サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

目次

  • 第1章 序論
    • 1.1 研究の目的
    • 1.2 研究の意義
    • 1.3 研究の枠組み
  • 第2章 研究の理論的背景
    • 2.1 「待遇コミュニケーション能力」とは何か
    • 2.2 「待遇コミュニケーション能力」促進のための教育とは
    • 2.3 「待遇コミュニケーション能力」と「気づき」
    • 2.4 研究の概要と研究課題
  • 第3章 研究の焦点
    • 3.1 日本語のスピーチスタイル
    • 3.2 問題提起
    • 3.3 スピーチスタイルの教育における「気づき」の重要性
  • 第4章 実践の背景
    • 4.1 実践の枠組み
    • 4.2 実践実現までの経緯と概要
    • 4.3 スピーチスタイルの知識に関する実態
  • 第5章 研究Ⅰ:「観察タスク」による「気づき」
    • 5.1 実践1:映像メディアを活用した授業による「気づき」
    • 5.2 実践2:日本人小学生との接触場面における「気づき」
    • 5.3 実践3:日本人高校生との接触場面における「気づき」
    • 5.4 実践の振り返り
    • 5.5 研究Ⅰのまとめと考察
  • 第6章 研究Ⅱ:「気づき」を促す「教授ストラテジー」
    • 6.1 会話練習の意義再考
    • 6.2 基底となる会話教育理論
    • 6.3 「コンテキスト化練習」における「教授ストラテジー」
    • 6.4 「パフォーマティブ・エクササイズ」の理論と方法
    • 6.5 研究Ⅱのまとめと考察
  • 第7章 結論
    • 7.1 結果のまとめ
    • 7.2 再考察
    • 7.3 「待遇コミュニケーション教育」への提言
    • 7.4 今後の課題