サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 学校では教えてくれない大事なこと ポイント5倍キャンペーン(~11/8)

目次

ペトラルカ研究 新版

ペトラルカ研究 新版

  • 近藤 恒一(著)
    序 論 「歴史なきペトラルカ」とペトラルカの歴史

    第一部 ペトラルカにおけるヒューマニズムの形成
    第一章 少年期の教養形成(1304-20) 
    第二章 ボローニャ遊学(1320-26)
    第三章 リウィウス復元の試み――古典研究(一) 
    第四章 古典収集活動――古典研究(二)
    第五章 ヒューマニズムの成立――「愛読書」目録とその意味するもの
    第六章 キリスト教的ヒューマニズム
    第七章 人間の「人間化」
    第八章 結論と展望

    第二部 ペトラルカの思想
    第一章 モラリスムとしてのヒューマニズム
    第二章 モラリスム哲学の伝統とその継承――プラトニズムの問題をめぐって
    第三章 古代文学の「再生」と継承
    第四章 法学批判――時代批判(一)
    第五章 アヴェロエス派の虚像と実像――時代批判(二)
    第六章 アラビア文化排撃――時代批判(三)
    第七章 自然科学論争――時代批判(四)
    第八章 「開かれた学」としてのヒューマニズム