サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

近代世相全史 復刻 1

近代世相全史 復刻 1

  • 梅原 北明(編纂)
  • 慶應四年(明治元年)
    • 幕府瓦解當時に於ける江戸京都の兩都市中の落書に現はれた珍現象(月日不詳)
    • 錦籏勅令丸(日日不詳)
    • 江戸の水(月日不詳)
    • コロリの秘藥(二月廿四日)
    • 神佛混合嚴禁(三月十日)
    • 日字型のらしやめん注文(四月六日)
    • 新撰組の近藤勇梟首に處せらる(四月七日)
    • 軍資盡きて新政府金穀募集の布告を發す(五月)
    • 英語教授科三分也(五月七日)
    • 私刑流行時代(五月)
    • 明治元年の新聞紙(月日不詳)
    • 興行の場所へ帶刀と無料入揚の嚴禁其他(十一月)
    • 産婆の堕胎禁止(十二月廿四日)
  • 明治二年
    • 猥褻もの賣買嚴禁(二月廿二日)
    • 外國武器の優秀論(二月末日)
    • 侍に痛いお灸(三月十二日)
    • 華族の稱號(六月)
    • 創業當時の電信機(八月九日)
    • 蒲生高山の後裔祿さる(十二月十五日)
  • 明治三年
    • 小供賣買の嚴禁(八月十三日)
    • 中學校の開設(九月)
    • 脱籍無産者の復籍(九月四日)
    • 熱田桑名間及び佐屋四日市間の渡船賃錢(九月四日)
    • 藩制諸説の改設(九月十日)
    • 墨刑の廢止(十月九日)
    • 徴兵令(十一月十三日)
    • 百姓町人の士列に類する服装嚴禁(十一月十四日)
  • 明治四年
    • 郵便事業の創設(一月廿四日)
    • 紀州西郷村の仇討(三月廿七日)
    • 平民に乘馬許可(四月七日)
    • 百姓兄弟の仇討(四月廿七日)
    • 過度期の風俗(五月)
    • 今山吹(五月)
    • 死體漂流の珍談(五月廿五日)
    • 洋服屋の開店(五月廿八日)
    • 種痘醫の設置(五月廿九日)
    • 富士川天龍川の渡船賃金表(七月二日)
    • 横田酒匂兩川渡船賃金(九月廿三日)
    • 渡船帶刀無賃嚴禁(九月廿七日)
    • 死體解剖の布告(十月十日)
    • 盲人官職失權(十一月三日)
    • 三井組の金劵發行(十一月廿三日)
    • 武家にも地租徴收(十二月廿七日)
    • 裸體の禁止(十二月廿九日)
    • 吉原妓樓の歐化(十二月)
    • 補元丹の廣告(十二月)
    • 菊五郎のモダン振り(十二月)
  • 明治五年
    • 妓樓の歐風化を皮肉る(正月)
    • 肉筆新聞(月日不詳)
    • 獄死が裟婆で再生(正月)
    • 支那服の半玉(正月)
    • 流行ランプの使用注意(正月)
    • 英人の戯れ(二月)
    • 淫奔劇の嚴禁(二月廿二日)
    • 藥鑵千兩(二月廿六日)
    • おせんの表彰(二月三十日)
    • 廓内へ車馬駕籠止座席へ脇差禁止(三月三日)
    • 差入の許可(二月)
    • 女人禁制の解禁(二月)
    • 淺草觀音の山門を貸す(三月)
    • 男女混浴猥褻物張形文身の禁止(三月廿八日)
    • モダン五十五年前の事(四月)
    • 淺草奥山の猩(四月十日)
    • 弦妓の發憤(四月廿六日)
    • 僧侶の肉食妻帶の解禁(四月廿五日)
    • 妓樓事情(六月七日)
    • 二枚齒の生兒(六月)
    • 佐賀の略奪結婚禁止(六月)
    • 神戸居留地の瓦斯會社創立(六月八日)
    • 華士族平民の身代限(六月十四日)
    • 姦婦殺しの判決(六月廿日)
    • 兩國橋の乘車許可(六月)
    • 神降しの邪術(六月)
    • 元旦も郵便休暇(七月八日)
    • 香具師の名稱廢止(七月八日)
    • 鐵道の時間及賃金表(七月十二日)
