サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

マクマリー一般化学 下

マクマリー一般化学 下

  • JOHN McMURRY(著)/ ROBERT C.FAY(著)/ 荻野 博(訳)/ 山本 学(訳)/ 大野 公一(訳)
  • 13.化学平衡
    • 13・1 平衡状態
    • 13・2 平衡定数Kc
    • 13・3 平衡定数Kp
    • 13・4 不均一平衡
    • 13・5 平衡定数の応用
    • 13・6 平衡混合物の組成の変化とルシャトリエの原理
    • 13・7 濃度変化と平衡混合物の変化
    • 13・8 圧力および体積の変化と平衡混合物の変化
    • 13・9 温度変化と平衡混合物の変化
    • 13・10 平衡への触媒の影響
    • 13・11 化学平衡と化学反応速度論のつながり
    • Interlude 呼吸と酸素の輸送
  • 14.水溶液内平衡 酸と塩基
    • 14・1 酸−塩基の概念:ブレンステッド・ローリーの理論
    • 14・2 酸の強さと塩基の強さ
    • 14・3 水和プロトンとオキソニウムイオン
    • 14・4 水の解離
    • 14・5 pH(水素イオン指数)
    • 14・6 pH測定
    • 14・7 強酸および強塩基溶液のpH
    • 14・8 弱酸の溶液中の平衡
    • 14・9 弱酸の溶液中の平衡濃度の計算
    • 14・10 弱酸の溶液中の解離パーセント
    • 14・11 多塩基酸
    • 14・12 弱塩基の溶液中の平衡
    • 14・13 KaとKbの関係
    • 14・14 塩の酸−塩基としての性質
    • 14・15 酸の強さに影響する因子
    • 14・16 ルイスの酸と塩基
    • Interlude 酸性雨
  • 15.溶液の平衡とその応用
    • 15・1 中和反応
    • 15・2 共通イオン効果
    • 15・3 緩衝液
    • 15・4 ヘンダーソン・ハッセルバルヒ式
    • 15・5 滴定曲線
    • 15・6 強酸と強塩基の滴定
    • 15・7 弱酸と強塩基の滴定
    • 15・8 弱塩基と強酸の滴定
    • 15・9 多塩基酸と強塩基の滴定
    • 15・10 溶解平衡
    • 15・11 Kspの測定とKspの計算
    • 15・12 溶解度に影響する因子
    • 15・13 イオン化合物の沈殿
    • 15・14 選択的沈殿によるイオンの分離
    • 15・15 定性分析
    • Interlude 電気泳動によるタンパク質の分析
  • 16.熱力学 エントロピー,自由エネルギーおよび平衡
    • 16・1 自発過程
    • 16・2 エンタルピー,エントロピーおよび自発過程の概要:まとめ
    • 16・3 エントロピーと確率
    • 16・4 エントロピーと温度
    • 16・5 標準モルエントロピーと反応の標準エントロピー
    • 16・6 エントロピーと熱力学第二法則
    • 16・7 自由エネルギー
    • 16・8 反応の標準自由エネルギー変化
    • 16・9 標準生成自由エネルギー
    • 16・10 肉類エネルギー変化と反応混合物の組成
    • 16・11 自由エネルギーと化学平衡
    • Interlude エントロピーと乱雑さ
  • 17.電気化学
    • 17・1 ガルバニ電池
    • 17・2 ガルバニ電池の簡略表記法
    • 17・3 電池の電位と電池反応に対する自由エネルギー変化
    • 17・4 標準還元電位
    • 17・5 標準還元電位の使い方
    • 17・6 電池の電位と反応混合物の組成:ネルンストの式
    • 17・7 pHの電気化学的決定
    • 17・8 電池の標準電位と平衡定数
    • 17・9 電池
    • 17・10 燃料電池
    • 17・11 腐食
    • 17・12 電気分解と電解槽
    • 17・13 電気分解の商業的な応用
    • 17・14 電気分解の量的関係
    • Interlude 電気化学のアート
  • 18.水素,酸素および水
    • 18・1 水素
    • 18・2 水素の同位体
    • 18・3 水素の製造と用途
    • 18・4 水素の反応性
    • 18・5 二元水素化物
    • 18・6 酸素
    • 18・7 酸素の製造と用途
    • 18・8 酸素の反応性
    • 18・9 酸化物
    • 18・10 過酸化物および超酸化物
    • 18・11 過酸化水素
    • 18・12 オゾン
    • 18・13 水
    • 18・14 水の反応性
    • 18・15 水和物
    • Interlude 水素エコノミー
  • 19.主要族元素
    • 19・1 一般的な性質と周期的な傾向の概観
    • 19・2 第2周期元素に特徴的な性質
    • 19・3 13族元素
    • 19・4 ホウ素
    • 19・5 アルミニウム
    • 19・6 14族元素
    • 19・7 炭素
    • 19・8 ケイ素
    • 19・9 ゲルマニウム、スズおよび鉛
    • 19・10 15族元素
    • 19・11 窒素
    • 19・12 リン
    • 19・13 16族元素
    • 19・14 硫黄
    • 19・15 ハロゲン:オキソ酸とオキソ酸塩
    • Interlude コピー機
  • 20.遷移元素と配位化学
    • 20・1 電子配置
    • 20・2 遷移元素の性質
    • 20・3 遷移元素の酸化数
    • 20・4 代表的な遷移元素の化学
    • 20・5 配位化合物
    • 20・6 配位子
    • 20・7 配位化合物の命名法
    • 20・8 異性体
    • 20・9 鏡像異性体と分子の掌性
    • 20・10 遷移金属錯体の色
    • 20・11 錯体内の結合:原子価結合理論
    • 20・12 結晶場理論
    • Interlude チタン:ハイテク金属
  • 21.金属と固体材料
    • 21・1 金属元素の資源
    • 21・2 冶金
    • 21・3 鉄と鋼
    • 21・4 金属内の結合
    • 21・5 半導体
    • 21・6 半導体の応用
    • 21・7 超伝導体
    • 21・8 セラミックス
    • 21・9 複合材科
    • Interlude ナノテクノロジー
  • 22.有機化学
    • 22・1 有機分子の性質
    • 22・2 アルカンとその異性体
    • 22・3 有機分子の構造式の描き方
    • 22・4 有機分子の形
    • 22・5 アルカンの命名法
    • 22・6 シクロアルカン
    • 22・7 アルカンの反応
    • 22・8 有機分子の分類:官能基
    • 22・9 アルケンとアルキン
    • 22・10 アルケンとアルキンの反応
    • 22・11 芳香族化合物とその反応
    • 22・12 アルコール,エーテル,アミン
    • 22・13 アルデヒドとケトン
    • 22・14 カルボン酸,エステル,アミド
    • 22・15 合成高分子
    • Interlude 天然か人工か
  • 付録
    • A.数学的操作
    • B.熱力学的性質(25℃)
    • C.平衡定数(25℃)
    • D.標準還元電位(25℃)
    • E.水の性質

化学 ランキング

化学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む