サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

SPSSによるデータ解析の基礎 改訂版

SPSSによるデータ解析の基礎 改訂版

  • 宮脇 典彦(共著)/ 和田 悟(共著)/ 阪井 和男(共著)
  • 1.データの特性とSPSSの起動と終了
    • 1.1 SPSSの特徴
    • 1.2 数値データとカテゴリーデータ
    • 1.3 SPSSを起動する
    • 1.4 SPSSを終了する
    • 1.5 ヘルプの使い方
  • 2.SPSSを動かしてみよう
    • 2.1 SPSSの作業の流れ
    • 2.2 手続きの選択
  • 3.データの入力と変数の作成
    • 3.1 テキストファイルからのデータ入力
    • 3.2 新しい変数の作成
  • 4.条件別の処理とデータの整理
    • 4.1 データの条件別の処理
    • 4.2 データファイルの結合
    • 4.3 ソート(並べ替え)
    • 4.4 外部ファイル(テキスト形式)として保存
  • 5.数値データのグラフ表示
    • 5.1 とにかくヒストグラムを描いてみよう
    • 5.2 数値データのヒストグラム作成
    • 5.3 時系列データのグラフ化
  • 6.数値データの解析とシミュレーション
    • 6.1 データの順位付け
    • 6.2 データの中心とばらつき
    • 6.3 グループ別の基本統計量の出力
    • 6.4 乱数の発生とシミュレーション
  • 7.2つの数値変数の関係をみる
    • 7.1 散布図と相関
    • 7.2 散布図を描く
    • 7.3 相関係数
    • 7.4 相関係数を求める
  • 8.カテゴリーデータの解析
    • 8.1 度数分布をみる
    • 8.2 カテゴリーデータのグラフ表示
    • 8.3 多重回答データの分析
    • 8.4 クロス表と変数間の関連(独立性の検定)
    • 8.5 SPSSによる独立性の検定の実行
  • 9.回帰分析の基礎
    • 9.1 単回帰−1つの説明変数による分析
    • 9.2 重回帰−複数の説明変数による分析
  • A.本書で扱う主なデータとファイル名
    • A.1 体力測定データ
    • A.2 所得・消費と金融資産
    • A.3 テレビ視聴アンケート
  • B.参考図書

情報理論・情報科学 ランキング

情報理論・情報科学のランキングをご紹介します一覧を見る