サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

目次

  • 序章 戦時期朝鮮を読み直す
    • 1 「転向」
    • 2 植民地帝国と「転向」
    • 3 植民地朝鮮の戦時期をみる諸視角
    • 4 本書の課題と構成
  • 第一章 日中戦争期(一九三七〜一九四一)における朝鮮社会主義者の転向とその論理
    • 1 歴史としての転向
    • 2 転向の推移と日中戦争の影響
    • 3 日中戦争期における社会主義者の転向の論理
    • 4 解放後の転向
  • 第二章 一九三〇年代における植民地朝鮮人の思想的模索
    • 1 「独立有功者」の「転向」
    • 2 新植民地主義批判としての「非植民地化」論
    • 3 朝鮮研究
    • 4 「転向」
    • 5 「協和的内鮮一体論」
    • 6 朝鮮「特殊(経済)単位」論
    • 7 封印された「転向の政治」
  • 第三章 転向から考える植民地・近代・アジア
    • 1 「植民地=アジア」というジレンマ
    • 2 一九三〇年代半ばにおける朝鮮論
    • 3 日中戦争と転向
    • 4 解放前後における連続と断絶
    • 5 転向
  • 第四章 解放前後における統制経済論の展開
    • 1 帝国大学から北朝鮮へ
    • 2 一九三〇年代半ばにおけるマルクス主義経済学の展開
    • 3 戦時期の統制経済論
    • 4 解放と民族経済建設論
    • 5 帝国から国民国家へ
  • 終章 植民地期・解放後における主体形成の企て
    • 1 転向、隠蔽されてきた不純な主体
    • 2 一九三〇年代半ば
    • 3 戦時期
    • 4 解放後
    • 5 最終審級としての自主と従属