想
    • 教皇座の政治理念
    • 妥協の産物としての皇帝戴冠式
    • 同床異夢
  • 第10章 皇帝戴冠の波紋
    • 都市ローマの支配権
    • カールの肩書にみるフランク宮廷の「帝国」理解
    • ビザンツの反応
    • 「帝国」の微妙な性格
  • 第11章 改革の試み
    • 802年の改革
    • 「綱領的勅令」(802年)の構成と内容
    • 国王巡察使制度の改革と「巡察使勅令」
    • もうひとつの「巡察使勅令」(Nr.35)
    • 教会に関する勅令
    • 法典附加勅令と部族法典の成文化
    • 膨張主義の終焉と第二の転換点
  • 第12章 「ダビデ」と「皇帝」のあいだ
    • アルクインの書簡におけるカール
    • 『カール頌詩』
    • 「ダビデ」と「皇帝」のあいだ
  • 第13章 『王国分割令』(806年)と二帝問題
    • 先行研究
    • 『王国分割令』以前の王位継承計画
    • 文書の構成
    • 分国の理念と「帝国」の統一性
    • 帝位縫承問題
    • 仮説
  • 第14章 「王国」「教会」「帝国」
    • イタリア王ベルンハルトと『王国分割令』の空文化
    • 「西の帝国」「東の帝国」
    • ルイの皇帝戴冠(813年)
    • 813年の教会会議
  • 結論