サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

目次

  • 本編
  • 第一章 伊勢物語の悲恋
    • はじめに
    • 一、むぐらの宿(第三段)
    • 二、あばらなる板敷(第四段)
    • 三、ついひぢの崩れ(第五段)
    • 四、あばらなる倉(第六段)
    • つけたり
  • 第二章 伊勢物語の殉愛
    • 一、物語は絶望を主題としたか
    • 二、男の「みやび」−〈身〉の断念と〈心〉の停止
    • 三、女の「みやび」−〈身〉の消尽と〈心〉の完成
    • 四、〈身〉と〈心〉の乖離と分裂
    • 五、〈心〉と〈時機〉の一致
    • 六、魂の救済と〈心〉の完成
  • 第三章 うつほ物語の方法
    • 一、俊蔭一族の「孝心」と秘琴伝授−遡及付加法(1)
    • 二、秘琴の由来−遡及付加法(2)
    • 三、俊蔭女・仲忠母子の定位−遡及付加法(3)
    • 四、物語長編化と遡及付加法
  • 第四章 源氏物語の女房〈断章〉
    • 一、源氏物語端役論の意義と可能性
    • 二、末摘花巻の端役−大輔命婦
    • 三、末摘花の外貌
    • 四、末摘花を志向する状況的要因
    • 五、末摘花に向かう直接的要因−大輔命婦の活躍
    • 六、端役の交代
  • 第五章 源氏物語の和歌〈断章〉
    • 一、薫の詠歌
    • 二、中の君との贈答場面
    • 三、薫の贈歌
    • 四、中の君の答歌
    • 五、和歌贈答の内実
  • 第六章 紫式部集の「箏の航しばし」考
    • はじめに
    • 一、第三番歌の注釈史
    • 二、下の句の解釈
    • 三、紫式部集が抱える問題
  • 第七章 紫式部集の「明け暗れのそらおぼれ」考
    • 一、明け暗れのそらおぼれ
    • 二、第四、五番歌の注釈史
    • 三、なまおぼおぼしきこと
    • 四、伊勢物語第十八段−複合構造の物語
    • 五、手を見分かぬにやありけむ−複合構造を支えるもの
    • 六、紫式部の初恋の意義
  • 第八章 紫式部集の「山里のもみぢ葉」考
    • 一、紫式部集が抱える問題(再説)
    • 二、第八、九、十番歌の注釈史
    • 三、問題点二つ
    • 四、解決への道筋
    • 五、新しい解釈
  • 第九章 紫式部集の〈文散らし〉考
    • 一、前提
    • 二、注釈史の流れ
    • 三、問題点の整理−注釈史の落としもの
    • 四、「落としもの」の所在と新しい展開
    • 五、残された問題
  • 第十章 紫式部集の「たたく水鶏」考
    • 一、第六十七、六十八番歌が抱える問題点
    • 二、各注釈書の再検討
    • 三、新解釈の提示
  • 第十一章 紫式部集の〈巻末歌三首〉考
    • 一、和歌配列の重層性
    • 二、和歌表現の重層性
    • 三、紫式部の諧謔精神
  • 第十二章 更級日記の夢
    • はじめに
    • 一、前生夢と前生夢説話
    • 二、虚構としての前生夢
    • 三、前生夢と関寺再興説話
    • 四、前生夢記事の意昧
  • 第十三章 更級日記の薬師仏
    • はじめに
    • 一、浄瑠璃寺の伽藍配置
    • 二、遣送仏としての薬師如来
    • 三、更級日記の築師如来(1)−祈願成就仏として
    • 四、更級日記の薬師如来(2)−西方遣送仏として
    • 五、更級日紀の構想性
  • 第十四章 讃岐典侍日記の方法
    • 一、讃岐興侍日記の概要と評価
    • 二、堀河天皇発病まで
    • 三、排除の構図(1)−近侍する上臈女房=典侍と乳母の不在
    • 四、密着の構図(1)−典侍と乳母の一体化
    • 五、密着の構図(2)−杜会的認知と深化
    • 六、密着と排除の交錯
    • 七、排除の構図(2)−帝の「死」の独占
    • 八、そして誰もいなくなった
  • 付編
  • 第一章 紫式部日記〈断想〉
    • 一、源氏物語千年の酒宴
    • 二、酩酊する道長
    • 三、紫式部と梅の実
    • 四、紫式部の聴覚
  • 第二章 源氏物語〈断想〉
    • 一、源氏物語の酒
    • 二、光源氏の空酔い
    • 三、内大臣と夕霧の空酔い
    • 四、源氏物語の三日夜の餅
  • 第三章 女流作家の肖像(1)
    • 一、和泉式部の作品
    • 二、誕生、結婚、そして離別
    • 三、為尊親王との恋
    • 四、敦道親王との恋
    • 五、宮仕え、再婚、そして哀傷
    • 六、和泉式部の同時代評
  • 第四章 女流作家の肖像(2)
    • 一、紫式部日記
    • 二、作家の眼
    • 三、憂愁に沈む宮仕え
    • 四、「紫式部」の由来
    • 五、源氏物語の創作と流布
    • 六、才媛批評
    • 七、虚構の彼岸
  • 第五章 紫式部伝記研究の現在
    • 一、概要
    • 二、研究の現在
    • 三、問題点
  • 第六章 源氏物語続編作者異聞
    • 一、古注釈の作者別人説
    • 二、近代の作者別人説−匂宮三帖をめぐって
    • 三、計量文献学による解析
  • 第七章 平安朝文学に見る死の言葉
    • 一、死の語彙と用例
    • 二、死の場面
  • 第八章 女流日記文学研究の課題
    • 一、女流日記文学研究の基本的姿勢
    • 二、事実の考証・確認とその意味の解明
    • 三、事実と虚構のあわい
    • 四、作品の論理の解明
    • 五、素朴な疑問の大切さ
  • 第九章 葉月物語絵巻解題
    • 一、書名、作者、成立、書誌・伝本
    • 二、梗概
    • 三、研究