サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

放射線利用

放射線利用 (原子力教科書)

  • 工藤 久明(編著)
  • 1章 放射線の種類と線源
    • 1−1 放射線とは
    • 1−2 放射線の化学効果
    • 1−3 放射線の化学作用研究の歴史
    • 1−4 放射線の種類と線源
    • 演習問題
    • 参考文献
  • 2章 放射線と物質との相互作用
    • 2−1 γ線とX線
    • 2−2 電子および荷電粒子
    • 2−3 中性子
    • 演習問題
    • 参考文献
  • 3章 線量測定
    • 3−1 放射線の量をどう測るか:線量測定
    • 3−2 3つの線量
    • 3−3 W値とイオン化ポテンシャル
    • 3−4 線量測定・評価法
    • 3−5 化学線量計
    • 演習問題
    • 参考文献
  • 4章 ラジカルとESR
    • 4−1 フリーラジカル(遊離基)
    • 4−2 ラジカルの生成法
    • 4−3 ラジカルの性質とその反応
    • 4−4 電子スピン共鳴(Electron Spin Resonance:ESR)
    • 演習問題
  • 5章 パルスラジオリシス法
    • 5−1 パルスラジオリシス法・パルス放射線分解
    • 5−2 ランバート・ベール則
    • 5−3 化学反応の素過程と反応速度
    • 演習問題
  • 6章 水溶液の放射線化学
    • 6−1 水溶液の放射線化学の歴史と描像
    • 6−2 水の放射線分解
    • 6−3 e−aq(水和電子),水素原子,・OHラジカルの反応性
    • 6−4 水分解のpH依存性
    • 6−5 水分解のLET依存性
    • 6−6 水分解生成物G値の関係:物質収支
    • 6−7 水溶液中の放射線反応の例
    • 6−8 間接効果と直接効果
    • 6−9 水溶液放射線分解の利用:放射線照射による水の浄化
    • 演習問題
    • 参考文献
  • 7章 原子力工学と放射線効果
    • 7−1 原子炉冷却水の水化学
    • 7−2 使用済核燃料再処理における放射線効果
    • 7−3 ワンス・スルー,再処理と高レベル廃棄物の処理・処分
    • 演習問題
    • 参考文献
  • 8章 高分子の放射線加工とその応用
    • 8−1 高分子と加工技術
    • 8−2 グラフト重合
    • 8−3 橋かけ
    • 8−4 分解とその応用
    • 演習問題
  • 9章 半導体等の放射線耐性
    • 9−1 放射線環境と半導体素子
    • 9−2 累積線量効果
    • 9−3 はじき出し損傷効果
    • 9−4 シングルイベント効果
    • 演習問題
    • 参考文献
  • 10章 放射線の環境浄化への応用
    • 10−1 環境浄化技術
    • 10−2 放射線による物理化学反応
    • 10−3 排煙・排ガス中の有機系汚染物質の放射線分解
    • 10−4 排水中の有機系汚染物質の放射線分解
    • 演習問題
    • 参考文献
  • 11章 無機材料創製
    • 11−1 セラミックスと炭化ケイ素
    • 11−2 SiCマイクロチューブの作製法
    • 11−3 炭化ケイ素セラミックスとマイクロチューブの展望
    • 演習問題
  • 12章 イオンビームを用いた材料分析
    • 12−1 ラザフォード後方散乱分光法の原理
    • 12−2 反跳粒子検出法
    • 12−3 共鳴核反応法
    • 演習問題
    • 参考文献
  • 13章 イオンビームによる植物の突然変異誘発
    • 13−1 放射線による植物の突然変異
    • 13−2 イオンビームのエネルギー付与の特徴と照射方法
    • 13−3 イオンビームの生物効果
    • 13−4 イオンビーム誘発突然変異の特徴
    • 13−5 イオンビームを用いて作出された新規突然変異体および新品種
    • 13−6 突然変異だけでは説明できない現象
    • 13−7 イオンビーム育種のこれまでとこれから
    • 演習問題
    • 参考文献
  • 14章 重イオンマイクロビームを用いた細胞局部照射実験
    • 14−1 重イオンの生物照射効果
    • 14−2 マイクロビーム細胞局部照射実験の歴史
    • 14−3 粒子線マイクロビームによる単一細胞照射の実現
    • 14−4 世界の重イオンマイクロビーム細胞照射装置
    • 14−5 重イオンマイクロビームの生物学への応用
    • 14−6 マイクロビーム利用研究の将来
    • 演習問題
    • 参考文献
  • 15章 食品照射:放射線による食品や農作物の殺菌・殺虫・芽止め技術
    • 15−1 食品照射とは
    • 15−2 食品照射の原理
    • 15−3 食品照射の目的と実用化例
    • 15−4 食品照射のメリットとデメリット
    • 15−5 照射食品のリスクと安全性
    • 15−6 照射食品の検知法
    • 15−7 国内外での最近の状況
    • 15−8 食品照射の社会的認知の展望あるいは希望
    • 演習問題
    • 参考文献
  • 16章 放射線を利用した植物の診断
    • 16−1 ポジトロンイメージング技術を用いた植物研究
    • 16−2 植物ポジトロンイメージング技術
    • 16−3 植物ポジトロンイメージング技術の植物研究への応用
    • 16−4 植物ポジトロンイメージングの可能性
    • 演習問題
    • 参考文献
  • 17章 医療における放射線利用
    • 17−1 医療における放射線利用の歴史
    • 17−2 わが国の医療における放射線利用の現状
    • 17−3 放射線を利用した診断
    • 17−4 放射線による治療
    • 17−5 医療分野におけるその他の放射線利用
    • 17−6 放射線利用の新たなチャレンジ−放射線から量子ビームへ−
    • 演習問題
    • 参考文献