サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

目次

  • 1章 本書の目的
  • 2章 財産権とは何か
    • (1)自然権としての財産権
    • (2)企業組織の経済学における財産権
    • (3)財産権の取り決め方法と私的財産(権)システム
    • (4)「財産権を創造・確立,維持する」とは
    • (5)経済的財産権と法的財産権の区別
    • (6)法律と契約,法的財産権の関係
    • (7)所有とは
    • (8)2章のまとめ
  • 3章 取引コストの定義の変遷
    • (1)コースによる取引コストの定義
    • (2)アローによる取引コストの定義
    • (3)ウィリアムソンによる取引コストの定義
    • (4)新・財産権アプローチによる取引コストの定義
    • (5)3章のまとめ
  • 4章 オール・オア・ナッシングの財産権理論
    • (1)ナイトの研究と財産権理論
    • (2)ゴードンの研究と財産権理論
    • (3)コースの分析の特徴
    • (4)Coase(1937)の分析
    • (5)Coase(1959)の分析
    • (6)Coase(1960)の分析(1)
    • (7)判例研究(1)
    • (8)コースの定理とスティグラーによる解釈
    • (9)Coase(1960)の分析(2)
    • (10)判例研究(2)
    • (11)ピグーの分析への批判
    • (12)ピグー的伝統理論への批判
    • (13)Baumol(1972)に対する反論
    • (14)ナイト,ゴードン,コースの研究と財産権理論
    • (15)4章のまとめ
  • 5章 コースの定理は本当に成立するのか?
    • (1)Coase(1937)とCoase(1960)の関係
    • (2)コースの定理が成立する条件に関する2つの解釈
    • (3)コースの定理における2つの主張
    • (4)コースの定理は成立するのか(1)
    • (5)コースの定理は成立するのか(2)
    • (6)コースの定理は成立するのか(3)
    • (7)コースの定理は成立するのか(4)
    • (8)外部性に関する法律上の責任ルールと財産権の区別
    • (9)コースの定理は成立するのか(5)
    • (10)コースの定理は成立するのか(6)
    • (11)コースの定理は成立するのか(7)
    • (12)コースの定理は成立するのか(8)
    • (13)コースの定理は成立するのか(9)
    • (14)取引コストが存在するときのコースの分析に対する批判
    • (15)取引コスト論,財産権の理論と効率性
    • (16)5章のまとめ
  • 6章 ウィリアムソンによる取引コスト論
    • 〈1〉取引コスト論の分析手法や概念の説明
    • (1)コースの分析とウィリアムソンによる取引コスト論の定義
    • (2)企業の本質としての権威的な関係
    • (3)合理的な人間という前提の限界
    • (4)制約された合理性
    • (5)機会主義
    • (6)取引の属性
    • (7)資産特殊性
    • (8)不確実性
    • (9)ウィリアムソンの取引コスト論における契約
    • (10)情報の偏在
    • 〈2〉経済制度(ガバナンス構造)の選択
    • (1)垂直的統合の優位性
    • (2)なぜヒエラルキーが利用されるか
    • (3)雇用関係の分析
    • (4)市場の失敗
    • (5)市場の失敗と組織の失敗の要因
    • (6)組織内部の取引が利用される理由
    • (7)単純なヒエラルキーと複雑なヒエラルキー
    • (8)垂直的統合の限界
    • (9)コーポレート・ファイナンス
    • 〈3〉ウィリアムソンの取引コスト論に対する評価と批判
    • (1)取引コストに関する批判
    • (2)権威的な関係とヒエラルキーの分析に対する批判
    • (3)制度経済学と新制度経済学
    • 〈4〉6章のまとめ
  • 7章 契約の理論
    • 〈1〉チーム生産と怠慢
    • (1)Coase(1937)の企業理論との相違点
    • (2)チーム生産と企業
    • (3)雇用関係と販売関係の相違点
    • (4)測定上の問題と技術的な分離不可能性
    • (5)批判と理論の発展
    • (6)チーム生産における怠慢とモニタリング,財産権,取引コストの関係
    • 〈2〉ロックインとホールドアップ問題
    • (1)分析の目的
    • (2)コースの分析との違い
    • (3)準レントが存在するときの機会主義的行動
    • (4)機会主義的行動とホールドアップ問題の抑制
    • (5)事例研究
    • (6)ロックインとホールドアップ問題,財産権,取引コストの関係
    • 〈3〉7章のまとめ
  • 8章 エージェンシー経済理論
    • 〈1〉エージェンシー経済理論の特徴
    • (1)エージェンシー関係とは何か
    • (2)隠された活動によるエージェンシー問題
    • (3)隠された情報によるエージェンシー問題
    • (4)エージェンシー財務理論とエージェンシー経済理論
    • (5)エージェンシー経済理論の目的
    • (6)エージェンシー経済理論におけるエージェンシー・コスト
    • 〈2〉分析道具としてのエージェンシー経済理論
    • (1)逆選抜
    • (2)隠された活動のモデル
    • (3)隠された情報のモデル(1)
    • (4)隠された情報のモデル(2)
    • (5)Stiglitz(1989)の保険のモデル
    • (6)エージェンシー問題に対する3つの定式化
    • 〈3〉8章のまとめ
  • 9章 エージェンシー財務理論
    • 〈1〉エージェンシー財務理論の特徴
    • (1)エージェンシー関係とは何か
    • (2)エージェンシー・コストとは何か
    • (3)契約関係の束としての企業
    • (4)エージェンシー財務理論とコースの分析,取引コスト論,財産権の理論との関係
    • (5)エージェンシー財務理論の目的
    • 〈2〉分析道具としてのエージェンシー財務理論
    • (1)最適な所有構造のモデル
    • 〈3〉9章のまとめ
  • 10章 残余財産権の理論
    • 〈1〉コースの分析,取引コスト論,残余財産権の理論との関係
    • (1)コースの分析と取引コスト論に対する批判
    • (2)残余財産権の理論における企業の定義と所有の意味
    • (3)不完備契約と残余コントロール権
    • (4)残余財産権の理論の目的
    • 〈2〉分析道具としての残余財産権の理論
    • (1)Grossman & Hart(1986)の分析
    • (2)Hart(1988b)の分析
    • (3)Hart & Moore(1990)の分析
    • 〈3〉10章のまとめ
  • 11章 本書のまとめ
    • (1)財産権と取引コストの定義
    • (2)コースの定理が与えた影響
    • (3)取引コスト論,エージェンシー・コストの理論,財産権理論の特徴と問題点

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る