サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 起章 思想形成の諸段階
    • §1 昌益の思想形成の諸段階と諸背景
    • §2 早期:「自然」「真気」「通横逆」の原型概念が成立
    • §3 初期:「転定直耕」と「自然世・私法世」
    • §4 中期:「法世」批判の深化と「耕知」「正人」の主体観
    • §5 晩期:「活真互性」と「邑政」論の成立
    • 小括 根源志向と民衆視点が昌益思想発展の原動力
  • 第Ⅰ章 転体循環と央宮論
    • §1.1 昌益転体論の六大源泉
    • §1.2 位階秩序の否定と人体的天体観
    • §1.3 有界転定論と転外転定論
    • §1.4 転体の分類区分と四行循環
    • §1.5 天球の方位区分と転体・転気
    • 小括 回生転体論の成立
  • 第Ⅱ章 転定循環と央土論
    • §2.1 転気と定気の相互運動
    • §2.2 央土の陸域性と土壌性と十全性
    • §2.3 気水循環と地理循環
    • §2.4 央土と金石塩灰(鉱物論)
    • §2.5 央土と炉土と胃土
    • 小括 転定の和合と循環
  • 第Ⅲ章 生態循環と生物論
    • §3.1 運気論の分類法
    • §3.2 穂鞘十穀(穀物論)
    • §3.3 果菜草木(植物論)
    • §3.4 人余六畜(家畜論)
    • §3.5 鳥獣虫魚(動物論)
    • §3.6 四堺生物(堺物論)
    • 小括 通横逆論の合理性と限界
  • 第Ⅳ章 人為循環と耕道論
    • §4.1 循環継承論
    • §4.2 人為環境論
    • §4.3 農工循環論
    • §4.4 食生文化論
    • §4.5 倫理規範論
    • 小括 人為環と直耕道の確立
  • 第Ⅴ章 人体循環と真医論
    • 要旨
    • §5.1 人体循環系
    • §5.2 人体構成論
    • §5.3 人体外相論
    • §5.4 情神声音論
    • §5.5 真医門編制
    • 小括 真方医学の特徴と成果
  • 第Ⅵ章 声韻循環と言語論
    • §6.1 三十六韻・自然音韻論(早期)
    • §6.2 五十韻・直耕音韻論(初期・中期)
    • §6.3 四十四韻・活真音韻論(晩期)
    • §6.4 肉声言語論
    • §6.5 文字再編論
    • 小括 自然音韻論の一貫性と韻数変遷
  • 第Ⅶ章 直耕史観と正世論
    • §7.1 仁政思想下での民真観の胚胎(早期)
    • §7.2 直耕者と横領者の対立認識へ(初期)
    • §7.3 「耕知・正人」主体観の確立(中期)
    • §7.4 「活真世に契ふ」過渡社会論(晩期)
    • §7.5 復初回帰史観から巨視的発展史観へ
    • 小括 治乱の悪循環を根絶、万人直耕の世へ
  • 結章 理論原理と統道観
    • §1 思想根幹の原理集約
    • §2 第一原理(Ⅰ)=自然活真
    • §3 第一原理(Ⅱ)=互性妙道
    • §4 第二原理(Ⅰ)=転人一和
    • §5 第二原理(Ⅱ)=転定直耕
    • §6 第三原理(Ⅰ)=耕知正韻
    • §7 第三原理(Ⅱ)=生活世界
    • 小括 自然真営道は単一性の根源的学問環である
  • 付論 行基と親鸞と昌益
    • (1)日本弁証法思想史の遡上
    • (2)行基の社会活動における対立観と和合観
    • (3)親鸞の矛盾観
    • (4)安藤昌益の矛盾観
    • (5)500年の巨視的結節性