    • 求人廣告の最初(七月十四日)
    • 軍談師の人格改良建白(七月)
    • 兎市場禁止(九月五日)
    • 男藝者の禁止(九月六日)
    • 加持祈禱の禁止(九月)
    • 遊女解放令(十月二日)
    • 新橋横濱間鐵道開業式(八月廿五日)
    • 解放令布告の結果(三月)
    • 神宅の崇りで杖刑(十月)
    • 風俗に關する布告(十月)
    • 切手代用の百文(十月)
    • ラシヤメン兄弟(十月)
    • 觀昔狂の捕縛(十一月三日)
    • 改暦の喜悲劇(十一月廿七日)
  • 明治六年
    • 太陽暦の始(一月一日)
    • 仇討禁止令(二月七日)
    • 寄拔な誓文奉納(二月廿五日)
    • 押賣嫁の續出(三月六日)
    • 外國人との婚姻許可(三月十八日)
    • 汽車の窓から小便(三月)
    • 奇女出産(四月)
    • 奇怪な迷信犯罪(四月九日)
    • 通夜の參籠者實は男女の待合所(五月六日)
    • 藝妓のストライキ(五月廿三日)
    • 大食漢の絶命理由(五月廿三日)
    • 化石佛の話(七月八日)
    • 發作的自殺(七月十四日)
    • 啞の判決は片假名也(八月廿七日)
    • 神佛利用の惡婆の話(九月九日)
    • 天狗の難で呪文を免れる(九月廿八日)
    • 皇子御葬式の當日狐狸大鼓三弦にてさわぐ(九月廿八日)
    • 無敵の魁(十一月十二日)
    • 老夫婦の遺言、同穴に埋葬(十一月廿九日)
    • 盜難品届で寺僧の失敗(十一月廿四日)
    • 遊廓五ケ所其他(十二月廿六日)
    • 讀賣新聞題號會議(十二月)
    • ストーブの廣告(九月十三日)
  • 明治七年
    • 新聞發達の珍談(一月十五日)
    • 珍妙女子の袴は國辱也(一月十五日)
    • 狐にとつ憑かる(一月廿五日)
    • 日本の輕業歐洲で大成功(一月廿八日)
    • 吉原暗黒世界と化す(二月十八日)
    • 帶刀を禁ず(三月廿八日)
    • 姦通と堕胎の裁判(三月廿七日)
    • 御眞影の賣買並に個人の所有も禁ず(四月十三日)
    • 吉原仲の町へ櫻を植へる(四月十五日)
    • 飛んだ殺害(四月十九日)
    • 開化期と變態人情(四月廿八日)
    • 便所の所在不明(四月廿八日)
    • 姦夫姦婦の裁判(六月十六日)
    • 一錢銅貨の奇譚(七月六日)
    • 淺草觀音の神木を伐り死亡(八月五日)
    • 徴兵を忌避して六歳の少女と縁組(十月廿六日)
    • 痴話喧嘩で徴役と罰金(十二月七日)
    • 直訴を企て贖罪金七十五錢(十二月十四日)
    • 色魔醫者裁判にて爭ふ(十二月七日)
    • 明治七年の創刊新聞(十一月二日)
  • 明治八年
    • 上下着用減ず(一月四日)
    • 汚血は肛門に非ず(一月五日)
    • 饅頭娘の大流行(一月六日)
    • 光學寺の和尚(一月八日)
    • 大晦日の居留守(一月十四日)
    • 兩國で生熊を捕ふ(一月十五日)
    • 散髪に小便代金拾錢也(一月十九日)
    • 弘法も筆の誤り(一月廿五日)
    • 森有禮の婚約誓文(二月六日)
    • 内臓全部を喰ひ盡したやもり(三月七日)
    • 諸藝を演ずる妙な不具者(三月十七日)
    • 密淫賣婦大學捕縛(三月廿九日)
    • 邏卒の名稱より巡査との改稱迄(四月一日)
    • 舞臺でかき口説く名主の妻女(四月十四日)
    • 官吏の營業禁止(四月廿四日)
    • 郵便箱に近寄不可(四月廿四日)
    • 三業會社設立事件(四月廿六日)
    • 男裝の女車夫(五月廿二日)
    • 奇談(五月廿二日)
    • 御眞影密賣罰金七十五錢(五月廿九日)
    • 雷電雲右衛門拘引さる(六月十六日)
