サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

目次

生化学 第6版

生化学 第6版

  • キャンベル(著)/ ファーレル(著)/ 川嵜 敏祐(監訳)/ 金田 典雄(監訳)
  • Chapter 1 生化学と細胞の構成
    • 1.1 基本的なテーマ
    • 1.2 生化学の化学的基盤
    • 1.3 生物学の始まり:生命の起源
    • 1.4 最も大きい生物学的区分−原核生物と真核生物
    • 1.5 原核生物細胞
    • 1.6 真核生物細胞
    • 1.7 生物の五界説と3ドメイン説
    • 1.8 すべての細胞に共通の基盤
    • 1.9 生化学エネルギー論
    • 1.10 エネルギーとその変化
    • 1.11 生化学反応の自発性
    • 1.12 生命と熱力学
  • Chapter 2 水:生化学反応の溶媒
    • 2.1 水分子の極性
    • 2.2 水素結合
    • 2.3 酸,塩基,pH
    • 2.4 滴定曲線
    • 2.5 緩衝液
  • Chapter 3 アミノ酸とペプチド
    • 3.1 アミノ酸は三次元に存在する
    • 3.2 個々のアミノ酸:構造と性質
    • 3.3 アミノ酸は酸としても塩基としても働く
    • 3.4 ペプチド結合
    • 3.5 生理活性をもつ小さなペプチド
  • Chapter 4 タンパク質の三次元構造
    • 4.1 タンパク質の構造と機能
    • 4.2 タンパク質の一次構造
    • 4.3 タンパク質の二次構造
    • 4.4 タンパク質の三次構造
    • 4.5 タンパク質の四次構造
    • 4.6 タンパク質フォールディングの動力学
  • Chapter 5 タンパク質の精製と特性解明のための技術
    • 5.1 細胞から純粋なタンパク質の抽出
    • 5.2 カラムクロマトグラフィー
    • 5.3 電気泳動
    • 5.4 タンパク質の一次構造の決定
  • Chapter 6 タンパク質の性質:酵素
    • 6.1 酵素は極めて効率のよい生体触媒である
    • 6.2 触媒作用:反応の速度論と熱力学的側面
    • 6.3 酵素反応速度論
    • 6.4 酵素−基質複合体の形成
    • 6.5 酵素触媒反応の例
    • 6.6 ミカエリス−メンテンモデルによる酵素反応速度論
    • 6.7 酵素反応の阻害
  • Chapter 7 タンパク質の性質:酵素の反応機構と活性調節
    • 7.1 アロステリック酵素の性質
    • 7.2 アロステリック酵素の協奏モデルと逐次モデル
    • 7.3 リン酸化による酵素活性の調節
    • 7.4 チモーゲン
    • 7.5 活性部位の性質
    • 7.6 酵素の触媒機構に見られる化学反応
    • 7.7 活性部位と遷移状態
    • 7.8 補酵素
  • Chapter 8 脂質とタンパク質は生体膜中で結びついている
    • 8.1 脂質の定義
    • 8.2 脂質類の化学的性質
    • 8.3 生体膜
    • 8.4 膜タンパク質の種類
    • 8.5 膜構造の流動モザイクモデル
    • 8.6 膜の機能
    • 8.7 脂溶性ビタミンとその機能
    • 8.8 プロスタグランジンとロイコトリエン
  • Chapter 9 核酸:核酸の構造はどのようにして遺伝情報を伝えるのか
    • 9.1 核酸構造のレベル
    • 9.2 ポリヌクレオチドの共有結合構造
    • 9.3 DNAの構造
    • 9.4 DNAの変性
    • 9.5 主要なRNAの種類と構造
  • Chapter 10 核酸の合成:複製
    • 10.1 細胞内における遺伝情報の流れ
    • 10.2 DNAの複製
    • 10.3 DNAポリメラーゼ
    • 10.4 DNA複製に必要なタンパク質
    • 10.5 校正と修復
    • 10.6 真核生物におけるDNAの複製
  • Chapter 11 遺伝暗号の転写:RNAの生合成
    • 11.1 転写の概観
    • 11.2 原核生物における転写
    • 11.3 原核生物における転写調節
    • 11.4 真核生物における転写
    • 11.5 真核生物における転写調節
    • 11.6 DNA結合タンパク質の構造モチーフ
    • 11.7 RNAの転写後修飾
    • 11.8 リボザイム
  • Chapter 12 タンパク質の合成:遺伝情報の翻訳
    • 12.1 遺伝情報を翻訳するということ
    • 12.2 遺伝暗号
    • 12.3 アミノ酸の活性化
    • 12.4 原核生物における翻訳
    • 12.5 真核生物における翻訳
    • 12.6 タンパク質の翻訳後修飾
    • 12.7 タンパク質の分解
  • Chapter 13 核酸工学技術
    • 13.1 核酸の精製と検出
    • 13.2 制限酵素
