サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

中世天照大神信仰の研究

中世天照大神信仰の研究

  • 伊藤 聡(著)
  • 緒言
    • 一 研究史
    • 二 本書の意図と構成
  • 第一部 天照大神と大日如来の習合
  • 第一章 天照大神・大日如来同体説の形成
    • はじめに
    • 一 天照大神・大日如来同体説の発生
    • 二 橘諸兄参宮譚の成立
    • 三 行基参宮譚とその周辺
    • 四 曼荼羅としての伊勢神宮
    • おわりに
  • 第二章 大日本国説
    • はじめに
    • 一 大日印文
    • 二 独鈷形としての日本
    • 三 独鈷・三鈷・五鈷説と曼荼羅説
    • おわりに
  • 第三章 第六天魔王譚の成立
    • はじめに
    • 一 第六天魔王譚の問題点
    • 二 国譲り神話としての第六天魔王譚
    • 三 伊舎那天の領国としての日本
    • 四 第六天魔王としての伊舎那天
    • おわりに
  • 第四章 第六天魔王譚と荒神信仰
    • はじめに
    • 一 真福寺蔵『三種神祇并神道秘密』の第六天魔王譚
    • 二 荒神としての第六天魔王
    • 三 荒神の性格
    • 四 荒神・聖天・第六天魔王
    • おわりに
  • 付論 鎌倉期両部神道書における梵天王説
    • はじめに
    • 一 『大和葛城宝山記』に見える梵天王説
    • 二 外宮=尸棄大梵天王・内宮=光明大梵天王説
    • 三 「尸棄」の語義
    • おわりに
  • 第二部 変容する天照大神
  • 第一章 天照大神・十一面観音同体説の形成
    • はじめに
    • 一 天照大神・観音同体説の発生
    • 二 観音=日天子説について
    • 三 伊勢・長谷同体信仰の進展
    • 四 伊勢神宮における天照大神・十一面観音同体説の登場
    • 五 宝誌和尚をめぐる諸問題
    • 六 神道切紙に見える同体説の諸相
    • おわりに
  • 第二章 二間観音と天照大神
    • はじめに
    • 一 二間観音と内侍所の習合
    • 二 慈円の如意輪本尊説
    • 三 隆聖について
    • 四 理性院流との関係
    • おわりに
  • 第三章 天照大神・空海同体説
    • はじめに
    • 一 天照大神・空海同体説の成立
    • 二 『太神宮本地』について
    • 三 空海高宮入定説について
    • おわりに
  • 第四章 外宮高倉山浄土考
    • はじめに
    • 一 『高庫蔵等秘抄』
    • 二 天岩戸・高天原としての高倉山
    • 三 高宮坂下の霊鏡と空海入定説
    • 四 神宮の烏
    • 五 兜率浄土としての高倉山
    • おわりに
  • 付論 称名寺の中世神道聖教
    • はじめに
    • 一 称名寺伝来の伊勢神宮関係の伝書
    • 二 素睿書写の折本類の検討
    • 三 『天照大神儀軌』派生のテキスト群
    • 四 伊勢神宮と室生山
    • おわりに
  • 第三部 天照大神信仰の秘説展開
  • 第一章 中世密教における神道相承
    • はじめに
    • 一 灌頂の書としての『麗気記』
    • 二 儀海から宥恵への麗気灌頂伝授
    • 三 宏瑜・頼位と麗気相承
    • 四 麗気灌頂の由緒と血脈
    • おわりに
  • 第二章 伊勢灌頂の世界
    • はじめに
    • 一 伊勢灌頂の内容
    • 二 蛇身としての神
    • 三 伊勢御神躰事
    • おわりに
  • 第三章 田夫愛染法
    • はじめに
    • 一 田夫愛染法の成立
    • 二 本尊図と「田夫法口決」
    • 三 「口決」の成立
    • おわりに
  • 第四部 天照大神信仰と中世文芸
  • 第一章 梵漢和語同一観の成立基盤
    • はじめに
    • 一 梵字・漢字同祖説
    • 二 明覚の相通説
    • 三 梵漢和語同一説の成立
    • おわりに
  • 第二章 伊勢二字をめぐって
    • はじめに
    • 一 古今注・伊勢注における伊勢二字説
    • 二 伊勢二字説と密教との関係
    • 三 中世神道説と伊勢二字説
    • おわりに
  • 第三章 「ちはやぶる」をめぐって
    • はじめに
    • 一 「ちはやぶる」の語義
    • 二 『伊勢物語髄脳』の所説
    • 三 心・神同体と和光同塵
    • 四 胎児の出生と中世日本紀
    • 五 『伊勢物語髄脳』の享受
    • おわりに
  • 第四章 或る呪歌の変遷
    • はじめに
    • 一 中世の両部神道印信における呪歌
    • 二 両部真言歌の初見
    • 三 伊勢神道書に見える両部真言歌
    • 四 両部真言歌の展開
    • おわりに
  • 第五部 天照大神信仰と僧徒
  • 第一章 文治二年東大寺衆徒伊勢参宮と尊勝院主弁暁
    • はじめに
    • 一 『大神宮大般若供養』について
    • 二 東大寺衆徒の伊勢参宮の経緯
    • 三 伊勢参宮前後における弁暁の足跡
    • 四 『大神宮大般若供養』と『東大寺衆徒参詣伊勢大神宮記』の関係
    • おわりに
  • 第二章 重源と宝珠
    • はじめに
    • 一 重源の伊勢参宮における宝珠感得譚
    • 二 重源の舎利信仰
    • 三 能作性宝珠について
    • 四 能作性宝珠の大仏納入
    • おわりに
  • 第三章 無住と中世神道説
    • はじめに
    • 一 中世神道説との関係
    • 二 南都と伊勢神宮
    • 三 内宮祠官と南都
    • 四 「或社官」について
    • おわりに
  • 第四章 伊勢神宮における西大寺流の動向
    • はじめに
    • 一 叡尊の天照大神信仰
    • 二 叡尊と内宮祠官との関係
    • 三 弘正寺の建立
    • 四 西大寺三世長老宣瑜
    • 五 円明寺覚乗の事蹟
    • 六 三輪流神道と覚乗
    • 七 『天照太神口決』と覚乗
    • 八 伊勢本系『日諱貴本紀』と円果
    • 九 道果・慶盛・恵観
    • おわりに
  • 総結