    • 六十爺借金のかたに二歳の女兒を嫁る(七月九日)
    • 蜘蛛の話(七月十三日)
    • 貸座敷引手茶屋の諸規則(七月廿日)
    • 氏なくして玉の輿(七月廿一日)
    • 水行者泥的に見舞はる(七月廿四日)
    • 願掛け夫婦喧嘩不致候(八月十四日)
    • 泥的佛罰てき面(八月十八日)
    • 社説省略の頓智(八月)
    • 湯屋で着物忘れ主不明(九月四日)
    • 書生を荼化した料理店の女中(九月廿三日)
    • 婦女風呂の沸騰(九月廿三日)
    • 馬鹿化た公判(十月五日)
    • 神田伯山とモサの隊長(十一月十九日)
    • 男囚の性慾(十一月四日)
    • 一年以上の囚人に散髪(十一月六日)
    • 新聞小説の嚆矢(十一月)
    • 球撞嚴禁(十一月九日)
  • 明治九年
    • 煙草に課税(一月一日)
    • 無印紙煙草發禁(一月十四日)
    • 裟婆の寒さに監獄戀し(一月廿七日)
    • 桃井伯龍司の姦通事件(二月十九日)
    • 佛樣の火葬(三月廿八日)
    • 日曜を休暇に土曜半どんに(四月一日)
    • 斬罪力士の化粧褌と珠數(四月九日)
    • 譬へ難き臭煙(四月十八日)
    • 免職の辭令で鼻を拭き閨刑(五月三日)
    • 帶刀禁止以來(五月四日)
    • 錢湯人を殺さず(五月十一日)
    • 枕二ツに眼が一ツ(五月十八日)
    • 散髪命令を恐る(八月三日)
    • 春画の貸本屋(八月七日)
    • 半陰陽(八月七日)
    • 陛下へ學資救濟の自訴(八月八日)
    • 夫婦の愛情(八月八日)
    • 蟇に似た因果十七年椽下に育つ(八月廿七日)
    • 徴兵を嫌ひ一家三人心中(八月廿九日)
    • 罰金替りの草取奉公(九月五日)
    • 煎餅袋へ三行半(九月六日)
    • 姙婦と蛇の話(九月廿二日)
    • 飛んだ證文(十月二日)
    • 日蓮に一邊の騒ぎ(十月四日)
    • 温泉場の男女混浴許可(十月十一日)
    • 士族の珍願書(十月十二日)
    • 出雲大社千家會福樣と風呂湯の關係(十月十八日)
    • 高田東谷の無妻帶(十月廿三日)
    • 生前の死亡通知状(十月廿三日)
    • 飛んだ爺い(十月廿四日)
    • 片腕の賣物(十月廿五日)
    • 洗ひ乍ら藝妓の品定め(十一月十五日)
    • 定神佛利用の施藥嚴禁(十一月十八日)
    • 金の鯱を盜んだ男(十一月廿四日)
  • 明治十年
    • 糞士族(一月五日)
    • 雀合戰(一月十三日)
    • 銀箸眞鍮昔の法醫學(一月十三日)
    • 慶應義塾卒業者は徴兵免除(一月十三日)
    • 迷信の生む慘虐的犯罪(一月十七日)
    • 公選泥棒(一月廿二日)
    • 西郷南洲の私塾創設の由來(一月廿七日)
    • 盲目滅法界(二月二日)
    • 古狸の御禮(二月八日)
    • 兄妹心中(二月八日)
    • 家寶の由來(二月十日)
    • 結婚媒介所の始め(二月廿六日)
    • 子僧散髪して首となる(二月廿八日)
    • 阿房々々(三月十日)
    • 梟首の圖に説明入の落書(三月十六日)
    • 淺草顴音の賽錢箱差押へ(三月廿三日)
    • 廢業刀磨師盛返す(三月廿四日)
    • 隱賣取締令(四月六日)
    • 女房進呈の結果(四月十八日)
    • 發狂泥猫の崇り(四月廿六日)
    • 肥桶盜まる(五月二日)
    • 精液の黒燒(五月十九日)
    • 寢卷婚禮式(六月十八日)
    • 早まつた棺桶(七月四日)
    • 遊女、呪ひの藁人形(七月七日)
    • 變態道樂(七月廿三日)
    • 戀の洗ひで逃げを打つ(八月十四日)
    • 雷と臍の關係(八月十五日)
    • 不動會に縣廳の燒印(九月廿六日)
    • らしやめん痴態(十月十五日)