    • 13.3 クローニング
    • 13.4 遺伝子工学
    • 13.5 DNAライブラリー
    • 13.6 ポリメラーゼ連鎖反応
    • 13.7 DNAフィンガープリント法
    • 13.8 DNAの塩基配列決定法
    • 13.9 ゲノミクスとプロテオミクス
  • Chapter 14 ウイルス,がん,免疫学
    • 14.1 ウイルス
    • 14.2 レトロウイルス
    • 14.3 免疫系
    • 14.4 がん
  • Chapter 15 代謝におけるエネルギー変化と電子伝達の重要性
    • 15.1 自由エネルギー変化に関わる標準状態
    • 15.2 生化学的応用のための標準状態の補正
    • 15.3 代謝の本質
    • 15.4 代謝における酸化と還元の役割
    • 15.5 生物学的に重要な酸化−還元反応に関与する補酵素類
    • 15.6 エネルギーの生成と利用の共役
    • 15.7 代謝経路の活性化における補酵素Aの役割
  • Chapter 16 糖質
    • 16.1 糖:構造と立体化学
    • 16.2 単糖の反応
    • 16.3 重要なオリゴ糖
    • 16.4 多糖の機能と構造
    • 16.5 糖タンパク質
  • Chapter 17 解糖
    • 17.1 解糖系の概観
    • 17.2 グルコースのグリセルアルデヒド3−リン酸への変換
    • 17.3 グリセルアルデヒド3−リン酸のピルビン酸への変換
    • 17.4 ピルビン酸の嫌気的反応
    • 17.5 解糖のエネルギー論的考察
  • Chapter 18 糖質の貯蔵機構と糖質代謝の調節
    • 18.1 グリコーゲンはどのように合成され分解されるか
    • 18.2 糖新生はピルビン酸からグルコースを生成する
    • 18.3 糖質代謝の調節
    • 18.4 グルコースは時にペントースリン酸回路を介して転用される
  • Chapter 19 クエン酸回路
    • 19.1 代謝におけるクエン酸回路の中心的役割
    • 19.2 クエン酸回路の概説
    • 19.3 ピルビン酸のアセチルCoAへの変換
    • 19.4 クエン酸回路の各反応
    • 19.5 クエン酸回路のエネルギー論とその調節
    • 19.6 グリオキシル酸回路:クエン酸回路に関連した代謝経路
    • 19.7 異化反応におけるクエン酸回路
    • 19.8 同化反応におけるクエン酸回路
    • 19.9 酸素との関連
  • Chapter 20 電子伝達系と酸化的リン酸化
    • 20.1 代謝における電子伝達系の役割
    • 20.2 電子伝達系における還元電位
    • 20.3 電子伝達系複合体の構成
    • 20.4 電子伝達系とリン酸の連結
    • 20.5 酸化的リン酸化における共役機構
    • 20.6 呼吸阻害剤は電子伝達系の研究に使われる
    • 20.7 シャトル機構
    • 20.8 グルコースの完全酸化によるATPの収量
  • Chapter 21 脂質代謝
    • 21.1 脂質はエネルギーの産生と貯蔵に関わる
    • 21.2 脂質の分解
    • 21.3 脂肪酸酸化からのエネルギー収量
    • 21.4 不飽和脂肪酸および奇数個の炭素からなる脂肪酸の分解
    • 21.5 ケトン体
    • 21.6 脂肪酸の生合成
    • 21.7 アシルグリセロールと複合脂質の合成
    • 21.8 コレステロールの生合成
  • Chapter 22 光合成
    • 22.1 クロロプラストは光合成の場である
    • 22.2 光化学系Ⅰ・Ⅱと光合成の明反応
    • 22.3 光合成とATP合成
    • 22.4 酸素を発生する光合成と発生しない光合成の進化上の関連性
    • 22.5 光合成の暗反応により二酸化炭素が固定される
    • 22.6 熱帯の植物による炭酸固定
  • Chapter 23 窒素代謝
    • 23.1 窒素代謝:その概観
    • 23.2 窒素固定
    • 23.3 窒素代謝におけるフィードバック阻害
    • 23.4 アミノ酸の生合成
    • 23.5 必須アミノ酸
    • 23.6 アミノ酸の異化
    • 23.7 プリンの生合成
    • 23.8 プリンの異化
    • 23.9 ピリミジンの生合成と異化
    • 23.10 リボヌクレオチドのデオキシリボヌクレオチドへの変換
    • 23.11 dUDPをdTTPに変換する反応
  • Chapter 24 代謝の統合:細胞内シグナル伝達
    • 24.1 代謝経路のつながり
    • 24.2 生化学と栄養学
    • 24.3 ホルモンとセカンドメッセンジャー
    • 24.4 ホルモンと代謝調節
    • 24.5 インスリンとその作用
  • Magazine:生化学におけるホットトピックス

生化学 ランキング

生化学のランキングをご紹介します一覧を見る