サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 第1章 序論:山間地域研究の軌跡と本書の視座
    • 第1節 過疎の概要と過疎研究の問題点
    • 第2節 山間地域研究・山村研究の軌跡
    • 第3節 本書の視座と構成
  • 第Ⅰ部 過疎問題の概要と人口流出の実態
  • 第2章 地域問題としての過疎とその実態
    • 第1節 社会変動・近代化と過疎問題
    • 第2節 農村人口の変動
    • 第3節 過疎の定義
    • 第4節 過疎地域における地域機能の衰退・損失:regional deprivation
    • 第5節 過疎法による「過疎」の要件と過疎指定地域
    • 第6節 過疎の地域的特性と類型
    • 第7節 日本における過疎・過密問題と人口移動
    • 第8節 2000年国勢調査速報値データによる過疎の実態
    • 第9節 おわりに:人口変動と過疎
  • 第3章 過疎山村・大分県上津江村からの人口移動の分析
    • 第1節 はじめに
    • 第2節 人口移動研究上の視点と本章の課題
    • 第3節 上津江村からの転出者の特性と移動の空間的パターン
    • 第4節 転出者の特性と移動の意志決定
    • 第5節 過疎集落の変貌:上津江村K集落の場合
    • 第6節 おわりに
  • 第Ⅱ部 山間過疎地域における生活環境の実態とITによる地域生活機能の支援
  • 第4章 島根県過疎集落における地域生活機能
    • 第1節 過疎地域における生活機能に関する分析視点
    • 第2節 島根県の過疎地域
    • 第3節 調査の目的と方法
    • 第4節 回答者の属性と職業
    • 第5節 生活機能・生活環境の評価と生活圏
    • 第6節 過疎集落における生活機能研究の課題
  • 第5章 地域生活機能とITによる支援
    • 第1節 はじめに
    • 第2節 ITと地域生活
    • 第3節 地域へのITネットワーク技術の応用(大規模事例)
    • 第4節 地域調査結果
    • 第5節 結論
  • 第Ⅲ部 ソーシャル・キャピタルとコミュニティの生活環境・地域生活機能
  • 第6章 ソーシャル・キャピタルと農山村地域の生活環境
    • 第1節 ソーシャル・キャピタルとは何か
    • 第2節 ソーシャル・キャピタル研究の問題点
    • 第3節 ソーシャル・キャピタルと農村社会研究
    • 第4節 ソーシャル・キャピタル研究におけるミクロ−マクロ問題
    • 第5節 人口減少地域の集落における生活維持活動とソーシャル・キャピタル
  • 第7章 ダム建設による水没集落の再編成
    • 第1節 はじめに
    • 第2節 エージェントと社会的紐帯
    • 第3節 尾原ダムの概要と地元の動き
    • 第4節 槻之屋集落における取り組みの概要
    • 第5節 槻之屋集落における取り組みの意義と社会的紐帯,ソーシャル・キャピタル
  • 第8章 同郷団体による都市農村交流コミュニティの形成
    • 第1節 はじめに
    • 第2節 NPO法人「ふるさと力」の成立経緯と住宅地建設活動の概要
    • 第3節 「ふるさと力」と「三好タウン愉流里」の活動・機能の意義
    • 第4節 おわりに
  • 第9章 千里ニュータウンにおける市民活動とソーシャル・キャピタル
    • 第1節 はじめに:本章のねらい
    • 第2節 千里ニュータウンの歴史と概要
    • 第3節 高齢化と住居・建造環境の老朽化
    • 第4節 その他の機能およびアメニティの衰退
    • 第5節 千里ニュータウンの中のコンフリクト
    • 第6節 千里ニュータウンの中のソーシャル・キャピタルと市民の力
    • 第7節 タウン・リニューアルおよび都市の社会的スプロール
    • 第8節 結語:再実験都市としての千里ニュータウン
  • 第10章 結論:山間地域とソーシャル・キャピタルの事例から学ぶこと
    • 第1節 本書の論点の整理
    • 第2節 今後の課題と展望