    • 人力車相乘爭論(十一月廿二日)
    • 身體自由承諾書に火急調印を迫る(十二月八日)
    • 芋製印形(月日不詳)
    • 支那盜人の一計(十一月廿八日)
  • 明治十一年
    • 鍋燒饂飩の話(一月八日)
    • 堕胎專門業(一月九日)
    • 小便喧嘩(一月十二日)
    • 十二のお母さん(一月十五日)
    • 老女の淫狂(一月十六日)
    • 赤穗城より泉岳寺へ寄附(一月十九日)
    • おツかアの知らぬ間に盜め(一月十九日)
    • 犬を取り喰ふ猫(一月廿日)
    • 裸體にして懲役三十日(一月廿六日)
    • 城山籠城の詩(二月四日)
    • 内務省警視廳間に電話架設(二月九日)
    • 變態性慾者(三月六日)
    • 燒糞坊主の生埋事件(三月十八日)
    • 散髪の鬘(三月廿四日)
    • 代理幽靈(三月廿六日)
    • 改姓聯盟(四月六日)
    • 一立齋文車とオシ泥(四月十日)
    • 女難の柳亭左樂(四月十一日)
    • 宜員さんは大泥坊(四月十四日)
    • 犬の糞にて敵を取る(四月廿六日)
    • 清水の次郎長の仲裁(四月廿八日)
    • 蜘蛛男(五月十七日)
    • 無精空言信士(七月十七日)
    • 牛頭天王と藥師如來(八月十五日)
    • 隻脚借用證文(八月廿四日)
    • 不老長生の秘法(十月三日)
    • 結婚媒介所の話(十一月一日)
    • 大久保利和君一杯食はさる(十一月十六日)
    • 忍術代二百五十兩欺取さる(十一月廿九日)
    • 懲役所を監獄署と改名(十一月廿八日)
  • 明治十二年
    • 姦婦を再婚の形式にして娶る(一月廿日)
    • 常識外の姦夫姦夫(一月廿五日)
    • 劒狂本職を驚かす(二月十日)
    • 珍聞漢人妾の入代り(四月廿六日)
    • 日本橋から二里の大田舎(五月二一日)
    • 強盜に施す三兩(六月五日)
    • あな怖しや神木の崇り(九月二日)
    • 罰金を値切る(六月十七日)
    • 懷姙が脹腹と判り離縁(六月十八日)
    • 珍談娼妓の身代限り(八月九日)
    • 大饅頭(八月十四日)
    • 變態催促(八月二七日)
    • コレラ劇症(九月一日)
    • 墨の貞操帶(十一月十七日)
    • 馬上安産(十一月廿日)
    • 新聞資料(十一月廿日)
  • 明治十三年
    • 女房代りの猫(一月十六日)
    • 人肉を喰ひて梅毒を癒せし話(一月二四日)
    • 目玉を押し込む(一月二九日)
    • 鷄卵を食つて村拂ひ(二月四日)
    • 飛んだ温泉寒中の井戸(二月十五日)
    • 娘と猫の話(二月十八日)
    • 變人の所作(二月二一日)
    • 狸公の屁(三月十七日)
    • 日本一の長壽者(三月二三日)
    • 木戸公の墓あばかる(三月二七日)
    • 人を踏み附にせし天狗共(四月六日)
    • 變態情死(四月二七日)
    • 義理々々結着の話(五月四日)
    • 留置所かチヨンの間か?(五月十二日)
    • 地獄の展覽會へ出品(五月十四日)
    • 發狂の原因(五月二七日)
    • 呑兵衛の惡食(七月八日)
    • 吝嗇奇譚(七月九日)
    • 貧乏神の迷ひ(七月十七日)
    • きりぎりすの喧嘩(八月十五日)
    • 蛇と離縁の關係(九月卅日)
    • 當選に狂喜し藝妓を呼びて免職(十月一日)
    • 沖繩交換奇譚(十一月七日)
    • 新門辰五郎訴へらる(十一月七日)
    • 散髪師より泥的が増し(十一月二七日)
    • 按摩松の樹を揉む(十二月二三日)
    • 娼妓の行列(十二月十一日)
    • 代言公告(十二月十六日)
  • 明治十四年
    • 巡査さんとは知らすに惚れた(二月二二日)
