サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

目次

  • 序章
    • 問題の在り処について
    • 本書の構成
  • 第Ⅰ部 諸外国と日本
  • 第一章 米国のドラッグ政策
    • 一 はじめに
    • 二 「回復」をめぐる観念について
    • 三 十二ステップとオルタナティヴ・リカバリー
    • 四 十二ステップとオルタナティヴ・リカバリーの対立点
    • 五 ドラッグ・コートにみる治療プログラムの版図について
    • 六 おわりに
  • 第二章 ドラッグ使用者を「数え上げ」、「飼いならす」ドラッグ政策
    • 一 はじめに
    • 二 ハーム・リダクション政策におけるドラッグ使用者の主体像について
    • 三 ハーム・リダクション政策の成立経緯
    • 四 ハーム・リダクション政策の主要戦略
    • 五 ハーム・リダクション政策における権力構造
    • 六 ドラッグ使用者を大量に〈数え上げ〉るということ
    • 七 「関係性」という新たな「危険」
    • 八 おわりに
  • 第三章 日本のドラッグ政策と刑罰なき犯罪統制
    • 一 はじめに
    • 二 従来のドラッグ問題の言説
    • 三 日本のドラッグ問題の歴史と現状
    • 四 世界四九カ国の薬物事犯受刑者数の動向
    • 五 国際比較にまつわる誤謬
    • 六 ドラッグ使用者を不可視化するテクノロジー
    • 七 〈閾下〉のテクノロジーについて
    • 八 おわりに
  • 第四章 被害者化する社会
    • 一 はじめに
    • 二 言語を通じた社会秩序の構図
    • 三 被害者化する社会と犠牲に供する人びと
    • 四 棄民政策としてのドラッグ政策
    • 五 おわりに−「家族」という犠牲者化困難な存在について
  • 第Ⅱ部 ドラッグ問題と私的領域
  • 第五章 私的領域における合理的な管理/統制の不可能性
    • 一 はじめに
    • 二 公的領域を侵食する〈身体=アディクト〉−西欧・米国社会の情勢
    • 三 私的領域に埋めこまれた日本のドラッグ問題
    • 四 親から犯罪者の「親」になること
    • 五 「他者」への信頼の欠如と内閉化へ向かう問題
    • 六 私的領域に対する遠隔統治−「危険」の先取り
    • 七 公的領域に生きる夫と私的領域に生きる妻との葛藤
    • 八 おわりに
  • 第六章 わが子をドラッグ使用者として語り続けることへの逡巡
    • 一 はじめに
    • 二 日常生活に潜在する言語/言説の問題性
    • 三 公的な言葉への囚われとわが子への中傷/侮蔑
    • 四 収奪される言葉の回復と「病者」の言葉
    • 五 わが子を「病者」として語り続けることへの逡巡
    • 六 おわりに
  • 第七章 「親」たちの〈抗い〉とその難しさについて
    • 一 はじめに
    • 二 「病者」の言葉への〈抗い〉
    • 三 わが子に対する「突き放し」と「親」による「立ち去り」
    • 四 おわりに
  • 終章
    • 「排除」や「包摂」から締め出される人びとの地帯へ