サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 第1章 序論
    • 1.1 研究の背景
    • 1.2 研究の目的と意義
    • 1.3 本書の構成
  • 第2章 日本語と英語の音節構造
    • 2.1 日本語と英語の音声体系
    • 2.2 日本語・英語の単語認識
    • 2.3 日本語の語構造
    • 2.4 英語の語構造
    • 2.5 日本語と英語の音節構造の共通点と相違点
  • 第3章 音声知覚単位
    • 3.1 音素・音節・モーラ・リズム
    • 3.2 音節の重要性
    • 3.3 音声を分節する規則
    • 3.4 規則が相反する時の優先順位
    • 3.5 音結合制約の優位性
    • 3.6 幼児の規則の適用
  • 第4章 音声分節の習得
    • 4.1 英語母語話者の音声習得
    • 4.2 音節構造の習得
    • 4.3 日本語母語話者の音声習得
    • 4.4 英語学習者の音節習得
    • 4.5 なぜ日本人は英語の音節知覚が困難か
    • 4.6 英語学習者の個人要因
  • 第5章 音声知覚モデル
    • 5.1 ボトムアップとトップダウン
    • 5.2 音節単位単語知覚モデル
  • 第6章 インプット量
    • 6.1 実験参加者の英語能力測定
    • 6.2 インプット量測定の目的
    • 6.3 インプットの種類と量
    • 6.4 テキストに付属のCD音声分析
    • 6.5 分析方法
    • 6.6 ターゲット単語(CVCVC)
    • 6.7 日本人英語学習者の英語経験量
  • 第7章 英語分節法に関するオンライン・オフライン実験
    • 7.1 オンライン・オフライン実験の枠組み
    • 7.2 実験1オンライン実験
    • 7.3 実験2オフライン実験
    • 7.4 実験1・2のまとめ
    • 7.5 弛緩母音は後続の子音を引きつけるか
    • 7.6 実験1と実験2の相違
  • 第8章 英語分節法に関するオンライン・オフライン実験
    • 8.1 オンライン(実験3)・オフライン(実験4)の目的
    • 8.2 リサーチクエスチョン
    • 8.3 実験参加者
    • 8.4 実験単語(CVCCVC)
    • 8.5 実験3オンライン実験
    • 8.6 実験4オフライン実験
    • 8.7 実験3・4のまとめ
  • 第9章 結論と今後の課題
    • 9.1 全実験のまとめ
    • 9.2 実験結果からの音節分節知覚モデル
    • 9.3 音節はチャンクかテンプレートか
    • 9.4 音節学習の必要性
    • 9.5 今後の課題