    • 義士遺物保存會(二月二二日)
    • 氣位が高くなり罰金取らる(三月十日)
    • 三十圓を巡る因果話(三月廿五日)
    • 佐夜の中山夜泣石(四月十九日)
    • 疑惑投身横戀慕捕縛(五月六日)
    • 變態廣告(五月廿日)
    • 珍無類な村民會議(六月八日)
    • 變態泥棒(六月十八日)
    • 變態か兩性か(四月廿日)
  • 明治十五年
    • 華族眞田幸民氏の珍訴訟(一月十一日)
    • クリスチヤンの斷状に村民息卷く(二月四日)
    • 大道講釋師の不敬事件(二月十七日)
    • 母親は遊蕩費の人質也(三月十日)
    • 飛んだ照會(四月八日)
    • 騙術會(五月二日)
    • 神罰テキ面騒動(六月廿一日)
    • 遺骨引取不承諾(七月七日)
    • 魔法の睾丸時計(七月十六日)
    • コレラ暴動(九月十五日)
    • 日本銀行の開業(十月十日)
    • 開化の珍、車會黨の組織(十二月八日)
    • 馬車鐵道會社の開業(十二月十日)
  • 明治十六年
    • 回春奇遇(一月八日)
    • 弘法樣の奇蹟(一月十六日)
    • 新聞へ投書した不敬文書(一月十六日)
    • 奇妙な離縁(一月二二日)
    • 巡査の新年宴會解散さる(一月二二日)
    • 結婚廣告に花咲く(二月八日)
    • 親爺の初夜權(二月十五日)
    • 浴場の政談演説珍事件(二月七日)
    • 少年少女の駈落(二月廿二日)
    • 惡人のモデルに使はれた士族(二月廿二日)
    • 猿の御禮(二月廿六日)
    • 變態廣告(三月一日)
    • 奇怪至極な回答書(三月九日)
    • 教員の不敬事件(三月廿八日)
    • お化けと證書の話(四月六日)
    • 俺は本統に死んだのさ(四月七日)
    • 騙術の種に赤兒使用(四月十六日)
    • 泥的奇人(五月二日)
    • 老僧法衣の怪(五月十四日)
    • 犯罪悔悟廣告(五月十五日)
    • 假聲の天才兒(五月廿三日)
    • 神童の家出(五月廿六日)
    • 養子入用の掲票(五月廿八日)
    • 謀略洩不可(六月二日)
    • 生けるミイラ(六月十六日)
    • 死亡差止候(七月十九日)
    • 燒仙人の擧動不審(七月卅一日)
    • 馬鹿な兄弟(八月十六日)
    • 無錢大盡奇譚(八月廿三日)
    • 七十婆樣の懷妊(九月十二日)
    • 禁断の立樹(十月廿日)
    • 泥水に身を沈む(十月廿日)
  • 明治十七年
    • 騙術犬の葬式(二月六日)
    • 姦通の保證人(三月一日)
    • 福の神への仇討(五月九日)
    • テキヤの先輩(四月廿二日)
    • 馬上の婚禮式(四月廿七日)
    • 墓碑へ郵便(五月十四日)
    • 一千九十五滴の話(六月十九日)
    • 遊廓統計表(八月十四日)
    • 三兒を生む(八月十九日)
    • 幽靈の建碑(十二月廿二日)
    • 熊小兒を嚙み殺し罰金拾圓取らる(十一月廿四日)
  • 明治十九年
    • 首無し子の由來(二月五日)
    • 西郷隆盛を諷する唄(二月十一日)
  • 明治二十年
    • 求婚廣告(一月十日)
    • 接吻奬勵(一月十一日)
    • 電燈の流行(二月七日)
    • 奇怪な訴訟(二月九日)
    • 不可解な届書(二月十七日)
    • 成島柳北と旗本の忰(三月廿五日)
    • 男女懷姙自在法(三月廿六日)
    • 茅野の鹿角(五月廿九日)
    • 管桶と借金話(七月廿五日)
    • 仇討腐り玉子(七月廿七日)
    • ハンカチーフの春畫(八月十一日)
    • 馬舌の牛蒡拔き(九月一一日)
    • 惡龜人の生血を吸ふ(十二月十四日)
    • 退去命令で尾崎行雄星亨氏以下三十六名東京より追放(十二月廿九日)